チランジア・イキシオイデス・ブルーアルビノ Tillandsia ixioides`Blue Albino’ 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・イキシオイデス・ブルーアルビノ Tillandsia ixioides`Blue Albino’ 育て方 図鑑

写真 2016-05-11 20 58 38

チランジア・イキシオイデス・ブルーアルビノ Tillandsia ixioides`Blue Albino’

チランジア・イキシオイデス・ブルーアルビノはチランジア・イキシオイデスの栽培品種。非常に美しい銀葉種で、イキシオイデス同様、葉はしっかりしており硬質でトリコームも厚い。綺麗なロゼット型に葉を展開させ一見するとチランジア・ホワイトスターのようである。

本種はアルビノの名前の通りイキシオイデスよりも全体が白っぽいのも特徴で、一般的なイキシオイデスの花苞よりピンク色が強くでるが花苞にもトリコームがかかってており淡いピンク色に見える。花自体は白に近いクリーム色で通常のイキシオイデスの濃い黄色とは異なる。

性質自体は上部で育て易いが強い光を好むため春から秋までは戸外の日光のあたるところで管理すると良い。また風通しも好み乾燥にも強い。成長は非常に遅い。

花色

開花サイズの目安

横12~17cm 高さ10~15cm

原産地

ボリビア、アルゼンチンなど

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2回ほど

日照

直射日光に近い光で管理する。

栽培のポイント

日当たりと風通しに注意して育てること。

Leave a Reply

CAPTCHA