チランジア・フンキアナ・レクルヴィフォリア Tillandsia funckiana var. recurvifolia 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・フンキアナ・レクルヴィフォリア Tillandsia  funckiana var. recurvifolia 育て方 図鑑

チランジア・フンキアナ・レクルビフォリア Tillandsia funckiana v. recurvifolia
チランジア・フンキアナ・レクルヴィフォリア Tillandsia funckiana var. recurvifolia

 

チランジア・フンキアナ・レクルヴィフォリアはチランジア・フンキアナの変種の一つ。基本種と比べると茎がやや太めで葉の先は丸みを帯びている。茎が太くどっしりとした印象。

葉は柔らかく、トリコームも全体に現れている。葉の密度も多く外側に向かって開くように葉を展開させ、葉の先はやや丸みを帯びている。基本種よりも虫のような外見をしており、トゲトゲとした印象は少なく柔らかいイメージがある。

開花期には基本種と同じく赤く紅葉し、オレンジがかった明るい赤色の美しい花を咲かせる。

栽培は基本種と同じで問題なく、寒さに弱いため冬季は10℃以上の場所で管理してあげるとよい。開花せずとも子株を出してクンラプになる。基本種よりも茎が太くずっしりとした印象に成長してくれる。

花色

オレンジがかった明るい赤

開花サイズの目安

横4~8cm 高さ10~25cm

原産地

調査中

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は50%ほど遮光する

栽培のポイント

寒さに弱いため冬季の管理には気をつける。

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA