チランジア・サカパネンシス Tillandsia zacapanensis 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・サカパネンシス Tillandsia zacapanensis 育て方 図鑑

 

チランジア・サカパネンシス Tillandsia zacapanensis
チランジア・サカパネンシス Tillandsia zacapanensis

 

 

 

チランジア・サカパネンシスはグアテマラはサカパ原産のチランジア。サカパのみに自生すると言われており、流通量も少ない珍しいチランジア。姿はキセログラフィカに似ており、40cm以上に成長する大型種の銀葉種

葉は肉厚で弾力がありトリコームが全体に現れる。キセログラフィカと比べると本種は葉の幅がやや細く弾力がある。葉にうねりがでないのも特徴である。葉の密度も多く、沢山の葉をロゼット型に展開していく。非常に美しい姿へと成長してくれるため是非育ててみて欲しい。

開花期になると紅葉はせず、大きく豪華な花序を出す。花序は白からややピンクがかった色をしているものが多く、花序には白く霜が降りたようなトリコームが全体に現れる。花は薄紫色の筒状の花を咲かせる。

丈夫で育てやすく、乾燥した環境を好む。キセログラフィカと同じような環境で管理するのがオススメ。しかしキセログラフィカよりも葉やけしやすいため、直射日光は強めに遮光してあげたほうがよい。心配であれば明るい日陰で管理するとよい。

 

花色

薄紫色

開花サイズの目安

横 20~40cm 高さ15~30cm

原産地

グアテマラ サカパ

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2回ほど

日照

半日陰、明るい日陰

直射日光は50%遮光する

栽培のポイント

直射日光にはそれほど耐性がないため葉やけに気をつける。乾燥した環境で管理する。

 

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA