【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・中編【チランジア・ティランジア】

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・中編【チランジア・ティランジア】

 

 

 

前編はコチラ!

【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・前編【チランジア・ティランジア】

 

後編はコチラ!

【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・後編【チランジア・ティランジア】

 

 

入荷チランジア一覧 それでは中編スタート!

 

チランジア・エクステンサ T.extensa

 

 

チランジア・エクステンサはペルーはアンカシュ県原産のチランジア。

自生地は500~2500mの険しい岩壁に自生しています。

葉は肉厚で硬質、グレーの色味が強い葉がなんともかっこいいですね。

環境次第で葉には赤みがでるためとっても綺麗です!

開花期には多岐に分かれるグリーンの花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は1500円+税

 

チランジア・ファシクラータ・ホンジュレンシス T.fasciculata ‘Hondurensis’

 

 

チランジア・ファシクラータ・ホンジュレンシスはチランジア・ファシクラータの変種の一つでしたが、現在は栽培品種として登録されています。

名前の通りホンジュラスに自生するファシクラータで基本種と比べると葉が銀葉でトリコームが非常に厚い。

また開花期に見せる花序も変わっていて、先端は丸く平べったい、そして色も黄色、緑、赤のグラデーションになっているという珍しいファシクラータ。

とっても珍しく美しいのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は8000円+税

 

チランジア・フレクスオーサ・グランドケイマン T.flexuosa ‘Grand Cayman’

 

 

チランジア・フレクスオーサ・グランドケイマンはチランジア・フレクスオーサの栽培品種の一つ。

フレクスオーサ同様大きくなる大型種で、葉が捩れるように成長し、縞模様がはっきりと出るのが特徴的です。

あまり流通していない珍しい種ですのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は12000円+税

 

 

チランジア・フネブリス T.funebris

 

 

チランジア・フネブリスはディアフォランテマ亜属の小型のチランジア。

ボリビア、アルゼンチン、パラグアイにかけて分布していて、標高は500~850mの乾燥した森林地帯の樹木に着生しています。

葉はとても硬質で、全体にトリコームが見られます。

開花サイズは2~3cmで珍しい、黒茶色の三枚花弁の花を咲かせます。

お値段は2500円+税

チランジア・ゲミニフローラ T.geminiflora

 

 

チランジア・ゲミニフローラはブラジルからアルゼンチンにかけて分布するチランジア。

ピンク色の花序からピンク色の花を咲かせ、花苞から出る花が二つセットになっていることからこの名前がつけられたそうです。

非常に水を好み、乾燥に弱いですが、花は非常に美しいのでオススメです。

お値段は3000円+税

 

チランジア・グラブリオール T.glabrior

 

 

 

チランジア・グラブリオールはメキシコ原産の大きくならない小型の銀葉種のチランジア。以前はシーディアの亜種として知られていたが現在はひとつの種として再分類された。黄色い花を咲かせるグラブリオール・イエローフラーフォームとピンクの花を咲かせるグラブリオール・ピンクフラワーフォームとが存在する。

葉は肉厚でやや硬質。全体に荒めのトリコームが現れており、うねるような葉は非常にユニークな見た目をしている。

開花期には花序を伸ばしピンク色もしくは黄色の筒状の大きな花を咲かせる。黄色の筒状の花はチランジアの中でも珍しいため是非コレクションに加えていただきたい。

お値段は2000円+税

 

チランジア・グロボーサ T.globosa

 

 

チランジア・グロボーサはブラジルからベネズエラにかけて分布するチランジア。

標高525~850mの森林地帯の樹木に着生していています。

葉は柔らかく細くブラシのようです。

開花期には赤い花序から赤ピンク色の花を咲かせます。

水を好みますので、水やりはしっかりとしてあげたほうが調子よく成長してくれます。

お値段は3500円+税

 

チランジア・ゲルジー T.guelizii

チランジア・ゲルジーはアルゼンチンの最北部のフフイ州に自生するチランジア。

標高1200m以上の山間部で夏は暑く、冬は寒く乾燥する温帯夏雨気候で昼夜の寒暖差も激しい地域に自生していいます。

開花期には赤い分岐する花序から白く小さな花を咲かせます。

珍しいチランジアなのでコレクションにいかがでしょうか?

お値段は4000円+税

チランジア・ヘテロモルファ T.heteromorpha

 

チランジア・ヘテロモルファはペルー北部の高山地帯の岸壁に自生する有茎種のチランジア。

テクトルムと近縁種でトリコームの毛足が長くフワフワとしていて可愛らしいです。

成長はゆっくりですが、クランプになった姿はとっても綺麗です。

お値段は1500円+税

チランジア・ホンジュレンシス T.hondurensis

 

チランジア・ホンジュレンシスはホンジュラス原産のチランジア。本種は非常に美しい外見を持つチランジアでありチランジア・ハリシーの近縁種。

標高1400m程度のところに自生しており、近年では個体数が減少傾向にあり希少なチランジア。

葉は柔らかく非常に厚みがあり全体に美しいトリコームをまとっている。葉はややピンクがかっておりトリコームの白さとあいまって非常に美しい草姿が魅力的。

お値段は10000円+税

 

チランジア・ファラゼンシス T.huarazensis

 

 

チランジア・スファエロセファラをそのまま大きくしたような外見をしていて、ダークグリーン金属質の光沢ある肉厚な葉がなんともかっこいいですね!

開花期にはカラフルで見応えたっぷりの花序をだします。

栽培はやや気難しいですが、素焼きの鉢にミズゴケで植え付け、半タンクタイプのようにかんりしてやると調子よく成長します。

今回入荷したものは葉が幅広で肉厚!

お値段は16000円+税

 

チランジア・インターメディア T.intermedia

 

 

 

チランジア・インターメディアは葉が内側にくるっとカールする魅力的なフォルムな壺型種。本種はヴィヴィパラ種なので開花後に花茎からいくつも子株を出す。

葉はライトグリーンで美しく、肉厚で柔らかめ。チランジア・カプトメデューサにも良く似ている。

乾燥に強いが本来は水が好きなため水遣りの頻度を多くしてやると調子が良い、また夏場に暑がることがあるため夏場涼しく風通しの良いところで管理してあげると良い。素焼きの鉢に植え込むのも効果的。

お値段は2500円+税

 

チランジア・インターメディア×パウシフォリア T.intermedia x T.paucifolia

 

チランジア・インターメディア×パウシフォリアはその名の通り二つの交配種

壺型種同士の交配種で流通量が少なくあまり情報がありません。

葉は肉厚で硬質、葉の色味はやや暗色でかっこいい雰囲気があります。

本種はヴィヴィパラ種なのかも不明ですが、育ててみる価値はあると思います!

お値段は3500円+税

 

チランジア・イオナンタ・フエゴ T.ionantha ‘Fuego’ clamp

 

チランジア・イオナンタ・フエゴはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つでフエゴとはスペイン語で火を意味しています。

開花期に赤くなるイオナンタの中でもトップクラスに発色が良く、まさに名前の通り火のように真っ赤に紅葉してくれます。

またフォルムも基本種とくらべるとやや細身で細長い形をしています。

寒さにやや弱い面もありますが、丈夫で育てやすいのでオススメです!

お値段は1800円+税

 

 

チランジア・イオナンタ・ピーナッツ T.ionantha ‘Peanut’

 

チランジア・イオナンタ・ピーナッツはチランジア・イオナンタの変種のうちの一つ。

正式にはTillandsia ionantha var.strictha forma fastigiata(イオナンタ・ストリクタ・ファスティギアータ)という名前ですが、ピーナッツという名前で親しまれています。

小型のイオナンタでぎゅっと詰まった葉姿がなんとも可愛らしいですね!

育てやすいですが、夏の暑さに弱いところがありますので夏場の管理にはきをつけてあげてください。

入荷しているものは成長するにつれやや葉っぱが開いてくる個体です。

お値段は1200円+税

 

チランジア・イオナンタ・ビッグボーイ T.ionantha ‘Big Boy’

 

 

チランジア・イオナンタ・ビッグボーイはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

名前の通り大きく成長するイオナンタで、葉がぎっしりと詰まった姿はとっても魅力的です。

基本種同様育てやすいためおすすめです!

お値段は2200円+税

 

チランジア・イオナンタ・クレステッドフォーム T.ionantha ‘Crested Form’

チランジア・イオナンタ・クレステッドフォームはイオナンタの栽培品種の一つ。

クレステッドフォームは綴化という成長点が帯状に増える突然変異のことで、成長点が複数あるため葉がどんどん増えていきます。

クンラプになった姿はとても魅力的で、開花時には真っ赤に紅葉するためとても綺麗です。

栽培は基本種同様簡単なのでおすすめです!

お値段は12000円+税

 

チランジア・イオナンタ・カーリージャイアント T.ionantha ‘Curly Giant’

チランジア・イオナンタ・カーリー・ジャイアントはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

非常に大きく成長するイオナンタで上手く育てることができれば30cmほどまで成長してくれます。

葉は肉厚で、成長してくるにつれて葉の先端が下向きにカールしていきます。

開花期には濃い赤色に紅葉し紫色の花を咲かせます。

お値段は9000円+税

 

チランジア・イオナンタ・ファイアークラッカー T.ionantha ‘Firecracker’

チランジア・イオナンタ・ファイアークラッカーはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

「爆竹」を意味する名前をつけられたイオナンタで、葉の発色に特徴があります。

基本種同様育てやすいためおすすめです。

お値段は2000円+税

 

チランジア・イオナンタ・ファウンテン T.ionantha ‘Fountain’

 

チランジア・イオナンタ・ファウンテンはイオナンタの栽培品種の一つ。

「噴水」を意味する名前をつけられたイオナンタで、葉は肉厚で外側にカールするような姿をしています。

育てるのは基本種同様難しくないためオススメです。

お値段は2000円+税

 

チランジア・イオナンタ・マキシマ・アルビノ T.ionantha var. maxima ‘Albino’

 

チランジア・イオナンタ・マキシマ・アルビノはチランジア・イオナンタ・マキシマの栽培品種。

やや大きく成長するイオナンタで、開花期には黄色く紅葉し紫色の花を咲かせます。

葉がライトグリーンなのも可愛らしいですね。

基本種同様育てやすいく、今回入荷したものはいいサイズでとってもオススメです!

お値段は2800円+税

チランジア・イオナンタ・マキシマ T.ionantha var. maxima

チランジア・イオナンタ・マキシマはかつてはチランジア・イオナンタ・ウメルラ Tillandsia ionantha Huamelula と呼ばれていたが変種として再分類されました。

メキシコ原産のチランジアでイオナンタの中では大きく成長します。

葉は柔らかく弾力があり、全体に美しいトリコームを持つ。開花期以外でも葉の先がうっすらと色づいている美しい種。全体的に基基本種と比べると白っぽいのが特徴的である。

開花期には基本種同様、赤く紅葉し紫色の筒状の花を咲かせる。

今回入荷したものはやや大きめでオススメです!

お値段は2800円+税

 

チランジア・イオナンタ・メキシコ T.ionantha ‘Mexico’ clump

チランジア・イオナンタ・メキシコはチランジア・イオナンタのメキシコで採取された株になります。

葉がやや短めで肉厚、トリコームが全体に粗く現れます!

開花期には赤く紅葉し紫色の花を咲かせます。

育てやすく丈夫で初めての方でも安心して育てられます。

お値段は1000円+税

 

チランジア・イオナンタ・ロン T.ionantha ‘Ron’

チランジア・イオナンタ・ロンはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

とてもユニークな姿へ成長してくれるイオナンタで、葉は短く密度が高いです。

葉は肉厚で、下向きにカールしていくので成長した姿はとても魅力的。

あまり流通しない珍しいイオナンタなので、この機会に是非!

お値段は2200円+税

チランジア・イオナンタ・ロシータ×マグヌシアーナ T.ionantha ‘Rosita’ × magnusiana

チランジア・イオナンタ・ロシータ×マグヌシアーナはその名の通り二つの交配種。

葉は柔らかく細くトリコームが白く美しい交配種で、草姿の美しい美種です。

葉に赤みが出た姿はさらに美しく、あまり大きく成長しないため場所もとりません。

お値段は7000円+税

 

 

チランジア・イオナンタ・セレクトラージ T.ionantha ‘Selecta Large’

チランジア・イオナンタ・セレクトラージはチランジア・イオナンタの選抜品種。

基本種のイオナンタよりも大きく成長します。

基本種同様育てやすいためおすすめです!

お値段は800円+税

 

チランジア・イオナンタ×コンコロール T.ionantha x T.concolor

チランジア・イオナンタ×コンコロールはその名の通り二つの交配種。

葉はやや硬質で、全体にうっすらとトリコームが見られます。

葉を外側に開くように成長していき美しい草姿へ成長していきます。

お値段は2000円+税

 

チランジア・カルヴィンスキアナ T.karwinskyana

 

チランジア・カルビンスキアナはメキシコ固有のチランジア。

チランジア・アルビダのように白く美しい外見をもっているが、カルビンスキアナは有茎種ではなく茎を伸ばさずに葉をまっすく伸ばして成長する。

非常に白く美しいトリコームを持った人気のある種で、緑色の筒状の花を咲かせる珍しい種でもある。

お値段は1500円+税

 

チランジア・ケゲリアナ×ロシー T.kegeliana x T.rothii

チランジア・ケゲリアナ×ロシーはその名の通り二つの交配種。

美しい葉の色をもった緑葉種の交配種で、葉は硬質でトリコームはあまりありません。

開花期にはカラフルな分岐する花序をだしこちらも見事!

育てやすくおすすめの交配種です。

お値段は4000円+税

 

チランジア・クルコフィアナ T.krukoffiana

チランジア・クルコフィアナはボリビア原産のタンク系のチランジア。

葉は柔らかく黒紫色をしていてとても綺麗です。

非常に大きく成長する大型タンクで60cm以上に成長する模様。

開花期にはこれまた大きなピンク色の多岐に分岐する花序をだして紫色の花を咲かせます。

今回入荷したものは小さいサイズでお買い求めやすいです!

お値段は12000円+税

 

 

チランジア・クントゼアナ(クントジアナ) T. kuntzeana

チランジア・クントゼアナはボリビア原産のチランジア。

自生株は一株しか確認されておらず、流通している株はボリビアはコチャバンバの標高1300mに自生していたタイプ標本株のクローンになります。

葉は肉厚で、トリコームがうっすらとあり、グレーがかった葉の色をしています。

開花期以外でも葉に赤みをもつ美しい種で、開花期には赤く染まり短い赤い花序から紫色の筒状の花をさかせます。

お値段は4000円+税

 

チランジア・ラティフォリア・エナノレッド T.latifolia ‘Enano Red’

チランジア・ラティフォリア・エナノレッドはチランジア・ラティフォリアの栽培品種のひとつ。

基本種と比べるととても小型で、葉が肉厚の有茎種

葉は赤みをもっておりとても魅力的な姿をしています。

お値段は2000円+税

 

チランジア・ラティフォリア・スパイラル T.latifolia ‘Spiral’

チランジア・ラティフォリア・スパイラルはチランジア・ラティフォリアの栽培品種の一つ。

新しく作出されたばかりであまり情報がありません。

名前の通り葉が螺旋状に展開するのか、期待のチランジア。

基本種と比べると葉がかなり硬質で肉厚です。

お値段は2000円+税

 

チランジア・レオナミアナ T.leonamiana

チランジア・レオナミアナは白く美しいトリコームを持つ人気のあるチランジア。

美しい外見もさることながら、開花期に出すオレンジ色がかった花苞も珍しいためとってもオススメ!

育てやすく丈夫なので安心して育ててもらえます。

お値段は2800円+税

 

チランジア・リンバータ T.limbata

チランジア・リンバータはメキシコ原産のチランジア。

大きく成長する大型種で、葉にはあまりトリコームのない緑葉種

葉は柔らかく、弾力があります。

開花期には非常に長く多岐に分岐する花序を出してライトグリーン筒状の花を咲かせます。

水と湿度を好みますので鉢植えでの管理がオススメです!

お値段は4000円+税

 

チランジア・ロリアセア T.loliacea

 

チランジア・ロリアセアはブラジルからペルーにかけて広範囲に自生するディアフォランテマ亜属の小型のチランジア。

乾燥地帯に生息していることで乾燥にはやや強く育てやすいですね。

子株も良く出してクランプになります。

お値段は1200円+税

 

チランジア・マクブリデアナ T.macbrideana

チランジア・マクブリデアナはペルー原産のチランジア。

ペルーは標高2100~2750mの崖の岩に着生して自生しています。

シルバーがかった葉が美しい有茎種で、開花期にみせる赤い花序からピンク色の三枚花弁の花を咲かせる姿もとても可憐です。

夏の暑さにやや弱いところがあるため、夏場は涼しいところで管理するのがオススメです。

お値段は4000円+税

 

チランジア・マリティマ T.maritima

チランジア・マリティマはメキシコ原産のチランジアで海岸近くの高い森に自生しています。

日本人の松田氏によって登録されたチランジアでライトグリーンカールする美しい葉が特徴的です。

開花期にはエメラルドグリーンの多岐に分岐する花序を出す姿はとても美しいですね。

お値段は9000円+税

チランジア・ミカンス T.micans

チランジア・ミカンスはペルー原産のチランジア。ペルー南部のクスコという場所で、標高3000mの高山地帯の岩場斜面に自生しています。

葉は肉厚で金蔵のような光沢のあるシルバーグレー葉がとても綺麗なチランジア。

開花期には赤い花序から白い可憐な花を咲かせます。

お値段は3500円+税

 

チランジア・ミマ・ミマ T.mima var. mima

チランジア・ミマ・ミマはコロンビアからエクアドルにかけて自生するチランジア。

標高650~1885mにかけて自生しており、乾燥し茂みの中にいたり、崖の岩に着生していたりと自生の仕方はバリエーション豊か。

ミマ・チリテンシスは多く流通していますが、本種はあまり流通しない珍しい種で、

葉は肉厚で、グレーがかった白い色はとても魅力的です。

お値段は12000円+税

 

 

前編はコチラ!

【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・前編【チランジア・ティランジア】

 

後編はコチラ!

【Frontier Plants】オンラインストア4月27日120種類以上!入荷予定商品の紹介・後編【チランジア・ティランジア】

 

Leave a Reply

CAPTCHA