チランジア・ドゥランゲンシス Tillandsia durangensis ティランジア育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・ドゥランゲンシス Tillandsia durangensis ティランジア育て方 図鑑

 

 

 

チランジア・ドゥランゲンシス Tillandsia durangensis
チランジア・ドゥランゲンシス Tillandsia durangensis

 

 

 

 

チランジア・ドゥランゲンシスはメキシコ原産のチランジア。メキシコは北部のドゥランゴ州の標高2200mの高山地帯に自生しているチランジアです。標本個体がドゥランゴ州で採取されていることからその名が付きました。葉は画像のように赤黒いタイプとグリーンの色のタイプが流通しており、最近多く流通しているのは葉が赤黒いタイプのものが多いです。開花サイズは20㎝以上の大型種で根本が膨らむ壺型種

葉はとても肉厚で硬質。葉の全体には白いトリコームが見られます。葉は外側にカールするように伸びていき、それほど葉の枚数は多くありません。葉の全体が非常に赤いのも特徴的です。葉の赤黒さはティランジアの中でもトップクラス。とても美しいティランジアです。

開花期には赤い分岐する花序を出して紫色の筒状の花を咲かせます。

栽培は難しくなく丈夫で育てやすいです。標高の高い地域に自生していますが、それほど暑さにも弱くはありません。根をよく出しますが、鉢植え等に深く植え込むと腐りやすいため、気をつけてあげてください。ちなみにそこまで強い光や寒暖差に当てなくとも色がよく出ますが、出来ることなら春と秋は屋外で栽培した方が色が容易に出ます。

 

交配種の親株として以下のものが作出されています。

チランジア・パヌコ Tillandsia Panuco(T. caput-medusae × T. durangensis)
チランジア・スワンプローズ Tillandsia Swamp Rose(T. durangensis × T. seleriana)

 

 

花色

紫色

開花サイズの目安

横20cm 高さ20cm

原産地

メキシコ、ドゥランゴ州

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は60%ほど遮光する

栽培のポイント

鉢植え等に深く植え込むと腐りやすいため、気をつけてあげてください。

 

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA