チランジア・アルベルティアナ Tillandsia albertiana 育て方 図鑑

posted in: A, albertiana, 小型種, 花色-赤, 銀葉種 | 0

 【FrontierPlants】チランジア・アルベルティアナ Tillandsia albertiana 育て方 図鑑

写真 2016-10-30 14 24 59

チランジア・アルベルティアナ Tillandsia albertiana

チランジア・アルベルティアナはアルゼンチンが原産の小型種のチランジア。アルゼンチンの植物学者Alberto Castellanos氏によって発見された。

本種1株でみると薄く平らであることがわかる。それは肉厚の葉を互生させて成長していくためである。本種にた成長の仕方はチランジア・アンディコラ、カリギノーサ、カピラリス、ランドベッキーミオスラなどがある。

花は綺麗なスカーレットレッドの赤色で、大きい三枚花弁のため非常に見応えがある。通常のチランジアの花は一日程度であるが本種の花は一週間近く開花し続けるため花を楽しめる美しい種である。

栽培は容易で成長も早く、子株を出し急速にクランプ状になる。明るい環境で何かに着生させて成長させてやると調子が良く、大きなクランプともなれば毎年開花が楽しめるようになる。

赤い花を咲かせるチランジアの中でも珍しい種のため交配種の親としても良く用いられ、ミスティックシリーズなどが有名である。

花色

明るい赤色 スカーレットレッド

開花サイズの目安

横4~7cm 高さ4~8cm

原産地

アルゼンチン

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回ほど

日照

明るい日陰から半日陰

栽培のポイント

何かに着生させてかんりすると良い。

Leave a Reply

CAPTCHA