チランジア・ヘテロモルファ Tillandsia heteromorpha 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・ヘテロモルファ Tillandsia heteromorpha 育て方 図鑑

 

チランジア・ヘテロモルファ Tillandsia heteromorpha
チランジア・ヘテロモルファ Tillandsia heteromorpha

 

 

チランジア・ヘテロモルファはペルー原産の成長が遅いことで有名なチランジア。標本個体はペルー、アンカッハス州のマウリンのリオプチュアの谷で採取され。基本種はペルーの標高850m付近の岩場に自生している。タイプ変異として変種のTillandsia heteromorpha var. rauhii はペルーのカハマルカの標高500~1200mに自生しており、Tillandsia heteromorpha var. heteromorphaは標高2300~3000mの高山地帯の垂直岩にのみ自生している小さな個体群になります。垂直の岩場にぶら下がっているイメージはTillandsia heteromorpha var. heteromorphaからきているようです。

フンキアナにた外見を持つが大きく成長し、葉が長めで銀葉種有茎種の美しい種。葉は柔らかめで細くシャープ、対照的に葉を展開させながら成長していく。葉のトリコームは非常にシルバーの色味が強い。

開花期になると淡いピンク色の花苞を出し、根本が紫で先端が白い筒状の花を咲かせる。

成長が遅いためゆっくりと成長する。明るい光と風通しが非常に好きなのでなるべく風通しの良いところで管理したい。子株を出しクランプになりやすくクランプになった姿は見事。

花色

根本が紫色で先端が白

開花サイズの目安

横5~10cm 高さ10~20cm

原産地

ペルー

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2回ほど

日照

半日陰

直射日光は50%ほど遮光する。

栽培のポイント

明るい光と風通しに注意すること。

 

Leave a Reply

CAPTCHA