【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・後編【エアプランツ】

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・後編【エアプランツ】

 

 

 

皆様こんにちは!2018年12月15日の新入荷品のお知らせです。

素敵なチランジア達がたくさん入荷しております!

今回はあまり出回らない珍しい種からお求め安い種まで幅広く種類豊富なため、是非この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は2018年12月15日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

前編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・前編【エアプランツ】

 

中編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・中編【エアプランツ】

 

 

入荷予定チランジア一覧

 

 

チランジア・パウシフォリア×ストレプトフィラ T.paucifolia × streptophylla

 

 

チランジア・パウシフォリア×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種

壺型種同士の交配種で、魅力的な姿へと成長してくれます。

葉はとても肉厚で弾力があり、ストレプトフィラの性質が強いのか葉はうねりながら横へと広がっていきます。

魅力的な交配ですので、この機会に是非!

お値段は3000円+税

 

チランジア・ペディセラータ T.pedicellata

 

チランジア・ペディセラータはボリビア原産のディアフォランテマ亜属の小型チランジア。

チランジア・アイゾイデスにも似た外見を持つが本種のほうが葉が細く小さい。

また葉を開かず茎に沿ってびっしりと成長していく。大きくなっても3~4cmほどで非常に小さい。根を広く張り巡らすという特徴もあります。

葉は非常に小さく細い。トリコームがありまるで屋根のタイルや爬虫類の鱗のようにびっしりと茎に沿って葉を展開するのが特徴的。

花は小さく明るい黄色(ミモザ・イエロー)の花を咲かせる。チランジア・トリコレピスやチランジア・アイゾイデスと違い花茎を伸ばさずそのまま開花する。

お値段は2500円+税

 

チランジア・ポリタ・エロンガータ T.polita var. elongata

 

 

チランジア・ポリタ・エロンガータはチランジア・ポリタの変種の一つ。

本種はメキシコで採取されましたが、詳しいことはあまりわかっていません。

基本種と比べると葉が硬質で、トリコームも白く全体に現れています。

あまり流通しないため、この機会にいかがでしょうか?

またとてもがっしりとした株ですので、オススメ!

お値段は3800円+税

 

チランジア・プルイノーサ・ジャイアント T.pruinosa ‘Giant’

 

こちらはなんとも珍しいプルイノーサのジャイアントフォーム!コロンビアフォームと違い、プルイノーサ本来の姿を保ったまま巨大化してくれます。

魅力的な壺の部分はテニスボールほどまで大きくなり、とっても魅力的です!

管理は通常のプルイノーサと同じで問題ないので初心者でもオススメです!

お値段は4600円+税

チランジア・レクルバータ T.recurvata

 

チランジア・レクルバータは通称モスボールと呼ばれており、成長が早く子株をどんどん増やして丸くボール上に成長してくれます。

とても育てやすく、ウスネオイデスのような感覚で管理してあげると調子よく成長してくれます。

自生地では電線などに絡み付いて丸くなってる姿はとっても面白いです。

子株をたくさん出し生育旺盛なので育てやすいです!

お値段は500円+税

チランジア・ロンボイデア T.rhomboidea

 

チランジア・ロンボイデアはコスタリカのサンラモン原産のチランジア。

標高500m~1000mの地上に自生しています。

葉は肉厚で、ダークグリーンの葉がとても美しいです。

開花期には赤い花序から紫色の花を咲かせます。

なかなか流通しない珍しいチランジアなのでこの機会に是非!

お値段は10000円+税

 

チランジア・ロドリゲジアナ×ブラキカウロス T.rodrigueziana × brachycaulos

 

チランジア・ロドリゲジアナ×ブラキカウロスはその名の通り二つの交配種。

細長いグリーンの葉を密に展開し、葉は柔らかくトリコームもほとんどありません。

開花期には葉が赤く紅葉し、赤い花序を出して開花します。

乾燥にはそれほど弱くありませんが、水を好むため、しっかりと水やりをしてあげてください。

 

チランジア・ルベラ T.rubella

 

 

チランジア・ルベラはボリビアからエクアドルにかけて自生しているのタンクタイプのチランジア。

葉は薄くやや硬質。開花期には真っ赤なトゲトゲした花序を出します。

育てるのはやや難しく鉢植え管理で夏の暑さにもきをつけてあげたほうがいいです。

お値段は4000円+税

 

チランジア・シャッツリー T.schatzlii

チランジア・シャッツリーはメキシコ原産の銀葉種のチランジア。本種は小型種のチランジアであり開花サイズは10cmほどである。美しい葉色とトリコームを持つ美種。

葉は肉厚で硬質、トリコームも暑くシルバーの色味と金属質の光沢が美しい。白く美しい幅広の葉をロゼット型に展開して成長していく。

開花期には棒状の花苞を出し紫色の筒状の花を咲かせる。

栽培は難しくなく、明るく風通しの良い環境で問題ない。やや寒さに弱いため冬季の管理は気をつけ10℃以上を保つようにすると良い。長時間濡れた状態がだと腐りやすいため注意する。

お値段は2500円+税

 

チランジア・シュステリー T.schusteri

チランジア・シュステリーはメキシコ原産のチランジア。

メキシコはオアハカ州、標高1300~1500mの切り立った岩場に自生しています。

厚いトリコームと肉厚の葉っぱがなんとも魅力的な銀葉種

開花期には赤い花序から黄色の花を咲かせます。

お値段は1500円+税

 

チランジア・セクンダ T.secunda

 

チランジア・セクンダはエクアドル原産のチランジア。

とても大きく成長する大型種で、開花後に花茎の途中から子株を出すヴィヴィパラ種でもあります。

葉にはやや光沢があり、大きく成長するヴィヴィパラ種の性質もあって非常に魅力的でオススメなチランジア。

育てやすいためビギナーの方でもオススメです!

お値段は2500円+税

 

チランジア・セイデリアナ T.seideliana

 

チランジア・セイデリアナはブラジル原産のグラス系のチランジア。

ブラジルはサンタカタリーナ州に自生しています。

葉は柔らかく、細くトリコームはほとんどありません。

開花期にはピンクの花苞から紫色の花を咲かせます。

お値段は600円+税

 

チランジア・セレリアナ・ミニパープル T.seleriana ‘Mini Purple’

 

チランジア・セレリアナ・ミニパープルはチランジア・セレリアナの栽培品種のうちの一つ。

昼夜の寒暖差と日照によって開花期以外でも全体が赤紫色に色づく美しいチランジアで、基本種とくらべるとやや小型です。

開花期にはより一層赤みが強くなり非常に美しい姿をみせてくれます。

お値段は9000円+税

 

チランジア・セレリアナ×ブルボーサ T.seleriana × bulbosa

チランジア・セレリアナ×ブルボーサはその名の通り二つの交配種。

壺型種同士の交配種で、大きくなる大型種。

壺部分は野球ボールほどまで大きくなり、葉はうねりながら伸びていくためとても魅力的な姿をしています。

今回はすでに大きなものが入荷しております。

お値段は15000円+税

チランジア・セレリアナ×ベルティナ T.seleriana × velutina

 

 

チランジア・セレリアナ×ベルティナはその名の通り二つの交配種。

形はセレリアナに近いですが、葉は肉厚で密度も高くベルティナの性質もしっかりと受け継いでいます。

綺麗なロゼット型のベルティナと壺型のセレリアナと将来が楽しみなチランジア!

お値段は3500円+税

 

チランジア・シムラータ T.simulata

 

チランジア・シムラータはアメリカ原産のチランジア。

アメリカはフロリダ州に自生している珍しいチランジア。

葉は細長く、やや硬質。トリコームがほとのどない暗めの緑色をしています。

あまり流通しない珍しいチランジアですのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は3500円+税

チランジア・ソムニアンス T.somnians

 

チランジア・ソムニアンスはタンク系のチランジア。

葉は赤く染まりなんとも美しい姿で、なんとソムニアンスはこう見えてヴィヴィパラ種!

花茎から子株を出して増えていきます。

美しい見た目とその不思議な子株を出すスタイルから人気のチランジア!

お値段は2500円+税

 

チランジア・スファエロセファラ T.sphaerocephala

 

 

チランジア・スファエロセファラはボリビア原産のチランジア。

金属質の独特の光沢がある葉を持つ銀葉種のチランジアで外見はチランジア・シュレイテリーとよく似ている。本種の方が小型で葉が幅広である。

葉は柔らかく薄い。トリコームが全体に薄く存在し、葉には金属質の独特の光沢がある。綺麗なロゼット型に葉を出していき内側にややカールする。触り心地はざらざらとしてゴムっぽい質感がある。

開花期には赤く大きな花苞をつけて赤紫色の三枚花弁の花を咲かせる。

栽培はやや気難しく暑さや蒸れに弱い。夏季は涼しく風通しの良いところで管理し、葉焼けしやすいため明るい日陰で管理すると良い。根を良く出すため水苔などに植え付けて育ててやると調子が良い。

お値段は3000円+税

 

チランジア・ストラミネア・トールホワイト T.straminea ‘Tall White’

 

チランジア・ストラミネア・トールホワイトはチランジア・ストラミネアの栽培品種のうちの一つ。

ストラミネアの有茎タイプでかつ巨大に成長する非常に魅力的なチランジア。

ストラミネア・ステムタイプと違い巨大に成長し、葉の厚みがありトリコームも白くとても綺麗です。

お値段は4000~5000円+税

チランジア・ストレプトフィラ×キセログラフィカ T.streptophylla × xerographica

 

チランジア・ストレプトフィラ×キセログラフィカは名前の通り二つの交配種。

外見はストレプトフィラよりで葉は緑色が強く、カールもしっかりとでてきます。

葉の密度が高くとても魅力的な姿をしていて根本の壺部分もしっかりと太っていきます。

なかなか流通しない珍しい種ですので、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は30000円+税

 

 

チランジア・ストレプトフィラ×エーレルシアナ T.streptophylla × ehlersiana

 

チランジア・ストレプトフィラ×エーレルシアナはその名の通り二つの交配種。

壺型種同士の交配種で、エーレルシアナの性質を強く受け継いでいて、全体に白く厚いトリコームが出るのが特徴的です。

葉は柔らかく、暗い色をしていますが、その上に白いトリコームがしっかりと現れています。

今回入荷したものは小型ですが、成長すれば壺部分もしっかりと大きくなり魅力的な姿へと成長してくれます。

お値段は16000円+税

 

チランジア・ストリクタ・コンフェッティ T.stricta ‘Confetti’

 

チランジア・ストリクタ・コンフェッティはチランジア・ストリクタの栽培品種の一つ。

変種として流通することもあるようですが、正式に変種として登録されているわけではないようです。

名前の「コンフェッティ(カンフェティ)」は紙ふぶきという意味で、なぜそのような名前がつけられているのか現在調査中。

葉は硬質で、一見するとストリクタとは思えないような外見をしています。

見た目も可愛らしく育てるのも難しくありませんので、お勧めです!

お値段は1500円+税

 

チランジア・ストリクタ・ギガンティクス T.stricta ‘Giganticus’

 

 

チランジア・ストリクタ・ギガンティクスはチランジア・ストリクタの栽培品種の一つ。

基本種と比べると名前のとおり大きく成長し、またストリクタ・ジャイアントと比べると垂直方向より水平方向に大きくなるようです。

葉は硬質で、密度が高く、グリーンは濃い目で強光下ではすこし紫がかります。

開花期には大きなピンク色の花苞を出すので、見応えたっぷりです。

お値段は2500円+税

 

チランジア・ストリクタ・グリーンゴッデス T.stricta ‘Green Goddess’

 

チランジア・ストリクタ・グリーンゴッデスはチランジア・ストリクタの栽培品種の一つ。

基本種と比べるとやや有茎種のような姿をしていて、名前の通り緑色が強くでています。

葉は短くやや硬質で、密度が高く引き締まった姿をしています。

水を好みますので、しっかりと水やりを行ってあげたほうが調子良く成長してくれます。

お値段は1500円+税

チランジア・ストリクタ・スターバースト T.stricta ‘Starburst’

 

チランジア・ストリクタ・スターバーストはチランジア・ストリクタの栽培品種の一つ。

葉はとても硬質でささりそうなくらい硬いです。基本種と比べると有茎種のように茎を伸ばしながら成長していきます。

葉の密度が高く上から見ると星型に見え、ボリュームもあるので美しい草姿をしています。

お値段は2000円+税

 

チランジア・ストリクタ・マハラジャ T.stricta ‘Maharaja’

 

 

チランジア・ストリクタ・マハラジャはチランジア・ストリクタの栽培品種の一つ。

変種として流通することもあるようですが、正式には登録されていないようです。

葉は細く、やや硬質でブラシのような質感をしています。

基本種と比べると有茎種のように茎を伸ばしながら沢山の葉をだして成長していきます。

お値段は2000円+税

 

チランジア・スークレイ T.sucrei

チランジア・スークレイはブラジル原産のチランジア。

ブラジルのリオデジャネイロ、標高50~500mの切り立った岩場の表面に自生しています。

銀葉種の小型のチランジアで、開花期に見せる美しい赤い花が特徴的で人気のあるチランジアです。

お値段は2500円+税

 

チランジア・テワカーナ T.tehuacana

チランジア・テワカーナはメキシコ原産のチランジア。

葉は硬質で金属のような質感が非常にかっこいいです。

葉を真上に伸ばすようなフォルムでまるでタンクブロメリのような姿へと成長してくれます。

開花サイズは30cmほどと大型で赤く分岐する花序をだして開花します。

お値段は4000円+税

チランジア・テヌイフォリア・パープルファン T.tenuifolia ‘Purple Fan’

 

チランジア・テヌイフォリア・パープルファンはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種の一つ。

名前の通り葉が紫色に色づくのが特徴で、葉は短く硬質で茎は太めなため引き締まった草姿をしています。

育てやすく丈夫なためオススメです!

お値段は1500円+税

 

チランジア・ウスネオイデス・カーリーフォーム T.usneoides ‘Curly Form’

 

チランジア・ウスネオイデス・カーリーフォームはチランジア・ウスネオイデスの栽培品種の一つ。

名前のとおり、基本種と比べると葉が短くカールするのが特徴です。

またトリコームが厚く銀色の光沢があるようにも見え、とても魅力的。

お値段は3000円+税

 

チランジア・ウトリクラータ・プリングレイ T.utriculata subsp. pringlei

 

チランジア・ウトリクラータ・プリングレイはチランジア・ウトリクラータの亜種の一つ。

基本種に比べると小型サイズで開花し、たくさんの子株を回りに発生させるのが特徴的です。

葉は硬質で肉厚。トリコームが厚く白く美しい銀葉種です。

開花期には赤い花序からクリーム色の花を咲かせます。

丈夫で育てやすく、オススメのチランジア!

お値段は1200円+税

 

チランジア・ベルニコーサ・パープルジャイアント T.vernicosa ‘Purple Giant’

 

チランジア・ヴェルニコーサ・パープルジャイアントはヴェルニコーサの栽培品種の一つ。

葉は硬質で、全体にトリコームが現れている。名前のとおり葉は赤紫色染まり非常に美しく、

みずやりなどでトリコームが薄くなるとその下から、紫色の美しい葉色を覗かせます。

また花色が白いため赤い花序から白い可憐な花が咲く姿もとても綺麗ですよ!

丈夫で育てやすいくオススメです。

お値段は4500円+税

チランジア・ペルーインカゴールド T.Peru Inca Gold

 

チランジア・ペルーインカゴールドはTillandsia Kashkinと同一のものであるという見解が強いです。

チランジア・ジュクンダと何かの自然交配種ではないかと言われています。

葉は硬質で厚みがあり、ライトグリーンの綺麗な色をしています。

名前のゴールドの通り黄色の美しい花を咲かせ、花には芳香がありカーネーションのような香りがあります。

育てやすく丈夫で成長も早く、とても大きなクンラプになるためオススメです!

お値段は1400円+税

 

チランジア・ミスティックバーガンディー T.Mystic Burgundy(T.muhriae × T.albertiana)

 

チランジア・ミスティックバーガンディーはチランジア・ムーリアエとアルベルティアナの交配種。

ミスティックシリーズの一つで、赤紫色の大きな花を咲かせるのが特徴です。

葉はとても硬質で、葉を交互に出しながら茎を伸ばして成長する有茎種。

お値段は2000円+税

 

チランジア・ミスティックレインボー T.Mystic Rainbow(T.albertiana × T.arequitae)

 

チランジア・ミスティックレインボーはチランジア・アルベルティアナとチランジア・アレキタエの交配種。

ミスティックシリーズの一つで、ピンク色と赤の混じった大きな花を咲かせるのが特徴的です。

葉は硬質で、茎を伸ばしながら成長していく有茎種。

お値段は2000円+税

チランジア・レディー T.Redy(T. streptophylla X T. concolor)

 

 

チランジア・レディーはストレプトフィラとコンコロールの交配種。

大きく成長する大型種で人気のストレプトフィラの交配種!

グリーンのカールする美しい葉は肉厚で柔らかめ、根元は壺型に膨らんでおりとっても可愛いですね!

開花期には全体がピンク色に色づきカラフルな花序を出して、私達を楽しませてくれます。

育てやすく丈夫で成長も早くオススメの交配種。

お値段は2500円+税

 

チランジア・サマンサ T.Samantha(T.kalbacheri×T.mooreana)

 

 

チランジア・サマンサはチランジア・カルバチェリとチランジア・モーレアナの交配種。幅広でうねるようにカールする葉が美しい緑葉種のチランジア。チランジア・ストレプトフィラやキセログラフィカにも似た雰囲気を持つ美しい交配種でチランジア・モーレアナの性質を色濃く受け継いでいるのか外見は非常によく似ている。大きく成長する大型種であり50cm以上になることもある。

葉は幅広で柔らかく薄い、トリコームはあまりなく光沢のある美しい葉が特徴。葉はうねりながら内側にカールする性質を持っている。肌触りはゴムのようなざらっとした肌触りである。

開花期には非常に豪華でカラフルな花序をつける。花序はカラフルで株の2~3倍ほどの長さに大きく成長し分岐する。花は紫色の筒状の花であり花序の豪華さにやや隠れ気味である。

栽培はやや難しく、夏の暑さに弱く下葉が弱り枯れてしまうことがある。強い光では葉焼けを起こすため夏季は涼しい木陰で管理すると良い。湿度の高い環境を好むため水やりはしっかりと行うこと。ポイントは素焼きの鉢などに水苔やヤシのチップなどで植え付けて管理すること。発根し根をしっかりと張り巡らせたら調子よく成長してくれる。

お値段は4000円+税

チランジア・ウォンガ T.Wonga(T.mallemontii × T.duratii)

チランジア・ウォンガはチランジア・マレモンティーとドゥラティーの交配種。

マレモンティーを太くしたような姿をしていて、葉は肉厚ですが柔らかいです。

全体にトリコームがあり、葉先がくるりとカールするあたりはドゥラティー譲りですね。

開花姿はドゥラティーに似ておりグリーンの花序から紫色の花を沢山咲かせます。

お値段は1500円+税

チランジア・キセログラフィカ×ブラキカウロス T.xerographica × brachycaulos

 

チランジア・キセログラフィカ×ブラキカウロスは名前のとおり二つの交配種。

チランジア・ベティと同じ交配で、大きくなれば30cm以上に大きく成長する大型種。

葉は柔らかく肉厚。白いトリコームが全体にみられる銀葉種で葉の密度が高く美しい草姿をしています。

育てこむと非常に美しい姿へと成長してくれるため育てるのが楽しい品種。

また開花期には赤く紅葉し、見応えある開花姿を見せてくれます。

成長は早く丈夫で育てやすいためオススメの交配種です。

お値段は2500円+税

チランジア・クシフィオイデス T.xiphioides

 

 

チランジア・クシフィオイデスはボリビア原産のチランジア。

非常に大きく白い花を咲かせることで有名。

成長は遅くなかなか開花してくれませんが、開花した姿は全ての人を虜にすること間違いなし!

銀葉の肉厚な葉も美しいのでオススメです!

長時間湿った状態が続くのを嫌いますので風通しのよい明るい場所で管理してあげるのがポイントです。

お値段は4000円+税

 

チランジア・ゼチェリ T.zecherii

 

チランジア・ゼチェリはアルゼンチンのサルタ原産のチランジア。

1900m地帯を流れる川の豊かな川辺に自生しています。

クシフィオイデスに似た外見をしていて、葉も非常に硬質で肉厚。

なかなか出回らない珍しいチランジアなのでこの機会に是非。

お値段は10000円+税

 

以上になります!

こんなに長いのに最後までご覧いただきありがとうございます!

なるべく魅力を伝えられたらとついつい文章が長くなってしまいます。

お客様の「いつも見てるよ!」や「分かりやすくて助かる」と温かい言葉をかけていただけるので、

それを励みにこれからも頑張っていきます!

それでは販売までもうしばらくお時間がありますが、

皆様どうかよろしくお願いします。

 

前編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・前編【エアプランツ】

 

中編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・中編【エアプランツ】

 

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA