チランジア・シャッツリー Tillandsia schatzlii 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・シャッツリー Tillandsia schatzlii 育て方 図鑑

チランジア・シャッツリー Tillandsia schatzlii

チランジア・シャッツリーはメキシコ原産の銀葉種のチランジア。本種は小型種のチランジアであり開花サイズは10cmほどである。美しい葉色とトリコームを持つ美種。

葉は肉厚で硬質、トリコームも暑くシルバーの色味と金属質の光沢が美しい。白く美しい幅広の葉をロゼット型に展開して成長していく。

開花期には棒状の花苞を出し紫色の筒状の花を咲かせる。

栽培は難しくなく、明るく風通しの良い環境で問題ない。やや寒さに弱いため冬季の管理は気をつけ10℃以上を保つようにすると良い。長時間濡れた状態がだと腐りやすいため注意する。

交配種としては以下のものが存在する

  • チランジア・サイオン(イオナンタ×シャッツリー) Tillandsia ‘Scion’(T.ionantha × T.schatzlii)

花色

紫色

開花サイズの目安

横8~15cm 高さ8~15cm

原産地

メキシコ

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2回ほど

日照

半日陰

栽培のポイント

寒さに弱いため10℃以上を保つようにする、長時間濡れた状態が続かないように注意する。

Leave a Reply

CAPTCHA