チランジア・ラティフォリア Tillandsia latifolia 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・ラティフォリア Tillandsia latifolia 育て方 図鑑

 

チランジア・ラティフォリア Tillandsia latifolia
チランジア・ラティフォリア Tillandsia latifolia

 

 

チランジア・ラティフォリアはペルー原産の有茎種のチランジア。エクアドルからペルーにかけて分布しており、標高は0~2900mの海岸地帯の岩場や砂地に自生している。変種も多く花序の色や花の色など様々で良く流通しているのはTillandsia latifolia var. divaricataだと思われます。基本種よりも大きく成長し、花序が赤く花の色が赤ピンク色をしています。小型の栽培品種から1mを超える大きく成長するものなど種類が多くコレクションしがいのあるチランジア。

葉は薄く硬質で、葉にはうっすらとトリコームが現れています。茎を伸ばしながらぐんぐん成長する有茎種

開会には分岐する赤い花序を長く伸ばし、赤ピンク色の花を咲かせます。

栽培は容易で丈夫で育てやすいです。水を好みますので、しっかりと水をあげると調子よく成長してくれます。

変種を紹介。

Tillandsia latifolia var. divaricata 高山性 0~3000mに自生 比較的大きく成長する。花序は分岐し鮮やかな赤で、花は赤ピンク色。花序にトリコームがなく光沢がある。

Tillandsia latifolia var. latifolia 高山地帯に自生するものもある。オレンジ色の分岐する花序を長く伸ばし赤い花を咲かせる。花序はザラリとした質感

Tillandsia latifolia var. major 大型種 ペルー原産 茎を伸ばすというより多きく葉を広げる。花序は鮮やかな赤で光沢がある根本が白いピンクの花

Tillandsia latifolia var. leucophylla 大型種 高山性600~2000mに自生 葉が肉厚でトリコームも厚い、大きく成長し、茎はあまり伸ばさない。花序は赤オレンジ色で平べったい形をしており、花はピンク色。

 

花色

開花サイズの目安

横15~20cm 高さ20~40cm

原産地

ペルー、エクアドル

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は60%ほど遮光する。

栽培のポイント

水を好むため水やりをしっかりと行うこと。

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA