チランジア・アルビダ Tillandsia albida 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・アルビダ Tillandsia albida 育て方 図鑑

写真 2016-04-13 11 52 13

チランジア・アルビダ Tillandsia albida

チランジア・アルビダはメキシコが原産の有茎種のチランジア。砂漠の乾燥地帯に着生せずクランプになり転がって生息している。美しい銀色のトリコームと白い花が美しい美種。名前のアルビダとは「白い」という意味である。

本種は名前の通り白く美しいトリコームを持ち、葉は硬質で硬く細い。茎を伸ばしながら成長していき大型になる。花苞は赤と黄色の混じるエキゾチックな色合いで先端付近に白い筒状の花を分岐させながら咲かせる。

非常に丈夫で寒さにも乾燥にも強く育てるのは非常に簡単なのも本種の特徴のひとつ。乾燥には強いが乾燥状態を好むわけではない、半日陰から直射日光のあたる環境で他種のチランジア同様に水遣りをしてあげれば調子よく育つ。子株も良く出しクランプになりやすい。成長は早く一年で10cm以上伸びることもある。

個体差が大きく、画像のアルビダのように葉が一列にならび整然と成長していくものや、ランダム葉を展開させるもの、葉の先がカールするものなどが見られる。

花色

白い筒状の花

開花サイズの目安

横5~10cm 高さ15~25cm

原産地

メキシコ

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

直射日光もしくは半日陰

栽培のポイント

水遣りは通常通り行うこと。

写真 2016-10-30 14 24 35

 

Leave a Reply

CAPTCHA