【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

posted in: 入荷情報 | 0

 

【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

販売は4月17日(日曜日)のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

販売品種の紹介

 

チランジア・ラティフォリア・ドワーフ タイプ2 T. latifolia Dwarf Type 2

 

チランジア・ラティフォリア・ドワーフ タイプ2はチランジア・ラティフォリアの栽培品種の一つ。

大きくならない小型のラティフォリアですが、葉の質感などは基本種とはまた違っていて面白いです。

葉は肉厚で、トリコームが粗くでており、葉の色合いも赤みがあるグレーといった感じでなんともかっこいいですね。

丈夫で育てやすいです。

お値段は1800円

 

チランジア・ラティフォリア・レウコフィラ T. latifolia var. leucophylla

 

チランジア・ラティフォリア・レウコフィラはラティフォリアの変種の一つ。

ペルー原産の固有種で、標本個体はカハマルカで採取されました。自生地データなどは少なく標高600~2000mに自生しているといわれています。

とても流通量の少ない希少な品種で、見た目も美しい美種。

葉は肉厚で、カールして成長していきます。

開花期には垂れ下がる美しい花序を出して開花します。

コレクターの方におすすめの一品です。

お値段は50000円

 

チランジア・ラウトネリー T. lautneri

 

チランジア・ラウトネリーは半タンクタイプのチランジアで大きく成長する大型種。

葉はやや硬めで緑葉種ながら明るい環境では葉が赤紫色になります!

開花期になるとさらに鮮やかな赤になるため大型の開花期の姿は非常に美しいです。

水やりを多めにしミズゴケやバークなどに植えつけると調子がいいですね。

あまり流通量の多くない珍しいチランジアなのでこの機会に是非!

お値段は3000円

 

チランジア・ロングジョン T. Long John(T. pseudobaileyi x T. intermedia)

 

チランジア・ロングジョンはチランジア・プセウドベイレイとインターメディアの交配種。

チランジア・インスタントグラティフィケイションの逆交配にあたります。

壺型種同士の交配種で、シルバーの葉の色がとても綺麗です。

葉は硬質で、葉の全体に白いトリコームが見られます。根元は膨らみ、葉はうねりながら成長していきます。

開花期にはトリコームのあるピンク色の花序から紫色の花を咲かせます。

お値段は10000円

 

 

チランジア・ロッテアエ T. lotteae

 

チランジア・ロッテアエはボリビア原産の固有種。

美しい肉厚の銀葉の葉を持つ魅力的な種で、最大の特徴は開花期に見せるグリーンの大きな花序!

ボリュームたっぷりな花序は見応えたっぷりで非常に美しい人気のある種です。

やや茎を伸ばしながら成長していき、着生させてやると調子よく成長してくれます。

なかなか手に入りにくくなってきているためこの機会にいかがでしょうか?

お値段は15000円

 

チランジア・ラブノット T. Love Knot (T. capitata Red x T. streptophylla)

 

チランジア・ラブノットはチランジア・カピタータとチランジア・ストレプトフィラの交配種。

開花期以外でも葉が赤く色づき非常に美しい人気のある交配種です。

ストレプトフィラが交配に使われており、根本が壺型に膨らみ葉には少しカールが出るため葉姿、葉の色ととても美しい交配種です。

開花期にはさらに色鮮やかに紅葉してくれる魅惑の交配種!

管理は難しくなく丈夫で育てやすいですね。

お値段は12000円

 

チランジア・ミトラエンシス・トゥーレンシス T. mitlaensis var. tulensis

 

チランジア・ミトラエンシス・トゥーレンシスはチランジア・ミトラエンシスの変種の一つ。

メキシコはオアハカ州原産の固有種。標高1750mの岩石地帯に自生しており、オアハカ州の世界一の巨木で知られるEl Tule(エル トゥーレ)の近くで見つかりました。名前もそこからとられたものと思われます。

葉は肉厚で、白く美しいトリコームが見られます。茎を伸ばしながら成長する有茎種のような姿をしています。

開花期にはピンク色の花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

栽培は難しくなく丈夫で育てやすいです。基本種と育て比べてみても面白いかもしれませんね。

お値段は5500円

 

チランジア・ノバキー T. novakii

 

チランジア・ノバキーはメキシコ原産の大型有茎種のチランジア。

大きく成長しなんと90cmほどまで大きくなる個体もあります!

さらに明るい環境では全体に赤みを帯びるとても人気のあるチランジア!

丈夫で育てやすいですが、寒さには気をつけてあげてください。

お値段は2500円

 

チランジア・パレアセア・エナノ T. paleacea Enano

 

チランジア・パレアセア・エナノはチランジア・パレアセアの栽培品種の一つ。

名前の通り小型のパレアセアで、基本種同様に茎を伸ばしながら成長する有茎種。

葉は硬質で、葉の全体に毛足の長い白いトリコームが見られます。葉は短めで、枚数も多いので、とっても可愛らしいです。

丈夫で育てやすいので、初心者でもオススメです。

お値段は1200円

 

チランジア・プルイノーサ・コロンビアフォーム T. pruinosa Colombia Form

 

チランジア・プルイノーサ・コロンビアフォームはチランジア・プルイノーサの栽培品種の一つ。

コロンビアで採取されたプルイノーサで通常のプルイノーサと比べ大きく成長し葉の色が緑がかっているのが特徴です。

葉は肉厚で多肉質。柔らかく弾力があり葉の全体に荒く白いトリコームが見られます。

お値段は2000円

 

チランジア・レモータ T. remota

 

チランジア・レモータはグアテマラ、エルサルバドル、メキシコにかけて分布するチランジア。

樹上性のチランジアで、葉は非常に細く柔らかいです。

開花期にはグリーンの花序から白い可憐な花を咲かせます。

今回入荷したものはクランプタイプ!

お値段は1700円

 

チランジア・セレリアナ T. seleriana

 

チランジア・セレリアナはメキシコからニカラグアにかけて分布するチランジア。美しい壺型種で見かけることの多い普及種。現地では樹木に着生して生きており、葉と葉の間にアリが住み着き共生する「アリ植物」としても有名である。日本でも屋外で管理しているとアリが住み着くこともあるため、苦手な人は気をつけること。

大きく成長する大型種でもあり、30cmほどまで大きく成長することもあります。大きな株は迫力満点で見る人を驚かせます。1000mを超える山岳地帯に生息している準高山性のチランジアで夏の暑さにはやや弱い。

葉は肉厚で弾力があり、毛足のながいトリコームを持ち、質感はザラザラとしています。非常に魅力的な壺型のフォルムから人気も高く、この姿のまま大きく成長してくれるため栽培も楽しめます。

開花期には赤く紅葉し、ピンク色の花序を出して開花します。花序にはピンク色の平べったい花苞を複数付け紫色の筒状の花を咲かせます。

栽培は難しくありませんが夏の暑さに気をつけること。夏と冬は葉の間に水を貯めないことがポイントになります。どちらの季節も水を貯めると腐りやすくなってしまうためです。春と秋は屋外に出し、葉の間にも水がいきわたるようにしっかりと水をあげてください。鉢植えなどにミズゴケなどで着生させると調子よく成長してくれます。

お値段は2000円

 

チランジア・セレリアナ×プルイノーサ・コロンビアフォーム T. seleriana x T. pruinosa Colombia Form

 

 

チランジア・セレリアナ×プルイノーサ・コロンビアフォームは名前の通り二つの交配種。

壺型種同士の交配種で両種の特徴が良く出ています。

根元はどっしりと壺型になり、葉が多く、毛足の長い白いトリコームがとても綺麗!

壺型種好きの方にオススメな品種になります。

お値段は12000円

 

チランジア・ショウタイム T. Showtime (T. bulbosa X T. streptophylla)

 

 

チランジア・ショウタイムはチランジア・ブルボーサとストレプトフィラの交配種。

とても美しいつぼ型の交配種で、葉も良くうねり形も綺麗に成長してくれる。

両親の性質が綺麗に出ている魅力的な交配種。

交配種は丈夫で育てやすく、成長も早いのでオススメです!

お値段は2000円

 

チランジア・ストレプトフィラ T. streptophylla

 

チランジア・ストレプトフィラは非常に美しいフォルムと花をもつ壺型種を代表するチランジア。自生地ではチランジア・セレリアナ同様、葉と葉の間の空間にアリが巣を作る「アリ植物」としても有名です。

でっぷりとした壺型のフォルムとくるくるとカールした多肉質の葉が魅力的でトリコームも良くでて非常に美しい。

花も非常に魅力的で分岐する赤い花苞から紫の筒状の花を咲かせます。

性質は非常に丈夫で乾燥にも耐えよく成長する。良く発根するため着生させるか素焼きの壺などに植えつけると良く成長する。

丈夫で育てやすいのでオススメ!そして見た目がとっても可愛いですね!

お値段は4000円

 

チランジア・スークレイ T. sucrei

 

チランジア・スークレイはブラジル原産のチランジア。

ブラジルのリオデジャネイロ、標高50~500mの切り立った岩場の表面に自生しています。

銀葉種の小型のチランジアで、開花期に見せる美しい赤い花が特徴的で人気のあるチランジアです。

水を好むため、水やりはしっかりと行ってあげてください。

お値段は5000円

 

チランジア・ウェルデルマニー T. werdermannii

 

 

チランジア・ウェルデルマニーはペルー原産のチランジア。

ペルーはTacna(タクナ)の標高800~1200mに地面に自生しています。

葉はとても肉厚で硬質、全体に白いトリコームが見られ、葉の色はやや暗めのシルバーグレー。茎を伸ばしながら成長する有茎種。

開花期にはトリコームのある濃い紫色の花序を出して、紫色の花を咲かせます。

流通量が少ないのでこの機会にぜひコレクションにいかがでしょうか?

お値段は7000円

 

チランジア・サカパネンシス×ストレプトフィラ T. zacapanensis x T. streptophylla

 

 

 

チランジア・サカパネンシス×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種。

とても珍しい組み合わせの交配種で人気のストレプトフィラ交配種でもあります。

両種の性質がしっかりと出ており、葉は肉厚で葉の全体に白いトリコームが見られます。

葉の色はシルバーグレーの美しい色合いでカールが強く根元はしっかりと壺型になえっています。

次回入荷は期待できないコレクターの方におすすめの逸品です。

お値段は100,000円

 

 

以上になります!

皆さん気になるチランジアはありましたでしょうか?

 

販売は4月17日(日曜日)のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア4月17日約30種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

Leave a Reply

CAPTCHA