チランジア・クロロフィラ Tillandsia chlorophylla 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・クロロフィラ Tillandsia chlorophylla 育て方 図鑑

チランジア・クロロフィラ Tillandsia chlorophylla

チランジア・クロロフィラはベリーズ、グアテマラ、メキシコ北部(ベラクルズ、オアハカ、チアパス)にかけて分布するチランジア。大きく成長する大型種でありトリコームがほとんどない緑葉種

葉は柔らかく細く長い。トリコームがほとんど見られず濃い緑色をしている。

開花期には赤く分岐する花序をだす。花序から白に近い紫色の筒状の花を咲かせる。

栽培は容易で素焼きの鉢に水苔などで植えつけて管理する。直射日光は避けて明るい日陰などで管理するとよい。湿度の高い環境を好むため水遣りはしっかりと行おう。やや寒さに弱いところがあるため冬季のは10℃以上を目安に管理する。

交配種としては以下のものが知られている。

  • チランジア・グラナダ(ファシクラーラ×クロロフィラ) Tillandsia Granada(T.fasciculata×T.chlorophylla)
  •  Tillandsia Lit’l Lucy(T.Lucille×T.chlorophylla)

花色

白に近い紫色

開花サイズの目安

横20~40cm 高さ15~30cm

原産地

ベリーズ、グアテマラ、メキシコ北部(ベラクルズ、オアハカ、チアパス)

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回ほど

日照

明るい日陰

栽培のポイント

素焼きの鉢などに植えつけて管理すること。冬の寒さに気をつける。

 

Leave a Reply

CAPTCHA