チランジア・プルプレア Tillandsia purpurea 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・プルプレア Tillandsia purpurea 育て方 図鑑

チランジア・プルプレア Tillandsia purpurea

チランジア・プルプレアはペルー原産の銀葉種のチランジア。茎を伸ばし大きく成長する有茎種で大型種。Ruiz & Pavón氏(ルイス・アンド・パヴォン)によって1802年に初めて記述された。

葉はやや硬質でトリコームが厚いシルバーの色をしている。全体に葉を展開させながらまっすぐ上に伸びる有茎種で、大きくなっても葉の長さが変わらずそのまままっすぐ伸びていく姿が面白い。

花は明るく派手なピンク色の分岐する花序から縁が紫色の白い三枚花弁の花をたくさん咲かせる。花には芳香がありシナモンのようなユニークな香りがする。

管理はやや難しく、長時間濡れているのを嫌い乾燥を好む。明るい光と風通しを好み暑さを嫌うため置き場所には気をつけること。

星型に葉を出すプルプレア・シューティングスターなどもある

花色

白に紫色の縁取り

開花サイズの目安

横10~15cm 高さ15~35cm

原産地

ペルー

栽培難易度

やや難しい

水遣りの目安 

週に2回ほど

日照

半日陰

栽培のポイント

おき場所に気をつけること。

Leave a Reply

CAPTCHA