チランジア・アルビダ×インターメディア Tillandsia albida x T. intermedia(Vivipara) ティランジア育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・アルビダ×インターメディア Tillandsia albida x T. intermedia(Vivipara) ティランジア育て方 図鑑

 

 

チランジア・アルビダ×インターメディア Tillandsia albida x T. intermedia(Vivipara)
チランジア・アルビダ×インターメディア Tillandsia albida x T. intermedia(Vivipara)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チランジア・アルビダ×インターメディアはその名の通り二つの交配種。最大の特徴は本種はヴィヴィパラ種であることです。インターメディアの性質を受け継ぎ花茎の途中から子株をだしていきます。ヴィヴィパラの交配種は珍しく流通量も少ないです。開花サイズは25cmほど。

葉は肉厚で硬質、全体に白く美しいトリコームが厚くでるのが特徴で、アルビダの性質を良く受け継いでいます。茎も非常にがっしりとした姿へ成長する有茎種有茎種ではありますが、そこまで長く成長はしません。

開花期にはグリーン、やや赤く染まる花序から白色の筒状の花を咲かせます。花序は長いと5~60cmほどまで伸びます。花序から子株を出すヴィヴィパラ種ですが、子株が大きくなってくると花茎が折れやすくなるため、補強して育ててあげるのがオススメです。

丈夫で育てやすいため、明るく風通しのよい環境であれば問題なく栽培できます。

 

花色

紫色

開花サイズの目安

横15cm 高さ25cm

原産地

人工交配種

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は60%ほど遮光する

栽培のポイント

明るく風通しのよい環境で管理する。

 

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA