【Frontier Plants】オンラインストア12月14日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア12月14日入荷予定のチランジア紹介【ティランジア】

 

 

 

皆様こんにちは!12月14日の新入荷品のお知らせです。

素敵なティランジア達がたくさん入荷しております!

今回は70種類以上のリリースで、あまり出回らない珍しい種やリリースされたばかりの交配種もありますので、是非この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

リーガルルネはお値段ははりますが、非常に美しい個体が入ってきております。また近年流通量が少ない、サブテレス、ポルツィ、クリスタガリ等々もありますので、お見逃し無く!

販売は12月14日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。(表示価格は全て税別となります)

 

販売チランジア一覧

 

チランジア・リアルフレーマー T. A Real Flamer (T. flabellata Red Form X T. exserta)

 

 

チランジア・リアルフレーマーはフラベラータ・レッドフォームとエクセルタ交配種

流通量が少ない希少な交配種で、比較的新しい交配種。

大きく成長する大型種で、グリーンの肉厚の葉をロゼット型に展開して成長します。

開花期には分岐する長い花序出しますが、花序は燃えるような鮮やかな赤色でとても美しいです。

お値段は26000円

 

チランジア・アルバートザグレート×エーレルシアナ T. Albert the Great x T. ehlersiana

 

 

チランジア・アルバートザグレート×エーレルシアナはその名の通り二つの交配種。

まだリリースされたばかりで情報がなく、日本にもほとんど入ってきていません。

交配親がどちらもとても魅力的な種のため、成長した姿がとても楽しみな種です。

お値段は7000円+税

 

チランジア・アンディコラ T. andicola

 

 

チランジア・アンディコラディアフォランテマ亜属のチランジア。

ディアフォランテマ亜属の中ではやや大きめに分類されます。

葉はとっても硬く針のようで、子株をよく出してクランプになります。

花には芳香があり、とてもいい香りがします。

お値段は2000円

 

チランジア・アラウジェイ・ミニマ T. araujei var. minima

 

 

チランジア・アラウジェイ・ミニマはチランジア・アラウジェイの変種の一つ。

標本個体はブラジルはリオデジャネイロで採取されました。

多肉質な短い葉を密に出しながら、茎を伸ばして成長する有茎種

驚くべきはこの姿を保ちながら60cmまで成長できるという記述があることです。

開花期にはピンク色の花序から白い三枚花弁の花を咲かせます。

とても美しく人気のある種でおすすめです!

お値段は3000円

 

チランジア・ベイレイ・ハレーズコメット T. baileyi Halley’s Comet

 

 

チランジア・ベイレイ・ハレーズコメットはチランジア・ベイレイの栽培品種の一つ。

基本種との違いはヴィヴィパラ種であること。基本種が株元から子株を出すのたいして、本種は花茎の途中から子株を出して増えていきます。

とても魅力的で人気のある種ですのでこの機会にいかがでしょうか?

栽培は基本種のベイレイと変わりなく育てられます。

お値段は1200円

 

チランジア・ベストインクラス T. Best In Class (T. xerographica X T. rothii)

 

 

チランジア・ベストインクラスはチランジア・キセログラフィカとロシーの交配種。

ライトグリーンの葉が特徴的で、大きくなるにつれて葉が幅広になり、グリーンのキセログラフィカといった姿へと成長してくれます。

開花期には紅葉し、赤とグリーンの大きな花序を出して開花します。

育てやすく丈夫で形も綺麗でオススメです!

お値段は16000円

チランジア・ベティー×ベストインクラス T. Betty x T. Best in Class

 

 

チランジア・ベティー×ベストインクラスはその名の通り二つの交配種。

まだリリースされたばかりの交配種で、流通量は少なく、日本にもあまり入ってきていません。

情報も少ないですが、両親から想像するにとても綺麗な姿へと成長してくれそうな品種です。

お値段は8000円

 

チランジア・ボンジュール T. Bonjour (T. ionantha X T. mitlaensis)

 

チランジア・ボンジュールはイオナンタとミトラエンシスの交配種。

あまり流通しない珍しくてマニアックなチランジア。

とても丈夫な品種で、開花はサイズは12cmほどになります。

トリコームの厚い、肉厚で多肉質な葉を、垂直方向へと出しながら成長していきます。

丈夫で育てやすくおすすめの品種です。

お値段は9000円

 

チランジア・ボッテリ×ストレプトフィラ T. botteri x T. streptophylla

 

 

チランジア・ボッテリ×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種。

まだリリースされたばかりの交配種でそれほど情報がありません。

白く厚いトリコームを持った葉を密に出して成長していき、根元は成長するにつれ壺型へと成長してくれます。

流通量の少ない希少な品種ですので、この機会に是非!

お値段は10000円

 

チランジア・ブラキカウロス・シュプリーム T. brachycaulos Supreme

 

 

チランジア・ブラキカウロスシュプリームはチランジア・ブラキカウロスの選抜品種。ブラキカウロスの中から赤みを強く帯びたものを選んで栽培されているもの。名前のシュプリームとは「最高」という意味があります。

本種は開花期以外でも葉にうっすらと赤みを帯びており、通常のブラキカウロスとは違う葉色になっている。葉は柔らかく綺麗なロゼット型に展開する。開花期はさらに葉の赤みが強くなり全体が真っ赤に色づく姿は非常に美しい。

性質は通常のブラキカウロス同様に育てやすく丈夫。乾燥すると葉が丸まってくるので気をつけたい。午前中の涼しい時間帯だけ陽が当たるような明るい環境で管理してあげると良いですね!

お値段は2000円

 

チランジア・ブルボーサオンパレード T. Bulbosa On Parade (T. Wavy Wonder X T. Double Delight)

 

 

 

チランジア・ブルボーサオンパレードはチランジア・ウェイビーワンダーとダブルデライトの交配種。

両親ともに交配種で、かつ壺型種の美しい交配種。本種も美しい壺型へと成長してくれることでしょう。

リリースされたばかりの交配種であまり情報がなく、流通量も少ないです。

葉はライトグリーンで柔らかめ、全体に白いトリコームが見られます。

珍しい品種ですので、壺型種好きの方はコレクションにいかがでしょうか?

お値段は20000円

 

チランジア・カピラリス・ジャイアントフォーム T. capillaris Giant Form

 

 

 

チランジア・カピラリス・ジャイアントフォームはチランジア・カピラリスの比較的新しい栽培品種。基本種に比べると非常に大きく成長しトリコームも濃い。本種はディアフォランテマ亜属に分類され成体サイズまで成長すれば10cmほどになるためディアフォランテマ亜属のなかでは大きい部類に入ります。

葉はやや硬めで多肉質でありトリコームもしっかりと出ている。葉を交互に出しながら長く伸びていく有茎種であり非常にユニークなフォルムをしている。

花は小型であまり目立たない基本種と比べてはやや大きく、花茎を伸ばして黄色の小さな花を開花させる。

お値段は1200円

 

チランジア・カピラリス・ヴィレッセンス(フォーマリー ピッチフォーク) T. capillaris var. virescens (Form Pitchfork)

 

 

チランジア・カピラリス・ヴィレッセンスはカピラリスの変種の一つ。

様々な変異種のあるカピラリスのなかでも非常にユニークな姿をしています。

1cmにも満たない葉を交互に出し小型で細く伸びるように生長していく姿はとってもユニーク!。

流通量も少ない希少な種類ですが、成長速度はわりと速めで管理もさほど難しくないです。風通しの良い環境で管理しますが、小型のため風に飛ばされたり、乾燥が早い傾向があるため水遣りを多くすると良い。

開花期には黄色の花を咲かせます。

お値段は5000円

 

チランジア・チャーミング T. Charming (T. Albert The Great X T. Showtime)

 

 

 

チランジア・チャーミングはチランジア・アルバートザグレートとショウタイムの交配種。

交配種同士の交配種でありとっても珍しいです。

葉は多肉質で、トリコームはほとんどありません。短めの葉を出しながらどっしりとした壺型に成長していきます。

名前の通りとっても可愛らしい壺型種で魅力的な姿がなんともいえませんね!

お値段は15000円

チランジア・シェリル T. Cheryl (T. caput-medusae X T. capitata Peach)

 

 

チランジア・シェリルはチランジア・カプトメデューサとカピタータピーチの交配種。

多肉質な葉を沢山出しながら成長していきます。葉はややカールするためとても綺麗な姿に成長してくれます。

開花期には赤く紅葉し、とっても綺麗!オススメの交配種です。

お値段は7000円

 

チランジア・クリスタガリー T. crista-galli

 

 

チランジア・クリスタガリはメキシコのチアパス州原産のチランジアでメキシコ固有種。

標高1800mの針葉樹や様々な樹木が混生している、広い森林地帯に自生しています。

葉は細長く、弾力があります。葉をロゼット型に展開しながら成長していきます。

開花期には赤い光沢のある花序を出し、紫色の筒状の花を咲かせます。

それほど流通量の多くないマニアックなチランジア。

お値段は4000円

 

チランジア・クロカータ・ブランディーワイン T. crocata Brandywine

 

 

 

チランジア・クロカータ・ブランディーワインはまだあまりよく分かっていないチランジア。チランジア・クロカータとチランジア・レクルバータなどの何かとの自然交配種ではないかと予測されているが現時点では不明である。

本種の葉はチランジア・ウスネオイデスのように細く長く柔らかい。羽毛のようなトリコームもあるが基本種のクロカータほど荒くなく、細かいトリコームである。茎は名前の通りワインレッドの色をしておりシルバーの葉と相まって非常に美しい。

花は小さな黄色い花もしくは茶色い花の三枚花弁の花を咲かせる。花には芳香がありとても良い香りがする。

お値段は2000円

 

 

チランジア・クラウンジュエル T. Crown Jewel (T. ionantha Huamelula X T. abdita)

 

 

チランジア・クラウンジュエルはチランジア・イオナンタ・ウアメルラとチランジア・アブディダの交配種。新しい交配種でありあまり情報がない。

葉は柔らかめで多肉質。トリコームが全体にうっすらと出ておりライトグリーンの葉色と相まって白っぽい外見をしている。開花期以外でも葉先がうっすらと紅葉する。

開花期には非常に美しく紅葉する。葉先が紫色になり全体に白みが増す。花は現在調査中。

管理は容易で成長は遅め。直射日光は葉焼けの心配があるため避けた方が良い。根を良く出すため素焼きの鉢などに水苔を敷いて植え付けるか流木などに着生させてやるとよい。

お値段は7000円

 

チランジア・カーリースリム T. Curly Slim (T. intermedia X T. streptophylla)

 

 

チランジア・カーリースリムインターメディアストレプトフィラの交配種。

大きく成長する大型種でくるくるカールする葉がとても可愛らしい人気の交配種。

開花期には分岐するピンク色の花序だして長い間咲き続けてくれます。

今回入荷したものはサイズは小さめですが、お求め安い価格!この機会にいかがでしょうか?

交配種は丈夫で育てやすく、成長も早いのでオススメです!

お値段は2000円

 

チランジア・ドラマクイーン T. Drama Queen (T. aeranthos Bronze X T. tenuifolia Bonsall Beauty)

 

 

 

チランジア・ドラマクイーンはチランジア・アエラントス・ブロンズとテヌイフォリア・ボンソールビューティーの交配種。

2015年にレインフォレストフローラ社からリリースされましたが、そのときはすぐに完売してしまった希少で人気のある品種。

育てやすく丈夫な交配種です。

お値段は2500円

 

チランジア・エーレルシアナ×ブラキカウロス・シュプリーム T. ehlersiana x T. brachycaulos Supreme

 

 

チランジア・エーレルシアナ×ブラキカウロス・シュプリームはその名の通り二つの交配種。

流通量が少なく希少な交配種で、まだリリースされたばかりの品種です。

非常に珍しい組み合わせの交配種で、いったいどんな姿へと成長してくれるのか楽しみです。

お値段は16000円

 

 

チランジア・エリックノブロック T. Eric Knobloch (T. brachycaulos X T. streptophylla)

 

 

チランジア・エリックノブロックはチランジア・ブラキカウロスとチランジア・ストレプトフィラとの良交配種で、交配種のアイドルとも呼ばれるほど人気の高い交配種です!

開花するときは全体が真っ赤に紅葉する姿はなんとも美しく、ストレプトフィラのカールする葉の性質もしっかりと受け継いでいますのでとても綺麗ですよ!

根元は壺型の性質ででっぷりと太っているのもなんだか可愛らしいですね!

育てやすく丈夫で成長も早いのもおすすめの理由です。

葉がカールしてきた姿はとってもキュートです。

お値段は2000円

 

チランジア・ファイアーストーム T. Fire Storm

 

 

チランジア・ファイヤーストームはチランジアの栽培品種の一つ。

情報が少なく分からないことが多いチランジア。

葉は肉厚で硬質、明るい色合いをしており、葉の表面にはトリコームがすっすらと見られます。

お値段は2700円

 

 

チランジア・ファーストプライズ T. First Prize (T. concolor Red Prince X T. ionantha Apretado)

 

 

 

チランジア・ファーストプライズはチランジア・コンコロール・レッドプリンスとイオナンタ・アプレタードの交配種。

イオナンタ・アプレタードが交配親に使われている珍しい交配種。

チランジア・PJフエゴプライズやストリクタプライズの交配種シリーズの一つでもあり、すべてコレクションするのも面白いかもしれません。

まだリリースされたばかりで流通量も多くないのでこの機会に是非!

お値段は12000円

 

チランジア・フラゲラータ T. flagellata

 

 

チランジア・フラゲラータはエクアドル原産の固有種のチランジア。

標高600~1000m付近の乾燥した森林地帯の樹皮に着生して自生しています。

葉は弾力があり、全体にうっすらとトリコームが見られます。葉をロゼット型に展開しながら成長していき。

開花期には赤い分岐する花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は12000円

 

チランジア・フレグラントシスターズ T. Fragrant Sisters (T. reichenbachii X T. streptocarpa)

 

 

チランジア・フレグラントシスターズはチランジア・ライヘンバキーとストレプトカルパの交配種。

両親とも花に芳香のある種ですので、本種の花もとてもいい香りがします。

ちなみにフレグラントブラザーズという、ストレプトカルパとストラミネアの交配種も存在します。

お値段は1500円

 

チランジア・インカルナータ T. incarnata

 

 

チランジア・インカルナータ銀葉種の有茎種のチランジア。原産地はエクアドルで非常に大きなクランプを形成する。

チランジア・アルビダにも似た外見を持つ、本種のほうが茎が細めで葉が柔らかい、シルバーの色味もやや薄い。

本種は茎に沿って長く成長していき2mもの長さまで成長するクランプを形成することもあります。

また葉と茎は細く柔らかいのが特徴的。花序は非常に美しいバラ色をしており、大きくならずとも開花する。

お値段は2000円

 

チランジア・イオナンタ・エメラルドフォレスト T. ionantha Emerald Forest

 

 

 

チランジア・イオナンタ・エメラルドフォレストはチランジア・イオナンタ・栽培品種の一つ。

葉にトリコームが少ないのが特徴的で、とても綺麗な緑色をしています。

なかなか見かけない珍しいイオナンタですので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は12000円

 

チランジア・イオナンタ・エナノ T. ionantha Enano Clumps

 

 

チランジア・イオナンタ・エナノはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つで名前の通り大きく成長しない小型種のイオナンタ。

葉は基本種と比べるとやや明るい緑色をしており、基本種同様トリコームも見られ、葉は短めで柔らかいです。

開花期には赤く紅葉し、紫色の筒状の花を咲かせる。

管理は基本種と同様で問題ない、子株をたくさん出し小さいボール状のクランプへと成長し可愛らしい姿を見せてくれる。明るい日陰程度の光量で十分開花してくれるので直射日光は葉焼けの心配があるため避けた方が無難である。

お値段は2500円

チランジア・イオナンタ・グアテマラ T. ionantha Guatemala

 

 

 

チランジア・イオナンタ・グアテマラは名前の通り、グアテマラで採取されたイオナンタ。

綺麗なロゼット型に葉を展開するイオナンタでトリコームも厚く白っぽい外見をしています。

乾燥にも強く育てやすく丈夫で、コロンと可愛らしいのでオススメ!

お値段は900円

チランジア・イオナンタ・グアテマラ ハードリーフ T. ionantha Guatemala Hard Leaf

 

 

チランジア・イオナンタ・グアテマラ ハードリーフは、グアテマラで採取されたイオナンタの選抜品種。

名前の通り葉が硬質なイオナンタになります。

綺麗なロゼット型に葉を展開するイオナンタでトリコームも厚く白っぽい外見をしています。

乾燥にも強く育てやすく丈夫。

お値段は1200円

 

チランジア・イオナンタ・マッチョ T. ionantha Macho

 

 

 

チランジア・イオナンタ・マッチョはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

流通量の少ない珍しいイオナンタで、ユニークな名前からコレクターの間でも人気が高いです。

葉は多肉質で、うっすらとトリコームが見られます。

お値段は5000円

 

 

チランジア・イオナンタ・プレデター T. ionantha Predator

 

 

 

チランジア・イオナンタ・プレデターはイオナンタの栽培品種の一つ。

やや大きめに成長するイオナンタで、葉は柔らかめで、枚数も多く魅力的な姿をしています。

開花期に見せる独特な色合いも魅力的です。

流通量が少なく珍しいイオナンタ。

お値段は12000円

 

チランジア・イオナンタ・プレデター×ストレプトフィラ T. ionantha Predator x T. streptophylla

 

 

 

チランジア・イオナンタ・プレデター×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種。

イオナンタ・プレデターが交配に使われている非常に珍しい交配種。また人気あるストレプトフィラも交配に使われています。

まだリリースされたばかりでどんな姿へと成長してくれるのか分かりませんが、とても希少なのでコレクションにおすすめです!

お値段は15000円

 

 

チランジア・イオナンタ・ロン T. ionantha Ron

 

 

チランジア・イオナンタ・ロンはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

とてもユニークな姿へ成長してくれるイオナンタで、葉は短く密度が高いです。

葉は肉厚で、下向きにカールしていくので成長した姿はとても魅力的。

こちらの個体は葉のカールが美しいセレクト個体でオススメです!

お値段は8000円

 

チランジア・イオナンタ・ルブラ ハードリーフ T. ionantha Rubra Hard Leaf

 

 

チランジア・イオナンタ・ルブラ ハードリーフはチランジア・イオナンタ・ルブラの選抜品種。

名前の通り、葉が肉厚でやや硬質なのが特徴的です。

育て方は基本種のイオナンタと同様で問題ありません。

コレクターの方にオススメのチランジア!

お値段は1200円

 

チランジア・イオナンタ・スモウサイズホワイト T. ionantha Sumo Size White

 

チランジア・イオナンタ・スモウサイズホワイトはチランジア・イオアンタの栽培品種のうちの一つ。

大型のイオナンタであり葉数の多さ、葉の密集度合い、大きさどれをとっても素晴らしいイオナンタである。

葉は柑橘系の黄色がかった緑色をしており、通常より厚めのトリコームがあり、白く見える。

開花期には黄色く紅葉し、白い花を咲かせます。

育てるは難しくなく初心者でも安心です。

お値段は2500円

 

チランジア・イオナンタ・ツートーン T. ionantha Two Tone

 

チランジア・イオナンタ・ツートンはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

葉の全体がチェリーのような赤い場所と、レタスのようなグリーン場所が存在するのが特徴的な珍しいイオナンタ。

葉はやや肉厚でイオナンタ・フエゴにも似た形をしていますが、本種の方が大きく成長します。

開花期には全体が赤くなるので、ツートンの状態は開花期以外に見られます。

流通数も少なく探している方も多いのではないでしょうか?

お値段は7500円

 

チランジア・イオナンタ・ストリクタ T. ionantha var. stricta

 

 

チランジア・イオナンタ・ストリクタはその名の意味する「細い」という通りイオナンタのなかでも葉が細い変種になります。

柔らかい細い葉と丸い姿が可愛らしいイオナンタ。

また赤く紅葉した姿はなんとも綺麗なので、イオナンタコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

お値段は1200円

 

チランジア・ジョエル T. Joel (T. bulbosa X T. ionantha)

 

 

チランジア・ジョエルはチランジア・ブルボーサとイオナンタの交配種。

チランジア・レオJの逆交配にあたり、名前も逆さまになっているところがなんともにくいですね!

肉厚の葉と壺型な根元が魅力的な交配種。

葉の枚数も多く、コンパクトながら魅力的な姿へと成長してくれます。

開花期には赤く紅葉し、赤い短い花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は3000円

 

チランジア・キーボン T. Kybong (T. stricta X T. ixioides)

 

 

 

チランジア・キーボンはチランジア・ストリクタとイキシオイデスの交配種。

葉はやや柔らかめで、全体に白いトリコームが見られます。

葉の枚数は多めで、綺麗なロゼット型に成長します。

開花期には白に近い淡い花苞から黄色の花を咲かせます。

とても綺麗な花なので、オススメ!

お値段は2000円

 

チランジア・ランドベッキー T. landbeckii

 

 

チランジア・ランドベッキーはディアフォランテマ亜属の小型の銀葉種のチランジア。画像のように本種はクランプ状態で出回ることが多く一株は非常に小さい。

チランジア・ウスネオイデスやチランジア・ミオスラ、チランジア・レクルバータなどと同じディアフォランテマ亜属でもこもこと成長する。美しいトリコームを持ち非常に珍しく流通量も少ないので高価。

チリの砂漠地帯に生息しており、原産地では地上に大きなコロニーを形成している。その姿はなんとも美しい光景でそれを見れば本種の魅力もさらに増すことでしょう。

お値段は7500円

 

チランジア・レオジェイ T. Leo J (T. ionantha X T. bulbosa)

 

 

チランジア・レオジェイはチランジア・イオナンタとチランジア・ブルボーサ壺型種交配種。チランジア・ジョエル、T・Joel (T. bulbosa X T. ionantha)の逆交配種にあたります。名前も逆さまになっているところがなんともにくいですね!

両親の多くの最高な性質を組み合わせた交配種といわれており。全体がやや黄色味がかった姿としっかりした壺型のフォルムはとても魅力的。開花期以外でも紅葉し葉の先がブラキカウロスのように明るい赤色に染まります。

開花期にはさらにその色味を強くし、その輝きから目を守るのにサングラスが必要と言われています。

葉は多肉質でやや硬質。基本的には丈夫で育て易いですが、水遣りを多めにし水苔などの上に置いて管理すると調子が良い。

お値段は7000円

 

チランジア・レッツダンス T. Let’s Dance (T. streptocarpa X T. paleacea)

 

 

チランジア・レッツダンスはチランジア・ストレプトカルパとパレアセアの交配種。

情報の少ない、比較的新しい交配種で、親のパレアセアと同じく茎を伸ばしながら成長していく有茎種。

葉は肉厚で、ストレプトカルパに似ており、やや毛足の長い白く厚いトリコームが全体に見られます。

草姿も美しく、花にもきっと香りがあるため、成長するのが楽しみなチランジアですね。

お値段は2700円

チランジア・ライラックスパイアー T. Lilac Spire (T. duratii X T. stricta)

 

 

チランジア・ライラックスパイアーはチランジア・ドゥラティーとチランジア・ストリクタの交配種。

大きく成長する大型種の交配種で、ドゥラティーの葉の先端がカールする性質や有茎種の性質、ストリクタの密度の高い葉とロゼット型に展開する葉姿と非常に魅力的な葉姿を持っている人気の交配種。

管理は難しくなく丈夫で育てやすい。明るく風通しの良い湿度の高い環境を好む。

暗い環境で管理すると古い葉が枯れやすくなるべく明るいところで管理すると良い。

成長も早く新しい葉をどんどん出して成長してくれる。開花せずとも子株をだし見事なクランプに成長してくれる。30cmをゆうに超えるその姿はコレクションのメインにするのに最適である。

お値段は25000円

チランジア・リトルシェイバー T. Little Shaver (T. paleacea X T. macbrideana)

 

 

チランジア・リトルシェイバーはチランジア・パレアセアとマクブリデアナの交配種。

リリースされたばかりの交配種であまり情報がありません。

葉は細長らく、柔らかいです。葉の全体にシルバーグレーの厚いトリコームが見られます。

茎を伸ばしながら成長する有茎種。

成長速度が速く子株をよく出してクランプになります。

お値段は1200円

 

チランジア・リトルサンダー T. Little Thunder (T. ionantha X T. pueblensis)

 

 

チランジア・リトルサンダーはチランジア・イオナンタとチランジア・プエブレンシスの交配種。両親ともにコンパクトな小型種で、その両親の性質をよく受け継いでいるのがこのチランジア・リトルサンダー

白く産毛のような美しいトリコームとライトグリーンの葉色が美しい種で、葉は肉厚で弾力があります。

明るい光と風通しを好み、そういった環境では良く成長する。

お値段は6000円

 

 

チランジア・マルコーニ(マルコナ) T. marconae

 

 

 

チランジア・マルコナ(マルコーニ)はあまり流通していないマイナーなチランジア。銀葉種で有茎種、美しいトリコームとグレーの葉色が美しい美種。

良く子株を出しクランプになりやすいのが特徴で、同じ銀葉種の有茎種にチランジア・アルビダがあるがあのように大型にはならない葉も柔らかめ。どちらかというとチランジア・ステリフィラに近いが本種のトリコームの毛足は短い。

クランプになった姿はとても美しく育てるのも容易なため見かけたら是非育ててみると良い。

チリの砂漠地帯に生息していてチランジア・ランドベッキーなどと同じ場所に生育しているようである。

お値段は800円

 

チランジア・マーベラスマスターピース T. Marvelous Masterpiece (T. rothii X T. brachycaulos) (Seedling)

 

 

 

チランジア・マーベラスマスターピースはチランジア・ロシーとブラキカウロスの交配種。

オリジナルクローンの子株は非常に高価ですが、こちらは種で増やされた実生株なため安価になります。

葉は肉厚で、ライトグリーンの色みが美しいですね。

本種の特徴は開花期に見せる、非常に鮮やかな紅葉です。カールした美しい葉が真っ赤に紅葉する姿は是非育てて楽しんでほしいですね。

お値段は2000円

 

チランジア・ミスティックエアー T. Mystic Air (T. albertiana X T. aeranthos)

 

 

 

チランジア・ミスティックエアーはアルベルティアナアエラントスの交配種で、Mark Dimmitt氏が作ったチランジア・アルベルティアナを親としたミスティックシリーズの交配種の一つ。

アルベルティアナの赤い花とアエラントスの濃いブルーの花が合わさり非常に美しいルビーレッドの花を咲かせる美種。

葉は硬質で厚く多肉質。トリコームはうっすらとしており緑葉種のような葉をしている。アエラントスの性質で茎を伸ばしながら成長する有茎種である。

お値段は2000円

 

チランジア・ナイス N ストレイト×ストレプトフィラ T. Nice N Straight x T. streptophylla

 

 

 

チランジア・ナイス N ストレイト×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種。

まだリリースされたばかりの交配種で、情報も少なくいったいどんな姿へと成長してくれるのか楽しみです。

しかしストレプトフィラが入っているので、魅力的な姿へと成長してくれそうです。

お値段は8000円

 

 

チランジア・パレアセア・エナノ T. paleacea Enano

 

 

 

チランジア・パレアセア・エナノはチランジア・パレアセアの栽培品種の一つ。

名前の通り小型のパレアセアで、基本種同様に茎を伸ばしながら成長する有茎種。

葉は硬質で、葉の全体に毛足の長い白いトリコームが見られます。葉は短めで、枚数も多いので、とっても可愛らしいです。

丈夫で育てやすいので、初心者でもオススメです。

お値段は1200円

 

チランジア・ポルツィ T. polzii

 

 

チランジア・ポルツィはブラジル原産のチランジア。

ブラジルの固有種で、リオグランデ・ド・スル州ミナ・マカク(カサパバとバジェの間)の岩の上で採取されました。

葉はやや硬質でトリコームがあまり見られない緑葉種。アエラントスに良く似ており、花もピンクの花苞から青紫色の花を咲かせます。

丈夫で育てやすくクンラプにもなりやすいのでオススメです!

お値段は8000円

 

チランジア・RNR T. R N R (T. rothii X T. roland-gosselini)

 

 

チランジア・RNRはチランジア・ロシーとローランドゴッセリーニの交配種。

流通数が少なく、情報の少ない交配種。

両親とも大きく成長する大型種なので、本種も大きく成長しそうです。

また緑葉種同士の交配種で、葉の色がグリーンで美しいですね!

お値段は9000円

 

チランジア・リーガルルネ T. Regal Rene (T. streptophylla X T. chiapensis)

 

 

チランジア・リーガルルネはチランジア・ストレプトフィラとチアペンシスの交配種。

人気種同士の交配種で、本種も非常に魅力的な姿をしている壺型種ます。

葉は肉厚で、全体に白く美しいトリコームが見られます。根元はどっしりと壺型で、葉は綺麗なカールをしています。

色もうっすらとピンク色で独特な葉の色をしており、とても魅力的です。

今回入荷したものは非常に美しい個体ですので、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は65000円

 

チランジア・レトルタ T. retorta

 

 

チランジア・レトルタはディアフォランテマ亜属の小型のチランジア。同じディアフォランテマ亜属のチランジア・アンディコーラに似た外見を持つが本種のほうが葉が硬く曲線を描くように葉を伸ばす。一株で見ると平らな姿をしており短いながらも有茎種のように茎を伸ばしながら成長している。

レトルタの葉は硬質で全体にトリコームが出ているがやや緑が強い葉色をしている。葉を交互に出しながら茎を伸ばして成長していき葉は外側に曲線を描いて展開する。

花は小さく目立たないがクリーム色をした可愛らしい花を咲かせる。本種は自家受粉するので良く種をつける。

管理は難しくなく直射日光を避けて明るい日陰や半日陰の風通しの良いところで管理すると良い。子株を良く出しボール状にクランプになるためそのつもりで流木などに着生させてあげよう。特に着生させなくとも良く成長してくれるので風通し良く管理するのがポイントである。

お値段は2000円

チランジア・シルバークイーン T. Silver Queen (T. jalisco-monticola X T. xerographica)

 

 

チランジア・シルバークイーンはチランジア・ハリスコモンティコラとキセログラフィカの交配種。

大きく成長する大型種で、75cm以上に成長することもあるそうです。

葉は肉厚で、全体に白いトリコームが見られます。名前の通りとても美しい銀葉をもっており、とても魅力的な交配種です。

開花期には分岐する大きなグリーン、黄色、オレンジ、赤などが混じるカラフルな花序を出して開花します。

お値段は4500円

 

チランジア・ストレプトフィラ T. streptophylla

 

 

 

チランジア・ストレプトフィラは非常に美しいフォルムと花をもつ壺型種を代表するチランジア。自生地ではチランジア・セレリアナ同様、葉と葉の間の空間にアリが巣を作る「アリ植物」としても有名です。

でっぷりとした壺型のフォルムとくるくるとカールした多肉質の葉が魅力的でトリコームも良くでて非常に美しい。

花も非常に魅力的で分岐する赤い花苞から紫の筒状の花を咲かせます。

性質は非常に丈夫で乾燥にも耐えよく成長する。良く発根するため着生させるか素焼きの壺などに植えつけると良く成長する。

丈夫で育てやすいのでオススメ!そして見た目がとっても可愛いですね!

お値段は900円

 

チランジア・ストリクタ・アルビフォリア T. stricta var. albifolia

 

チランジア・ストリクタ・アルビフォリアはチランジア・ストリクタの変種の一つ。

ブラジルはエスピリト・サント州で採取された、ストリクタで青色の混じったような白い花を咲かせるのが特徴的です。

葉は肉厚で基本種と比べるとトリコームも多めです。

とても美しいストリクタなので、ぜひ育ててみてください。

お値段は2000円

 

チランジア・ストゥペンド T. Stupendo (T. Houston X T. leonamiana)

 

 

チランジア・ストゥペンドはチランジア・ヒューストンとレオナミアナの交配種。

とても大きく成長する大型種でこのままの姿で30cmほどまで成長します。

白く美しい葉を持ち、沢山の葉を密に出すため美しい草姿から人気の交配種。

お値段は9000円

 

チランジア・サブテレス T. subteres

 

チランジア・サブテレスはホンジュラス固有種のチランジア。

ホンジュラスは標高800~1000m、フランシスコ モラサンで採取されました。

葉は肉厚で、うっすらとトリコームが見られます。葉の枚数も多く綺麗なロゼット型へ成長してくれます。

流通数が少なく、希少なチランジアでほぼ見かけないためこの機会にいかがでしょうか?

お値段は22000円

 

チランジア・タウニーイエロー T. Tawny Yellow (T. crocata X T. mallemontii)

 

 

チランジア・ラウにーイエローはチランジア・クロカータとマレモンティーの交配種。

香りの良い花を咲かせるチランジア同士の交配種で、本種の花の香りも楽しみです。

葉は細く、白いトリコームが全体に見られます。茎を伸ばしながら成長していきます。

開花サイズは小さめで、開花期には山吹色の三枚花弁の花を咲かせます。

お値段は1500円

 

チランジア・テクトラム・ファジーボール T. tectorum Fuzzball

 

チランジア・テクトラム・ファジーボールはチランジア・テクトラムの栽培品種の一つ。

基本種よりも小型で、葉も短いですが、トリコームの毛足が長いのが特徴的です。

あまり大きくならずころんと丸く成長していくので、とても可愛らしいですね。

乾燥に強く丈夫ですが、明るく風通しのよいところで、育ててあげてください。

お値段は1600円

 

チランジア・テヌイフォリア・ボンソールビューティー T. tenuifolia Bonsall Beauty

 

 

チランジア・テヌイフォリア・ボンサールビューティーはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種のうちの一つで有茎種。チランジア・テヌイフォリア・シルバーコームと似た外見を持つが葉の緑色が強く、より細く長く伸びるのが特徴。名前の由来はサンディエゴの北部ボンサールから。

葉は細くシャープでトリコームがあまり見られない緑色をしている。大きくなっても葉の長さはあまり変わらない。葉を出しながら茎を伸ばし成長していく。

花はピンク色の花序から白い三枚花弁の花を咲かせる。

今回入荷したものはとても長く魅力的!

お値段は5000円

 

チランジア・テヌイフォリア・エメラルドフォレスト ゼブリナ T. tenuifolia Emerald Forest Zebrina

 

 

チランジア・テヌイフォリア・エメララルドフォレスト ゼブリナはチランジア・テヌイフォリア・エメラルドフォレストの選抜品種。

葉にうっすらとゼブラ模様が入るのが特徴なのですが、チランジア・イオナンタ・ゼブリナのようにトリコームが無いわけではなく、模様のように葉に縞々が入ります。

とても希少で、流通数の少ないチランジアなので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は20000円

 

チランジア・テヌイフォリア・エベンシオ T. tenuifolia Evencio

 

 

チランジア・テヌイフォリア・エベンシオはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種の一つ。

やや多きめのテヌイフォリアで、葉は硬質で、一方方向へ反るような姿で成長していきます。

開花期にはピンク色の花苞から白い花を咲かせます。

お値段は1500円

 

チランジア・テヌイフォリア・シルバーコーム T. tenuifolia Silver Comb

 

 

 

チランジア・テヌイフォリア・シルバーコームはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種のうちの一つで、茎を長く伸ばす有茎種タイプ。

名前のシルバーコームは「銀色のくし」という意味で通常は緑色の強い葉のテヌイフォリアですが、こちらはトリコームが濃くやや白っぽいです。

今回入荷したものはとても長く、おすすめです!

お値段は5000円

 

チランジア・ザ パーフェクトブレンド T. The Perfect Blend (T. Lucille X T. bulbosa)

 

 

チランジア・ザパーフェクトブレンドはチランジア・ルシールとチランジア・ブルボーサの交配種。片親のチランジア・ルシールも交配種でありチランジア・エーレルシアナとチランジア・ストレプトフィラ交配によってつくられている。全ての親が壺型種であり、本種は非常に美しい壺型に成長する人気のある交配種。

チランジア・エーレルシアナの美しいトリコームと大型化する壺型、ストレプトフィラのくるりとカールする葉とライトグリーンの色味、ブルボーサの魅力的なフォルムが合わさった特別な交配種。葉は多肉質でうねるように四方へと伸びていく、壺型の部分にしっかりとトリコームが出ており非常に美しい。どのチランジアにもない魅力的な姿へと成長してくれる。

成長スピードは並で遅くもなく、早くもない。素焼きの鉢に水苔などを入れうえつけてやると調子が良い。

お値段は16000円

 

チランジア・ザ センチネル T. The Sentinel (T. paucifolia X T. caput-medusae)

 

 

チランジア・センチネルはチランジア・パウシフォリアとチランジア・カプトメデューサの交配種。

美しいつぼ型フォルムとうねる葉っぱが魅力的で、成長点付近が濃い紫色をしているのも特徴的です。

均整の取れたフォルムがなんとも美しいなかなかいい交配種です。

お値段も手頃なのでオススメですよ!

お値段は2500円

 

チランジア・アッパークラス T. Upper Class (T. rothii X T. xerographica)

 

 

チランジア・アッパークラスはチランジア・ロシーとキセログラフィカの交配種で、ベストインクラスの逆交配。

美しいフォルムと白く輝くトリコームが人気の交配種。

最近は入荷少なく、手に入りにくいためこの機会にいかがでしょうか?

お値段は10000円

 

チランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーロホ T. Victoria Red Splendor Rojo (ionantha X T. brachycaulos)

 

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーロホは交配種であるチランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーの選抜品種。

Rojoとは赤いという意味を持っており、基本種よりも赤くなることが伺えます。

チランジア・ヴィクトリアと比べると葉のトリコームが細かく葉が白く見える。またとても葉が柔らかいです。

強光下では葉が赤く色づき非常に綺麗です。

お値段は2000円

 

チランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーワイドリーフ T. Victoria Red Splendor Wide Leaf (ionantha X T. brachycaulos)

 

 

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーワイドリーフは交配種であるチランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーの選抜品種。

ワイドリーフの名前通り、基本種よりも葉が幅広いのが特徴的です。

チランジア・ヴィクトリアと比べると葉のトリコームが細かく葉が白く見える。またとても葉が柔らかいです。

強光下では葉が赤く色づき非常に綺麗です。

お値段は2000円

 

チランジア・ウイナーズサークル T. Winner’s Circle (T. Houston X T. aeranthos)

 

チランジア・ウィナーズサークルはチランジア・ヒューストンとチランジア・アエラントスの交配種。比較的新しい交配種であり、両親の性質のいいところが出た非常に美しいアエラントスという外見を持ちます。

葉はアエラントスの性質を受け継ぎ硬質でしっかりとしており、ヒューストンの性質から全体にトリコームが出てシルバーの色味が美しく出ます。また本種は葉の枚数が多く密に出すその草姿も魅力的。

開花期には濃いピンク色の花苞を出しそこから濃い青味がかった紫色の三枚花弁の花を咲かせます。濃いピンクの花苞と青紫の花のコントラストは非常に華やかなので是非楽しんでもらいたい。

性質は丈夫で育てやすく、成長速度はややゆっくり。明るく風通しの良いところで管理してやれば問題なく育てられます。

お値段は2700円

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA