チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォーム Tillandsia rodrigueziana ‘Mexican Form’ ティランジア育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォーム Tillandsia rodrigueziana ‘Mexican Form’ ティランジア育て方 図鑑

 

チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォーム Tillandsia rodrigueziana ‘Mexican Form’
チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォーム Tillandsia rodrigueziana ‘Mexican Form’

 

 

チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォームはチランジア・ロドリゲジアナのメキシコ産の株になります。

メキシコ、ニカラグア、エルサルバドルの広い地域にかけて分布するチランジアで、地域変異も多く見られるのがチランジア・ロドリゲジアナの特徴でもあります。標本個体のチランジア・ロドリゲジアナはグアテマラで採取されたことが分かっていますが、詳しい場所は不明のようです。

基本種は標高1200~2100mの開けた場所、森の木の樹皮、崖の上の有茎植物に着生、等々生育環境も様々です。

メキシカンフォームの名前で流通する本種は強光下で育てることで葉に赤みが出てきます。また花序は分岐し、黄色~赤色の色味がでるのが特徴です。

本種の葉は細く柔らかめ、トリコームがほとんどない緑葉種

開花期には赤や黄色の混じる分岐する花序から淡い紫色の筒状の花を咲かせます。

やや水を好むため、鉢の上で管理するのもおすすめです。やや成長も遅めで、ロドリゲジアナの中には大きく成長するものもいますが、本種はそこまで大きくはならないようです。

 

花色

紫色

開花サイズの目安

横20cm 高さ20cm

原産地

メキシコ

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は60%ほど遮光する

栽培のポイント

やや水を好みますので、鉢の上で管理するのもオススメです。

 

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA