【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・前編【エアプランツ】

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・前編【エアプランツ】

 

 

 

皆様こんにちは!2018年12月15日の新入荷品のお知らせです。

素敵なチランジア達がたくさん入荷しております!

今回はあまり出回らない珍しい種からお求め安い種まで幅広く種類豊富なため、是非この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は2018年12月15日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

中編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・中編【エアプランツ】

 

後編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・後編【エアプランツ】

 

 

入荷予定チランジア一覧

 

チランジア・アキロスタキス T.achyrostachys

チランジア・アキロスタキスはメキシコ産のチランジアでやや湿度を好む鉢植え向きのチランジア。

トリコームはうっすらとしていて緑葉種、葉はやや厚みがあって多肉質でとってもユニークです。

葉っぱがぷりぷりとしていて可愛らしいですね!

花はピンクの大きな花序をだして緑色の筒状の花を咲かせます。

お値段は2500円+税

 

チランジア・アエラントス・アルボフローラ T.aeranthos ‘Albo-Flora’

 

チランジア・アエラントス・アルボフローラはチランジア・アエラントスの白花種。

通常は青紫色のかわいらしい花を咲かせますがこれは白花!とってもオススメのチランジアです。

葉は硬質で、基本種のアエラントスと変わらず有茎種

クランプになって一斉に白い花を咲かせる姿はとても美しいです。

お値段は2000円+税

チランジア・アエラントス・パープルファン T.aeranthos ‘Purple Fan’

 

チランジア・アエラントスパープルファンはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

名前の通り葉が紫色に色づくのが特徴です。寒暖さと日照条件で葉が色づくので合った環境を探してみるのも面白いです。

葉は硬質でとってもかっこいいオススメの品種!

また丈夫で寒さにも強いので、初めての方でもオススメ!

お値段は2800円

 

チランジア・アエラントス・パープルレーザー T.aeranthos ‘Purple Leather’

 

 

チランジア・アエラントス・パープルレーサーはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

葉は硬質で細くシャープ。トリコームが全体に現れており。明るい環境では全草が紫色に色付く。葉を沢山出し非常に美しい草姿も魅力的。

開花期にはピンク色の花苞を出し、より一層美しく紅葉する。ピンクの花苞からは濃い紫色の三枚花弁の花を咲かせます。

開花した姿は非常に美しくアエラントスの中で屈指の美しさを誇ります!

また丈夫で寒さにも強いので、初めての方でもオススメ!

お値段は2000円+税

 

チランジア・アルベルティアナ T.albertiana

 

チランジア・アルベルティアナは小型のチランジア。

葉を交互に出す面白いチランジアで花も非常に美しいため人気。

花はスカーレットレッドの大きな三枚花弁の花であり見ごたえがあります。

お値段は1500円+税

 

チランジア・アルビダ T.albida

 

チランジア・アルビダ有茎種銀葉種のチランジア。

「アルビダ」はラテン語で白いという意味で、その名の通り白く美しい葉と花を持っています。

非常に丈夫で育てやすく乾燥にも強く初心者でも安心して育てられるのでオススメ!

また大きいものだと30cmを超える大きさまで成長してくれます。

お値段は2500円+税

 

チランジア・アラウジェイ・グリーンスター T.araujei ‘Green Star’

 

チランジア・アラウジェイ・グリーンスターはチランジア・アラウジェイの栽培品種のチランジア。

基本種同様に有茎種であり、葉がやや幅広でトリコームが少なく緑味が強い。

最大の特徴は葉がカールしないで星型に展開していきます。真上からみるとまるで星型のような姿からその名が付けられました。

葉は硬質でしっかりとしており、基本種よりもトゲトゲしい印象を受ける。ライトグリーンの葉色とその魅力的なフォルムから人気は高い。

花は基本種同様ピンクの花苞に白い花であるが、成長がゆっくりでなかなか開花してくれません。

お値段は1500円+税

 

チランジア・アラウジェイ・パープルスター T.araujei ‘Purple Star’

 

 

チランジア・アラウジェイ・パープルスターはチランジア・アラウジェイの栽培品種の一つ。基本種同様に有茎種であり、葉がやや幅広でトリコームが多く紫色が強い。

最大の特徴は葉がカールしないで星型に展開していくことである。真上からみるとまるで星型のような姿からその名が付けられた。

グリーンスターの紫色バージョンですね!葉の色が紫色でとっても美しいです。また葉が硬質で葉の密度が高く茎もしっかりしていてオススメです!

お値段は1700円+税

 

チランジア・アルゲンティナ T.argentina

 

チランジア・アルゲンティナはアルゼンチンからボリビアにかけて生息しているの小型のチランジア。

大きく成長しない小型のチランジアで3~7cmほどで開花サイズになります。

花は小型種ながらも白ピンク色の美しい大きめの花を咲かせる。花姿はとても愛らしく魅力的。

栽培は容易で丈夫で育て易い。小型なので乾燥にはあまり強くないので湿度を保ち小まめに水をやると調子が良いです。

根も良く出すので流木などに着生させてやるとのがオススメ!

お値段は900円+税

 

チランジア・アリザ T.arhiza

チランジア・アリザはブラジル、パラグアイに分布するチランジア・ストレプトカルパに近縁なチランジア。

独特なフォルムが個性的なチランジアで流通量も少ない珍しいチランジア。大きく成長する大型種で茎を伸ばす有茎種。

葉は硬質で肉厚、全体にうっすらとトリコームがあり葉の色は白っぽいライトグリーン。

非常に面白いフォルムをしており葉は茎に対して直角に折れ曲がるような形で成長していく。また葉の密度が薄く葉と葉の間には感覚がある。

開花期には花序を長く伸ばし、グリーンの花苞から紫色の大きな三枚花弁の花を咲かせる。花は美しく方向もあり開花した姿はとても美しい。

栽培は難しくなく乾燥にも強い。明るく風通しの良い環境を好むため屋外での管理が向いている。

お値段は3000円+税

 

チランジア・アリザジュリア×プルイノーサ T.arhiza-Juliae × pruinosa

 

チランジア・アリザジュリア×プルイノーサは名前の通り二つの交配種

チランジア・プルイナリザと同じ交配で壺型種同士の交配種

あまり大きくは成長しませんが両種の性質をしっかりと受け継いだ魅力的な交配種。

葉は柔らかく毛足の長いトリコームが魅力的です。

お値段は2000円+税

 

チランジア・ベロエンシス×フラベラータ T.belloensis × flabellata

 

チランジア・ベロエンシス×フラベラータは名前の通りチランジア・ベロエンシスとチランジア・フラベラータの交配種。

美しく細い長い葉と均整の取れたロゼット型の草姿が美しい美種。

開花期以外でも葉が紅葉することがあり非常に魅力的な交配種。

水を好むため、鉢植えでの管理もオススメです。

お値段は3500円+税

 

チランジア・ベルメホエンシス T.bermejoensis

 

チランジア・ベルメホエンシスはボリビア原産のチランジア。

美しい銀葉のチランジアで、肉厚な葉と白いトリコームがとても綺麗ですね。

非常に良く開花してくれるチランジアで、ピンク色の花苞から白い花を咲かせてくれます。

成長もはやくて育てやすいのでオススメです。

名前の由来は自生地の近くを流れる「ベルメホ川」から取られたそうですよ!

お値段は2500円+税

 

チランジア・ブラデアナ T.bradeana

 

チランジア・ブラデアナは数奇な運命をたどったコスタリカ原産のチランジア。

チランジア・アブディダと呼ばれていたり、一度はチランジア・ブラキカウロスのシノニム(同じ種類だけど違う名前をつけられた種)とされてしまったり。非常に面白いチランジアです。

見た目は間違われてしまうくらいですのでアブディダにそっくりです。

開花期に見せる真っ赤に燃え上がったような姿は非常に魅力的で、その様変わりする様子が美しいオススメ品種。

本種の特徴は花苞にトリコームがあるという点ですが、開花時は埋没してしまっており解剖しないと分からないそうです。

お値段は2500円+税

 

チランジア・ブルボーサ×ロドリゲジアナ T.bulbosa × rodrigueziana

チランジア・ブルボーサ×ロドリゲジアナは名前の通り二つの交配種。

なかなか魅力的な交配種でオススメです!

お値段は4000円+税

 

チランジア・ブッツィー×イオナンタ T.butzii × ionantha

チランジア・ブッツィー×イオナンタは名前の通り二つの交配種。

壺型種とイオナンタの交配種で魅力的な姿をしたチランジア。

なかなかユニークでオススメです。

お値段は2800円+税

 

チランジア・カネスケンス(カネッセンス) T.canescens

チランジア・カネスケンスは正確な採取場所が不明とされている謎の多い種。ジャマイカが原産ではないかという情報が有力。

葉は肉厚でトリコームがあまりない緑葉種ですが、葉がやや紫がかります。

開花サイズは20cm未満とあまり大きくはなりませんが、開花期に見せる真っ赤な花序が非常に魅力的です。

まるでペンキで塗ったかのような異質な赤さを是非栽培下でお楽しみください。

お値段は15000円+税

 

チランジア・カピタータ×バルビシアーナ T.capitata × balbisiana

チランジア・カピタータ×バルビシアーナはその名の通り二つの交配種。

ロゼット型のカピタータと壺型種のバルビシアーナの交配種なのでなかなかユニークな姿へと成長してくれます。

お値段は2000円+税

 

チランジア・カプトメデューサ・パープル T.caput-medusae ‘Purple’

 

チランジア・カプトメデューサ・パープルはチランジア・カプトメデューサの栽培品種の一つ。

基本種と比べると葉がやや細長く、葉が赤紫色の色味が強いのが特徴です。

全草が真っ赤に染まった姿は非常に美しく、是非コレクションに加えてみてください!

基本種と同じく管理できるので、丈夫で育てやすくオススメです。

お値段は1800円+税

 

 

チランジア・カプトメデューサ×ブラキカウロス T.caput-medusae × brachycaulos

 

チランジア・カプトメデューサ×ブラキカウロスはその名の通り二つの交配種。

ちょうど二つの性質を合わせたような草姿をしており、形はカプトメデューサのような姿をして、

葉のトリコームは少なくきめが細かいです。そして柔らかく、幅が広いです。

葉の密度も高めなのでオススメ交配種です。

お値段は4000円+税

 

チランジア・カプトメデューサ×コンコロール T.caput-medusae × concolor

 

チランジア・カプトメデューサ×コンコロールはその名の通り二つの交配種。

大きく成長する大型種の交配種。

葉は肉厚で、見た目はカプトメデューサに似て根本が壺型に成長していきます。

育てやすく丈夫でおすすめです!

お値段は5000円+税

 

チランジア・セレイコラ T.cereicola

 

チランジア・セレイコラは以前はフリーセアに分類されていたチランジア。

ペルーとエクアドルの乾燥地帯に自生しており、エクアドルに自生しているものは葉が柔らかめとのことです。

こちらは葉が硬質なのでペルー産の株になります。

大きく成長する大型のチランジアで60cm以上に成長することもあります。

花は薄紫色の分岐する花序をだし筒状の花を咲かせます。

美しい銀葉種のチランジアでなかなか出回らないのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は2800円+税

 

チランジア・チャルタセア T.chartacea

 

チランジア・チャルタセアはコロンビア、エクアドル、ペルーにかけて分布する有茎種の銀葉種のチランジア。

非常に長い茎を伸ばしながら成長してくれるユニークな種です。名前の「Chartacea」とはラテン語で「紙」を意味する言葉で葉が薄いのも特徴です。

育てるのは難しくなく成長も早く大型になるためオススメです。

なんと3m以上のクランプになることもあるそうですよ!

お値段は2000円+税

 

チランジア・チアペンシス T.chiapensis

 

チランジア・チアペンシスは肉厚の葉と厚いトリコームが魅力的な銀葉種です。

また明るい環境下では葉がうっすらと紫色になるためとっても美しく人気の高い種です!

特別な管理もなく育てやすくはじめての方でも安心して育てられます!

お値段は2500円+税

 

チランジア・クロカータ・ジャイアント T.crocata ‘Giant’

 

チランジア・クロカータ・ジャイアントはチランジア・クロカータの栽培品種の一つ。

非常に長く茎を伸ばし、大きく成長するクロカータ。

一見するとクロカータとはかけ離れたような姿をしています。

見た目もとてもユニークでおすすめなのですが、

開花期には薄いクリーム色の香りのある花を咲かせるのもオススメのポイントです!

お値段は1500円+税

 

チランジア・クロカータ・トリスティス T.crocata var. tristis

 

チランジア・クロカータ・トリスティスはチランジア・クロカータの変種の一つ。

標本個体はアルゼンチンはフフイ州で採取されました。

小型種のチランジアで、開花サイズは3cmほどで開花します。

子株を良く出してクランプになってくれますので、可愛らしい姿を見せてくれます。

お値段は1500円+税

 

チランジア・デリカータ T.delicata

 

チランジア・デリカータはメキシコはオアハカ州原産のチランジア。1200~1700m地帯に自生しています。

銀葉種で壺型種のチランジアで、葉は細く柔らかめ。葉の密に出し、美しい草姿をしておりオススメのチランジアです。

また開花期もとても美しく、マゼンダカラーに紅葉し、これまた同じマゼンダカラーの大きな花序を出し紫色の筒状の花を咲かせます。

蒸れに弱く夏場の暑さに気をつけて栽培してあげてください。

お値段は3000円+税

 

チランジア・ディディスティカ T.didisticha

 

チランジア・ディディスティカはペルー、ボリビア、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンにかけて広い地域に生息するチランジアです。

チランジアとしては珍しいピラミッド型の花序を持つ面白い種。

葉は硬質で、肉厚、トリコームが全体にうっすらと現れており、均整のとれたロゼット型の美しい草姿とあいまってとっても美しいです。

朱色の花序から白い可憐な花を咲かせます!

お値段は2500円+税

 

チランジア・ディグエティ T.diguetii

チランジア・ディグエティーはメキシコ原産の小型種のチランジア。壺型種でもありその見た目はチランジア・ストレプトフィラをそのまま小さくしたような魅力的な姿をしています。

あまり流通しておらずなかなか見かけることがない珍しいチランジア。

葉は肉厚で柔らかく、弾力があります。全体にトリコームが現れており葉の色はライトグリーン。くねくねとうねるような葉がなんとも愛らしいですね!

開花期にはストレプトフィラとは異なり、大きな花序は形成せず、カピタータのように成長点から直接花を咲かせる。花は紫色の筒状の花を咲かせる。

栽培は難しくなく明るく風通しの良いところで管理すれば特に問題はない。水苔などの上に乗せながら管理してやるのもよい。やや寒さに弱いところがあるため冬季の管理には気をつける。

お値段は9500円+税

 

チランジア・ドゥランゲンシス T.durangensis

チランジア・ドゥランゲンシスはメキシコ原産のチランジア。

メキシコは北部のドゥランゴ州の標高2200mに自生している高山性のチランジア。

葉は肉厚で硬質。葉の全体が非常に赤いのも特徴的です。

今回入荷したものは大きく、葉の赤みも強いのでとってもオススメです。

お値段は23000円+税

チランジア・ディスティカ・ペトラ T.disticha var. petrea

チランジア・ディスティカ・ペトラはチランジア・ディスティカの変種の一つ。

正式に変種として登録されているわけではないようですが、ディスティカは分布範囲も広く、変異が多いためこの名前で流通しているようです。

基本種と比べるとやや大きく、壺もしっかりとしています。

お値段は2000円+税

 

チランジア・ドゥラティー×ガルドネリー T.duratii × gardneri

チランジア・ドゥラティー×ガルドネリーはその名の通り二つの交配種。

チランジア・ジューンTと同じ交配ですが、こちらはそこまでトリコームが厚くありません。

人気のドゥラティーの交配種なのでこの機会にいかがでしょうか?

成長は早めで丈夫で育てやすいのでオススメです!

お値段は3000円+税

 

チランジア・エディシアエ T.edithae

チランジア・エディシアエは銀葉種の有茎種のチランジア。

原産地はボリビアで崖の上に着生して自生しています。

葉は肉厚で硬質で短い。トリコームもありシルバー色の葉とその草姿は非常に美しい。

本種はチランジアとしては珍しい綺麗なサンゴ色の花を咲かせる。花茎は伸ばさず成長点にそのまま蕾をつけるその姿は花色と相まって非常に美しくとても魅力的なのだが、花が咲きづらいので気長に待って欲しい。

花を咲かせなくとも茎から子株を出してクランプを形成する。

明るい光と風通しの良い環境を好むため、夏季以外であれば屋外で日光にあててやると良いだろう。夏季は遮光するか午前中のみ日光があたる場所で管理すると良い。寒さに弱い面もあるため注意する。

お値段は4500円+税

 

チランジア・エクセルタ T.exserta

チランジア・エクセルタは細長いカールする葉がなんとも美しく人気ある種です。

また銀葉種でトリコームも白く美しいのでとってもオススメ!

育てるのは容易で明るく風通しの良いところであれば問題なく管理できます。

お値段は2000円+税

 

チランジア・エクステンサ T.extensa

 

チランジア・エクステンサはペルーはアンカシュ県原産のチランジア。

自生地は500~2500mの険しい岩壁に自生しています。

葉は肉厚で硬質、グレーの色味が強い葉がなんともかっこいいですね。

環境次第で葉には赤みがでるためとっても綺麗です!

開花期には多岐に分かれるグリーンの花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は1500円+税

 

 

中編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・中編【エアプランツ】

 

後編はこちら

【Frontier Plants】12月15日販売予定チランジア紹介・後編【エアプランツ】

 

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply

CAPTCHA