チランジア・カーリースリム Tillandsia Curly Slim (T. intermedia X T. streptophylla)育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・カーリースリム Tillandsia Curly Slim (T. intermedia X T. streptophylla)育て方 図鑑

 

チランジア・カーリースリム Tillandsia Curly Slim (T. intermedia X T. streptophylla)

チランジア・カーリースリムはチランジア・インターメディアとチランジア・ストレプトフィラ交配種。非常に人気のある交配種で希少。両親とも壺型種かつ葉がうねりカールする種であるため本種も非常に魅力的な姿となる。乾燥気味に管理すると葉がカールする性質もしっかりと受け継いでいる。

葉は肉厚で美しいトリコームも持つ、成長すると60cm以上に成長する大型種。花茎を長く伸ばし紫色の花を咲かせる。インターメディアヴィヴィパラ種の性質で花茎から子株を出すこともあるが、多くは株元から子株を出す。成長も早い。

素焼きの鉢などに水苔で植え込むと調子が良い、次第にカールが取れてくるが調子の良い証拠なので我慢する。暑さに弱い面も見られるので真夏は注意したほうが良い。

Mark Dimmitt氏によって交配された偉大な交配種。

花色

開花サイズの目安

横10~15cm 高さ25~40cm

原産地

人工交配種 Mark Dimmitt氏

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に3回ほど

日照

直射日光を避けた明るい日陰

栽培のポイント

素焼きの鉢に植え込み、夏の暑さと蒸れに注意する。

写真 2016-07-22 19 15 31

Leave a Reply

CAPTCHA