エクメア・バート Aechmea’Bert’(Ae.orlandiana × Ae.fosteriana) 育て方 図鑑 【Frontier Plants】

【Frontier Plants】エクメア・バート Aechmea’Bert’(Ae.orlandiana × Ae.fosteriana) 育て方 図鑑

 

エクメア・バート Aechmea’Bert’(Ae.orlandiana × Ae.fosteriana)
エクメア・バート Aechmea’Bert’(Ae.orlandiana × Ae.fosteriana)

 

 

エクメア・バートはエクメア・オーランディアナとエクメア・フォステリアナの交配種。両親よりも大きく成長する中型のエクメア。M.B.Foster氏によって作出された本種は作出者の息子のBert Fosterにちなんでつけられた。

葉は硬い硬葉系のタンクブロメリアであり。マットグリーンの葉に茶褐色の虎模様が入るのが特徴的で、鋸歯があり鋸歯の色も黒くとても美しい交配種

開花期には赤と黄色の密集した花序を出す。花序はあまり伸ばさず直立する。

栽培は容易で性質は丈夫で育てやすい。強光にも強く、基本的なタンクブロメリアの育て方で問題なく栽培できる。根が太く丈夫で樹木や岩などに着生すると非常に強健である。

 

タンクブロメリアの基本的な育て方はコチラ

葉のタイプ

硬葉系

鋸歯の有無

栽培難易度

容易

原産地

人工交配種  M.B.Foster氏 作出

花色

黄色

開花サイズの目安

約 25~35cm

日照

直射日光は30%ほど遮光する

半日陰

発色の色や模様について

マットグリーンの葉に茶褐色の虎模様が全体に入る。

水やりの目安

週に1~2度

タンクブロメリアの増え方

ランナー(ストロン)

育て方のポイント

根が非常に丈夫なため流木などに着生させて育てることもできる。

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

Leave a Reply

CAPTCHA