チランジア交配種 ストレプトフィラ×ノバキー Tillandsia streptophylla×novakii 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア交配種 ストレプトフィラ×ノバキー Tillandsia streptophylla×novakii 育て方 図鑑

写真 2016-08-02 15 35 21

チランジア交配種 ストレプトフィラ×ノバキーTillandsia streptophylla×novakii

ストレプトフィラとノバキーの交配種で開花期以外でも成長点付近に強く赤みのかかる非常に美しい大型になる巨大種

ストレプトフィラの壺型の形質を受け継ぎ、ノバキーの大型になる赤味を帯びた大きくシャープな葉を受け継いでおり、乾燥気味になると内側に葉がカールしてくる。

全体はトリコームに覆われてやや白っぽく、葉自体は柔らかめ

日照が不足すると葉がグリーンになってくるが、多種カピタータレッドカピタータドミゲンシスチアペンシスなどに比べると日照が不足していてもそれなりに赤みを保ってくれる。

すでにこのサイズで葉長は50cm程度ある

交配種は強健で育てやすいものが多く、本種も非常に丈夫で育てやすい。着生させるもしくは素焼きの鉢に植えて管理すると良く成長する。

花色

不明

開花サイズの目安

横40~cm 高さ30~cm

原産地

交配種

栽培難易度

交配種は丈夫なものが多く簡単

水遣りの目安 

週に2回

日照

なるべく明るい環境、屋外の日陰や半日陰

また遮光も有効で40%ほど遮光すると良い

栽培のポイント

着生させるか鉢にうえると良く成長する

写真 2016-08-02 15 35 28

Leave a Reply

CAPTCHA