【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア 北海道 札幌市】前編

 

 

皆さんこんにちは!

 

素敵なチランジア達がたくさん入荷しております!

今回は希少なチランジア達が入荷しております。流通数の少ない希少なイオナンタのマヤンフェザーズ、マヤントーテムポール、マヤンベース、マヤンリーガルを販売予定。他にもチャペウエンシス・チュリフォルミス、アトロヴィリディペタラ等の流通数が少ない希少種を販売予定です。

この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は11月6日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

後編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

販売品種の紹介

 

チランジア・アコスタエ T. acostae

 

チランジア・アコスタエはコスタリカ産の大型のチランジア。現在はチランジア・ロンボイデアのシノニムとして扱われています。

チランジア・ファシクラータに似た外見を持つ、緑葉種のチランジア。熱帯雨林に生息しており、あまり強い光は好まず湿度を高めに管理してあげると調子よく成長します。

40cm以上に成長した株は非常に見事。

鉢植え管理もオススメですね!花もファシクラータに似て派手で豪華です!

お値段は4000円


チランジア・アエラントス・グレイゴースト T. aeranthos Gray Ghost

 

チランジア・アエラントス・グレイゴーストはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

葉は硬質で肉厚、全体にうっすらとトリコームが現れていて、シルバーグレーの色味が美しい有茎種。

開花せず子株を出すため、ベルゲリの血が混じっているかなと思われます。

丈夫で育てやすいため、初めての方でも安心です。

お値段は2000円


チランジア・アエラントス・パープルレーザー T. aeranthos Purple Leather

 

チランジア・アエラントス・パープルレーサーはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

葉は硬質で細くシャープ。トリコームが全体に現れており。明るい環境では全草が紫色に色付く。葉を沢山出し非常に美しい草姿も魅力的。

開花期にはピンク色の花苞を出し、より一層美しく紅葉する。ピンクの花苞からは濃い紫色の三枚花弁の花を咲かせます。

開花した姿は非常に美しくアエラントスの中で屈指の美しさを誇ります!

また丈夫で寒さにも強いので、初めての方でもオススメ!

お値段は2000円


チランジア・アエラントス・テディベア T. aeranthos Teddy Bear

 

チランジア・アエラントス・テディーベアはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

チランジア・アエラントスの中でも最小サイズ級のアエラントスで一株が1cm未満ととても小さいのが特徴的です。

子株をどんどん出して丸く成長していく姿はとても可愛らしいです。

お値段は4000円


チランジア・アエラントス×ベルゲリ T. aeranthos×bergeri Clump

 

チランジア・アエラントス×ベルゲリはその名の通り二つの交配種。

非常に丈夫で育てやすく、初心者にもオススメの交配種。

葉は硬質で、トリコームの少ない緑葉種で茎を伸ばす有茎種。

開花せずとも子株をだしてクランプになります。

クランプが一斉に開花した姿はとても美しくおすすめの品種。

お値段は1700円

 


チランジア・アトロヴィリディペタラ T. atroviridipetala

 

チランジア・アトロヴィリディペタラはメキシコ原産の固有種のチランジア。メキシコはドゥランゴ、サカテカス、ゲレーロ、イダルゴ、ミチョアカン、ハリスコ、メキシコ、プエブラ、オアハカ、ベラクルズに分布しており。

標高1500~2050mの温かく乾燥した地域に自生しています。しかしより高所の湿った森林地帯でも自生している姿が見られます。

名前の由来は花びらの濃い緑色から取られ(atro =黒、暗い; viridis =緑) Tillandsia atroviridipetalaとなりました。

タイプ標本はJ. Rzedowski氏にメキシコ、イダルゴで採取されたものと松田英二氏にメキシコ、カルデロン橋付近で採取されたものとがあるようです。

シルバーグリーンの草姿、開花姿ともに人気のあるチランジアですが、流通数が少なくとても希少です。

夏場の暑さや水のやりすぎに注意して夏場はやや乾燥気味に管理してあげてください。

この機会に是非コレクションに加えてあげてください。

お値段は70000円


チランジア・バルサセンシス T. balsasensis

 

チランジア・バルサセンシスはペルー原産の固有種。

ペルーはアマゾナス、バルサスで採取されたことからこの名前が付けられました。詳しい自生地は不明となっています。

白く厚いトリコームが特徴的で、葉はザラッとした質感があります。

こちらはロレンツィアナに姿が似ており、バルサセンシスと姿が異なることからロレンツィアナと一部では言われていますが、仕入れたものを開花させてみるとロレンツィアナのような真っ白な花ではなく紫色の花でした。

開花期には赤い花序から紫色の三枚花弁の花を咲かせます。

お値段は1200円


チランジア・ブラデアナ T. bradeana

 

チランジア・ブラデアナは数奇な運命をたどったコスタリカ原産のチランジア。

チランジア・アブディダと呼ばれていたり、一度はチランジア・ブラキカウロスのシノニム(同じ種類だけど違う名前をつけられた種)とされてしまったり。非常に面白いチランジアです。

見た目は間違われてしまうくらいですのでアブディダにそっくりです。

開花期に見せる真っ赤に燃え上がったような姿は非常に魅力的で、その様変わりする様子が美しいオススメ品種。

本種の特徴は花苞にトリコームがあるという点ですが、開花時は埋没してしまっており解剖しないと分からないそうです。

お値段は3500円


チランジア・バーントフィンガーズ T. Burnt Fingers(T. didisticha ×T. duratii)

 

チランジア・バーントフィンガーはチランジア・ディディスティカとドゥラティーの交配種。最大で横幅60cmほどまで成長する大型種。

Dimmitt氏作出の交配種で葉はとても肉厚でやや弾力がありドゥラティーよりも柔らかいです。葉の全体に白くトリコームが見られ、葉の先端はカールしておりとてもキュートです。

開花期には長く伸びる花序を出して開花します。花序は複数に分岐し花苞は紫色で全体にトリコームが見られます。花苞が花茎から反り返るユニークな花序も見どころです。

お値段は15000円


チランジア・キャンディーアップルレッド T. Candy Apple Red

 

チランジア・キャンディーアップルレッドは新しくリリースされたばかりの品種で情報があまりありません。

葉はやや硬質で弾力があり、全体にトリコームが見られます。葉はやや垂直方向に立ち気味の草姿をしています。

新しい品種ですのでこの機会にぜひコレクションにいかがでしょうか?

お値段は11000円


チランジア・カクティコラ・シルバーロングフォーム T. cacticola Silver Long Form

 

チランジア・カクティコラ・シルバーロングフォームはチランジア・カクティコラの栽培品種の一つ。

長く伸びる有茎種タイプのカクティコラで最大50cm以上にも成長することがあります。またシルバーの色味が強いものとグリーンの色味が強い2タイプありこちらはシルバーの色味が強いタイプになります。

葉は肉厚で、全体に白いトリコームが見られます。

形も綺麗でおすすめの品種!

お値段は6000円


チランジア・カネスケンス(カネッセンス) T. canescens

 

チランジア・カネスケンスは標本個体の正確な採取場所が不明とされていて、ジャマイカで採取されたということだけは分かっています。キューバやジャマイカの標高530~900m地帯の岩や木に着生して自生しています。

葉は肉厚で弾力があります。葉にはトリコームが全体にうっらと見られます。葉の色は暗い銀葉種で金属質のような光沢も見られます。また葉がやや紫がかることもあります。

開花サイズは20cm未満とあまり大きくはなりませんが、開花期に見せる真っ赤な花序が非常に魅力的です。赤い花序から薄紫色の筒状の花を咲かせる姿はとても見応えがあります。

まるでペンキで塗ったかのような異質な赤さを是非栽培下でお楽しみください。

栽培はそこまで難しくなく乾燥にも強く丈夫ですが、乾燥すると葉が丸々ためそれを目安に水をしっかりとあげて管理してあげてください。水を好むのか、水をしっかりとあげて管理したほうが調子よく成長してくれます。

お値段は12000円


チランジア・カピタータ・モーヴ T. capitata Mauve clump

 

 

チランジア・カピタータ・モーブはチランジア・カピタータの栽培品種の一つ。

名前に色がつけられることが多いカピタータですが、名前のモーブとはモーブ色のこと。

モーブ色は薄く灰色がかった紫色で、マゼンタよりも灰色・青みが強い。「薄い青」とされる色です。

なんとも妖しい色合いのカピタータでとっても綺麗なのでコレクションに混ぜると一際異彩を放ってくれますよ!

お値段は2000円


チランジア・カピタータ・ドミンゲンシス T. capitata var. domingensis

 

チランジア・カピタータ・ドミンゲンシスは開花期以外でも常に色が赤いという非常に美しい特性をもったカピタータです!

とても綺麗で人気の種。水をあげるとトリコームの下から真っ赤な姿が現れます!

寒さに弱いですが、10℃以上を保てば冬でも問題なく管理できます。

常に葉が赤い珍しいチランジアですので、この機会に是非!

お値段は2000円


チランジア・カピタータ・ルブラ×ロドリゲジアナレッドX T. capitata Rubra × rodrigueziana Red x

 

 

チランジア・カピタータ・ルブラ×ロドリゲジアナレッドXはその名の通り二つの交配種。

両種とも葉に赤みの出るタイプのチランジアで本種も開花期以外でも葉に赤みが見られます。

葉は肉厚で弾力があります。葉の全体に白いトリコームが見られます。葉の枚数も多く魅力的な草姿をした交配種でおすすです。

開花期にはさらに赤みがますのでとても魅力的。

お値段は4500円


チランジア・ムーレアナ  T. mooreana

 

 

チランジア・ムーレアナはメキシコ原産のチランジア。メキシコの固有種で標高800~1900mの地帯の樹木に着生して自生しています。

大きく成長する大型のタンクタイプのチランジアで、カトプシスとして扱われることもあります。

葉はトリコームがほとんどない緑葉種。

乾燥にはそこまで弱くありませんが、鉢に植えて管理してしっかりとお水をあげるのがおすすめです。

お値段は2500円


チランジア・チャペウエンシス・チュリフォルミス T. chapeuensis var. turriformis

 

 

チランジア・チャペウエンシス・チュリフォルミスはブラジル原産の固有種。

ブラジルはバイーア州エスタド、モーホ・ド・チャペウの近くジャコビナ市方面へいったところで採取されました。

標高900mの岩石地帯の岩に着生して自生しています。

葉は柔らかく、全体に白く美しいトリコームが見られます。カールする葉はとても魅力的な姿をしており、人気も高いです。

流通数が少なくとても希少なチランジアでなかなか入荷がありませんのでこの機会にぜひ!

お値段は60000円


チランジア・チャルタセア(チャータセア) T. chartacea

 

 

チランジア・チャルタセアはコロンビア、エクアドル、ペルーにかけて分布する有茎種の銀葉種のチランジア。

非常に長い茎を伸ばしながら成長してくれるユニークな種です。名前の「Chartacea」とはラテン語で「紙」を意味する言葉で葉が薄いのも特徴です。

育てるのは難しくなく成長も早く大型になるためオススメです。

なんと3m以上のクランプになることもあるそうですよ!

お値段は1000円


チランジア・チアペンシス T. chiapensis

 

 

チランジア・チアペンシスは肉厚の葉と厚いトリコームが魅力的な銀葉種です。

また明るい環境下では葉がうっすらと紫色になるためとっても美しく人気の高い種です!

開花期に見せるピンク色の大きな花序も見応えたっぷりでオススメのチランジア。

特別な管理もなく育てやすくはじめての方でも安心して育てられます!

お値段は2000円


チランジア・ココエンシス T. cocoensis clump

 

 

チランジア・ココエンシスは有茎種の緑葉種のチランジア。

葉は細くシャープで硬いのでまるで針のようですね。

花は白く三枚花弁の花を咲かせてくれます。

成長はわりと早めで寒さにちょっと弱いところもありますが、育てやすくオススメです!

今回は巨大なクランプで入荷しました。

お値段は6000円

 


チランジア・ドゥランゲンシス T. durangensis

 

チランジア・ドゥランゲンシスはメキシコ原産のチランジア。

メキシコは北部のドゥランゴ州の標高2200mに自生している高山性のチランジア。

葉は肉厚で硬質。葉の全体が非常に赤いのも特徴的です。

今回入荷したものは葉の赤みも強いのでとってもオススメです。

お値段は17000円


チランジア・ドゥラティー・シックリーフ T. duratii Thick Leaf

 

チランジア・ドゥラティー・シックリーフはチランジア・ドゥラティーの栽培品種の一つ。

名前の通り葉は肉厚で巨大に成長するドゥラティーになります。

栽培は基本種同様で問題ありませんが、日光が足りないと葉が細くなりがちです。

葉はとても肉厚で草姿も美しいのでおすすめの品種。

お値段は14000円

 


チランジア・エディサエ(エディシアエ) T. edithae

 

チランジア・エディシアエは銀葉種の有茎種のチランジア。

原産地はボリビアで崖の上に着生して自生しています。

葉は肉厚で硬質で短い。トリコームもありシルバー色の葉とその草姿は非常に美しい。

本種はチランジアとしては珍しい綺麗なサンゴ色の花を咲かせる。花茎は伸ばさず成長点にそのまま蕾をつけるその姿は花色と相まって非常に美しくとても魅力的なのだが、花が咲きづらいので気長に待って欲しい。

花を咲かせなくとも茎から子株を出してクランプを形成する。

明るい光と風通しの良い環境を好むため、夏季以外であれば屋外で日光にあててやると良いだろう。夏季は遮光するか午前中のみ日光があたる場所で管理すると良い。寒さに弱い面もあるため注意する。

※今回入荷したものは新葉付近に傷みが目立ちますので少しお安くなっています。

お値段は5000円


チランジア・エーレルシアナ×ブルボーサ T. ehlersiana x bulbosa

 

 

チランジア・エーレルシアナ×ブルボーサはその名の通り二つの交配種。

チランジア・タイと同じ交配になりますが、こちらは名前なし。同じ交配ながらチランジア・タイよりもエーレルシアナの性質が強く出ており、全体に白く厚いトリコームが見られます。

壺型種同士の交配で、とても美しい姿へと成長してくれます。

葉は多肉質で、全体に白くトリコームが見られます。

なかなか流通しない珍しい種ですので、この機会にいかがでしょうか?

交配種は丈夫で育てやすく、成長も早いのでオススメです!

お値段は15000円


チランジア・エルトニアナ T. eltoniana

 

 

チランジア・エルトニアナはブラジル原産のチランジア。

細く美しい銀葉の葉を密に出して綺麗なロゼット型に成長します。

なかなか出回らない珍しいチランジアなのでこの機会に是非!

大きく成長する大型種で30cmほどが開花サイズ。

今回入荷したものは開花サイズの大きなもの!

状態も良く綺麗でオススメです!に乗せながら管理してやるのもよい。やや寒さに弱いところがあるため冬季の管理には気をつける。

お値段は6000円


チランジア・エクセルタ T. exserta

 

 

チランジア・エクセルタは細長いカールする葉がなんとも美しく人気ある種です。

また銀葉種でトリコームも白く美しいのでとってもオススメ!

育てるのは容易で明るく風通しの良いところであれば問題なく管理できます。

お値段は6000円


チランジア・フェスツコイデス T. festucoides clump

 

チランジア・フェスツコイデスは小型のグラス系チランジア。チランジア・ジュンシフォリアに非常に似ているがジュンシフォリアよりも小型で葉が短い。

また花茎が分岐しないジュンシフォリアに対してフェスツコイデスは花茎が分岐する。

あまり流通しない珍しいチランジアだが丈夫で育て易い。クランプになり開花した姿は非常に綺麗なので是非育ててみて欲しい。

乾燥にも強いが水遣りの回数は多くしたほうが調子が良い。水が不足してくると葉が閉じ気味になり先端が茶色く枯れてくるので注意すること。

お値段は800円


チランジア・ゲルジー T. guelzii

 

 

 

チランジア・ゲルジーはアルゼンチンの最北部のフフイ州に自生するチランジア。

標高1200m以上の山間部で夏は暑く、冬は寒く乾燥する温帯夏雨気候で昼夜の寒暖差も激しい地域に自生していいます。

開花期には赤い分岐する花序から白く小さな花を咲かせます。

がっしりとした見た目と肉厚の葉に美しい白いトリコームとても魅力的なチランジア。

珍しいチランジアなのでコレクションにいかがでしょうか?

お値段は3000円


チランジア・ヒルダエ T. hildae

 

 

チランジア・ヒルダエはペルー北部原産の銀葉種のチランジア。

チランジアとしては珍しい葉に縞模様が入るのが特徴的。美しい種で人気も高いが流通数も少なく希少なチランジア。

葉は非常に肉厚で硬質。葉には美しい縞模様が入り非常に美しい。やや幅広の葉をロゼット型に展開しながら成長する。

性質は丈夫で育てやすい。半日陰の風通しの良いところで管理し、素焼きの鉢などにミズゴケかバークや軽石で受け付けてやると調子が良い。成長は遅めでゆっくりと成長する。

チランジアの中でも非常に美しいので是非コレクションに加えていただきたいですね!

お値段は30000円

 

価格一覧はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

後編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア11月6日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

 

 

販売は11月6日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

Leave a Reply

CAPTCHA