【Frontier Plants】オンラインストア4月11日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】(後編)

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア4月11日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】(後編)

 

 

 

皆様こんにちは!4月11日の新入荷品のお知らせです。

素敵なティランジア達がたくさん入荷しております!

今回は前回すぐに完売してしまった品種や、日本で初めて販売される種類、珍しい原種もありますので是非この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は4月11日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

※表示価格はすべて税別になります。

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

前編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア4月11日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】(前編)

 

後編スタート!

 

 

チランジア・ルシールレナータ  T.Lucille Renata (T. ehlersiana × T. streptophylla)

 

 

チランジア・ルシールレナータはチランジア・エーレルシアナとストレプトフィラ交配種

チランジア・ルシールと同じ交配で、Renata(レナータ)と名前が付け加えられています。Renataは生まれ変わるというラテン語が起源の女性の名前を意味しています。(Natosが生まれるという意味)つまり本種はチランジア・ルシールの生まれ変わりのような品種であるということです。

本種もしっかりとした壺型種ですが、まだリリースされたばかりの品種でどんな姿へと成長するのか詳しくわかりませんが、ルシールのように魅力的な姿へと成長してくれると思います。

お値段は17000円

 

チランジア・マジェスティック  T.Majestic (T. chiapensis × T. concolor)

 

 

チランジア・マジェスティックはチランジア・チアペンシスとチランジア・コンコロールの交配種

非常に美しいシルバーの葉と開花期に見せる大きく真っ赤な花序が魅力的な種。

花序は20cmにも達するほど大きく真っ赤であり遠目から見ても確認できるほどに存在感を発揮する。

今回入荷したものは小さめですので、お値段もお買い得!

お値段は3500円

 

チランジア・マルコーニ(マルコナ)  T.marconae

 

 

 

 

チランジア・マルコナ(マルコーニ)はあまり流通していないマイナーなチランジア。銀葉種有茎種、美しいトリコームとグレーの葉色が美しい美種。

良く子株を出しクランプになりやすいのが特徴で、同じ銀葉種有茎種にチランジア・アルビダがありますが、あのように大型にはならず葉も柔らかめ。どちらかというとチランジア・ステリフィラに近いが本種のトリコームの毛足は短い。

クランプになった姿はとても美しく育てるのも容易なため見かけたら是非育ててみると良い。

チリの砂漠地帯に生息していてチランジア・ランドベッキーなどと同じ場所に生育しているようである。

お値段は1200円

 

チランジア・ミヌチュフローラ(ミニチフローラ)  T.minutiflora

 

 

 

チランジア・ミヌチュフローラはペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチンにかけて分布するディアフォランテマ亜属のチランジア。

標高600~2600mの多くは小さな木や茂みに自生していますが、岩に大きなコロニーを形成することもあります。

とても小さく開花サイズは2cmほどで、とても可愛らしい見た目をしています。

お値段は4000円

 

チランジア・ミスティックエアー  T.Mystic Air (T. albertiana × T. aeranthos)

 

チランジア・ミスティックエアーはアルベルティアナアエラントスの交配種で、Mark Dimmitt氏が作ったチランジア・アルベルティアナを親としたミスティックシリーズの交配種の一つ。

アルベルティアナの赤い花とアエラントスの濃いブルーの花が合わさり非常に美しいルビーレッドの花を咲かせる美種。

葉は硬質で厚く多肉質。トリコームはうっすらとしており緑葉種のような葉をしている。アエラントスの性質で茎を伸ばしながら成長する有茎種である。

お値段は3000円

 

チランジア・ミスティックアルバート  T.Mystic Albert (T. albertiana × T. stricta)

 

 

 

チランジア・ミスティックアルバートはチランジア・アルベルティアナとストリクタの交配種で、Mark Dimmitt氏が作ったチランジア・アルベルティアナを親としたミスティックシリーズの交配種の一つ。

濃い赤紫色の花序から、これまた濃い赤紫色の三枚花弁の花を咲かせます。

葉は硬質で多肉質。ミスティックシリーズは花がきれいなため、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は3000円

 

 

チランジア・ミスティックマーカス  T.Mystic Markus (T. albertiana × T. argentina)

 

 

チランジア・ミスティックマーカス T. Mystic Markus (T. albertiana X T. argentina)
チランジア・ミスティックマーカスはチランジア・アルベルティアナとチランジア・アルゲンティナの交配種でミスティックシリーズのうちの一つ。ミスティックシリーズはアルベルティナを親とした交配種のシリーズ。

アルベテルティアナもアルゲンティナもアルゼンチンが原産のチランジアで、アルゼンチン原産の似た二つのチランジアの交配種。両親ともに性質でよく子株を出し見事なクランプを形成する。

花は濃いピンク色のしっかりとした三枚花弁の花で非常に美しい。ミスティックシリーズはどれも花が非常に美しいので是非その美しい花を観賞してほしい。

お値段は3000円

チランジア・ノーヘイノンブル  T.No Hay Nombre (T. balbisiana × T. bulbosa)

 

 

 

チランジア・ノーヘイノンブルはチランジア・バルビシアーナとブルボーサの交配種。

壺型種同士の交配種で、新しくリリースされたばかりの品種。

魅力的な交配種ですが、お買い得なのでおすすめです!

お値段は2500円

 

チランジア・パステルパーフェクション  T.Pastel Perfection (T. arequitae × T. stricta)

 

 

 

チランジア・パステルパーフェクションはアレキタエとストリクタの交配種。アレキタエが交配親として使われることは珍しく、それはアレキタエがなかなか開花してくれず開花のタイミングも非常に難しいためである。こちらの交配種はアレキタエの性質をしっかりと受け継いでおり見た目はアレキタエに似ていて、肉厚の白い葉がとても綺麗。茎を伸ばしながら成長する有茎種。

葉は肉厚で柔らかく弾力があります。全体に細かいトリコームが出て白く美しいのも特徴的。茎を伸ばしながら成長していき、葉はやや細め。

開花期には赤褐色の花序から淡い紫色の大きな花を咲かせます。淡い藤色をイメージしていただければいいかと思います。アレキタエの白く大きな花にストリクタのブルーの花の特徴が交じり合った非常に美しい花を咲かせてくれます。

お値段は8500円

 

チランジア・ピフィステリ  T.pfisteri

 

チランジア・ピフィステリはブラジル原産の固有種のチランジア。現在はチランジア・パルビスピカ Tillandsia parvispicaのシノニム(同物異名)synonymとして扱われています。

葉は肉厚で弾力があり、葉の全体に白いトリコームが見られます。

開花期にはグリーンの花序から、白と紫の混じった三枚花弁の花を咲かせます。

お値段は2500円

 

チランジア・ピザッツ  T.Pizazz

 

チランジア・ピザッツは謎の多いチランジア。

情報が少なく、いったいどういったチランジアなのか不明です。

葉は硬質で、肉厚。葉の色は黒紫色でとても魅力的な色をしています。葉の全体にはうっすらとトリコームが見られます。

いつ流通が止まるかわかりませんので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は9000円

 

チランジア・ポルツィー  T.polzii

 

チランジア・ポルツィはブラジル原産のチランジア。

ブラジルの固有種で、リオグランデ・ド・スル州ミナ・マカク(カサパバとバジェの間)の岩の上で採取されました。

葉はやや硬質でトリコームがあまり見られない緑葉種。アエラントスに良く似ており、花もピンクの花苞から青紫色の花を咲かせます。

丈夫で育てやすくクンラプにもなりやすいのでオススメです!

お値段は8000円

 

 

チランジア・レアブリード  T.Rare Breed (T. jonesii × T. aeranthos Amethyst)

 

 

チランジア・レアブリードはチランジア・ジョネシーとアエラントス・アメジストの交配種。

チランジア・ジョネシーが交配に使われている名前の通り珍しい交配種。

まだリリースされたばかりで情報が少ないですが、葉の色が黒紫色をしており、とても魅力的です。

ぜひコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

お値段は5500円

 

チランジア・レディーズベスト  T.Redy’s Best (T. streptophylla × T. concolor)

 

 

チランジア・レディーズベストはチランジア・ストレプトフィラとコンコロールの交配種。

チランジア・レディーと同じ交配にあたります。

葉はとても肉厚で、とても硬質です。

新しくリリースされたばかりの交配種で、チランジア・レディーと育て比べても面白いかもしれませんね。

お値段は2700円

 

チランジア・リーガルルネ  T.Regal Rene (T. streptophylla × T. chiapensis)

 

チランジア・リーガルルネはチランジア・ストレプトフィラとチアペンシスの交配種。

人気種同士の交配種で、本種も非常に魅力的な姿をしている壺型種ます。

葉は肉厚で、全体に白く美しいトリコームが見られます。根元はどっしりと壺型で、葉は綺麗なカールをしています。

色もうっすらとピンク色で独特な葉の色をしており、とても魅力的です。

今回入荷したものは小さいサイズでお値段も少しお安くなっています。この機会にぜひ!

お値段は14000円

 

チランジア・レトルタ  T.retorta Clump

 

チランジア・レトルタはディアフォランテマ亜属の小型のチランジア。同じディアフォランテマ亜属のチランジア・アンディコーラに似た外見を持つが本種のほうが葉が硬く曲線を描くように葉を伸ばす。一株で見ると平らな姿をしており短いながらも有茎種のように茎を伸ばしながら成長している。

レトルタの葉は硬質で全体にトリコームが出ているがやや緑が強い葉色をしている。葉を交互に出しながら茎を伸ばして成長していき葉は外側に曲線を描いて展開する。

花は小さく目立たないがクリーム色をした可愛らしい花を咲かせる。本種は自家受粉するので良く種をつける。

管理は難しくなく直射日光を避けて明るい日陰や半日陰の風通しの良いところで管理すると良い。子株を良く出しボール状にクランプになるためそのつもりで流木などに着生させてあげよう。特に着生させなくとも良く成長してくれるので風通し良く管理するのがポイントである。

お値段は2000円

 

チランジア・レトロルサ  T.retrorsa

 

 

チランジア・レトロルサはペルー、パラグアイ、ブラジルにかけて分布するチランジアで、標本個体はブラジルで採取されました。

現在はチランジア・ストレプトカルパのシノニム(同物異名)synonymとして扱われています。

大きく成長する大型種でチランジア・ドゥラティー似たフォルムを持つ面白いチランジア。

ドゥラティーほどクルクルしておりませんが、肉厚な葉と面白いフォルムは見ていて飽きないです。

お値段は2000円

 

チランジア・スペースカデット  T.Space Cadet (T. retrorsa × T. duratii)

 

 

チランジア・スペースカデットはチランジア・レトロルサとドゥラティーの交配種。

リリースされたばかりの交配種で、人気のドゥラティーを使った交配種です。

似たようなフォルムのチランジア同士の交配種で、育った姿がとても楽しみです。

両種の性質はしっかりと受け継ぎ、葉は肉厚で、全体に白いトリコームが見られます。

お値段は3000円

 

チランジア・ストレプトフィラ  T.streptophylla

 

チランジア・ストレプトフィラは非常に美しいフォルムと花をもつ壺型種を代表するチランジア。自生地ではチランジア・セレリアナ同様、葉と葉の間の空間にアリが巣を作る「アリ植物」としても有名です。

でっぷりとした壺型のフォルムとくるくるとカールした多肉質の葉が魅力的でトリコームも良くでて非常に美しい。

花も非常に魅力的で分岐する赤い花苞から紫の筒状の花を咲かせます。

性質は非常に丈夫で乾燥にも耐えよく成長する。良く発根するため着生させるか素焼きの壺などに植えつけると良く成長する。

丈夫で育てやすいのでオススメ!そして見た目がとっても可愛いですね!

お値段は900円

 

チランジア・テクトラム・ファジーボール  T.tectorum Fuzzball

 

チランジア・テクトラム・ファジーボールはチランジア・テクトラムの栽培品種の一つ。

基本種よりも小型で、葉も短いですが、トリコームの毛足が長いのが特徴的です。

あまり大きくならずころんと丸く成長していくので、とても可愛らしいですね。

乾燥に強く丈夫ですが、明るく風通しのよいところで、育ててあげてください。

お値段は1600円

 

 

チランジア・テヌイフォリア・エメラルドフォレストゼブリナ  T.tenuifolia Emerald Forest Zebrina

 

チランジア・テヌイフォリア・エメララルドフォレスト ゼブリナはチランジア・テヌイフォリア・エメラルドフォレストの選抜品種。

葉にうっすらとゼブラ模様が入るのが特徴なのですが、チランジア・イオナンタ・ゼブリナのようにトリコームが無いわけではなく、模様のように葉に縞々が入ります。

とても希少で、流通数の少ないチランジアなので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は20000円

 

 

 

チランジア・ザツイステッドプレデター  T.The Twisted Predator (T. ionantha Predator × T. streptophylla)

 

 

チランジア・ザツイステッドプレデターはチランジア・イオナンタ・プレデターとストレプトフィラの交配種。

イオナンタ・プレデターが交配に使われている非常に珍しい交配種。また人気あるストレプトフィラも交配に使われています。

まだリリースされたばかりでどんな姿へと成長してくれるのか分かりませんが、とても希少なのでコレクションにおすすめです!

お値段は15000円

 

チランジア・ティリーデライト  T.Tilly Delight (T. xiphioides × T. stricta)

 

チランジア・ティリーデライトはチランジア・クシフィオイデスとストリクタの交配種。

珍しいクシフィオイデスが交配に使われており、花がとても綺麗な交配種。

葉は硬質で、肉厚。葉の全体には白いトリコームが見られます。

開会にはグリーンの大きな花序から薄紫色のやや捻じれるような大きな三枚花弁の花を咲かせます。

魅力的な交配種ですので、ぜひ育ててみてください。

お値段は5000円

 

チランジア・キセロバスコ  T.Xerobasco (T. xerographica × T. Tabasco)

 

チランジア・キセロバスコはチランジア・キセログラフィカとタバスコ(コンコロール×カピタータ・ルブラ)の交配種。

まだリリースされたばかりの新しい交配種で、人気のキセログラフィカが使用しされている交配種です。

情報はすくないですが、きっと魅力的な姿へと成長してくれると思います。

キセログラフィカ好きな方にはおすすめですので、ぜひコレクションにいかがでしょうか?

お値段は9000円

 

 

以上になります!

日本初リリースのものもあったりと、珍しい品種も多くリリースしております。

この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

 

前編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア4月11日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】(前編)

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA