【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

販売は8月13日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

販売品種の紹介

 

 

チランジア・ジョエル T. Joel (T. bulbosa X T. ionantha)

 

チランジア・ジョエルはチランジア・ブルボーサとイオナンタの交配種。

チランジア・レオJ T. Leo J (T. ionantha X T. bulbosa)の逆交配にあたり、名前も逆さまになっているところがなんともにくいですね!

肉厚の葉と壺型な根元が魅力的な交配種。

葉の枚数も多く、コンパクトながら魅力的な姿へと成長してくれます。

開花期には赤く紅葉し、赤い短い花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は4000円

 

チランジア・ジョイボーイ T. Joy Boy (T. seleriana X T. schiedeana)

 

チランジア・ジョイボーイはチランジア・セレリアナとシーディアナの交配種。

セレリアナとシーディアナというユニークな組み合わせのチランジア。

葉は肉厚で弾力がありやや柔らかいです。葉の全体に白いトリコームが見られます。

いまのところ根元はまだ壺型には膨らんでいませんがこれからの成長が楽しみな品種です。

お値段は6000円

 

チランジア・ジャンピングフォージョイ T. Jumping For Joy (T. ionantha X T. exserta)

 

チランジア・ジャンピングフォージョイはチランジア・イオナンタとエクセルタの交配種。

カールする葉を沢山出しながら成長する美しい銀葉種で、人気のある交配種。

葉は肉厚でトリコームも白く厚く美しいですね。

育てやすく丈夫なのでオススメです。今現在ではなかなか流通しない珍しい交配種ですので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は32000円

 

 

 

チランジア・レッツダンス T. Let’s Dance (T. streptocarpa X T. paleacea)

 

 

チランジア・レッツダンスはチランジア・ストレプトカルパとパレアセアの交配種。

情報の少ない、比較的新しい交配種で、親のパレアセアと同じく茎を伸ばしながら成長していく有茎種。

葉は肉厚で、ストレプトカルパに似ており、やや毛足の長い白く厚いトリコームが全体に見られます。

草姿も美しく、花にもきっと香りがあるため、成長するのが楽しみなチランジアですね。

お値段は2500円

 

チランジア・マーベラスマスターピース T. Marvelous Masterpiece (T. rothii X T. brachycaulos)

 

チランジア・マーベラスマスターピースはチランジア・ロシーとブラキカウロスの交配種。

オリジナルクローンの子株は非常に高価ですが、こちらは種で増やされた実生株なため安価になります。

葉は肉厚で、ライトグリーンの色みが美しいですね。

本種の特徴は開花期に見せる、非常に鮮やかな紅葉です。カールした美しい葉が真っ赤に紅葉する姿は是非育てて楽しんでほしいですね。

お値段は2500円

 

チランジア・モルドールファイアー T. Mordor Fire (T. intermedia X T. ionantha Fuego)

 

 

チランジア・モルドールファイヤーT. Mordor Fire (T. intermedia X T. ionantha Fuego)

チランジア・モルドールファイヤーはチランジア・インターメディアとチランジア・イオナンタ・フエゴの交配種。

美しいつぼ型のフォルムと開花期以外でもうっすらと紅葉した葉が美しい美種。

トリコームも厚く出ておりシルバーの色味も美しい。

開花期にはより一層赤みが強くなり、中心が盛り上がり火山が噴火したような姿が見られる。

なかなか流通していない珍しい交配種。

お値段は25000円

 

チランジア・マイスウィートローズ T. My Sweet Rose (T. riohondoensis X T. streptophylla)

 

チランジア・マイスィートローズはシルバーローズ(リオホンドエンシス)とストレプトフィラの交配種。

ストレプトフィラの性質が強く綺麗なつぼ型で乾燥するとくるくるの葉が特徴的です。

シルバーローズの葉の密度や銀葉の美しさが遺伝しているため葉姿はとても綺麗ですね。

開花期には全体がピンク色に染まりまさに名前の通りバラのような姿を見せてくれます。

お値段は18000円

 

チランジア・ミスティックアルバート T. Mystic Albert (T. albertiana X T. stricta)

 

チランジア・ミスティックアルバートはチランジア・アルベルティアナとストリクタの交配種で、Mark Dimmitt氏が作ったチランジア・アルベルティアナを親としたミスティックシリーズの交配種の一つ。

濃い赤紫色の花序から、これまた濃い赤紫色の三枚花弁の花を咲かせます。

葉は硬質で多肉質。ミスティックシリーズは花がきれいなため、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は3500円

 

チランジア・ミスティックマーカス(黄色花) T. Mystic Markus (T. albertiana X T. argentina)(Yellow Flower)

 

 

 

チランジア・ミスティックマーカスはチランジア・アルベルティアナとチランジア・アルゲンティナの交配種でミスティックシリーズのうちの一つ。ミスティックシリーズはアルベルティナを親とした交配種のシリーズ。

アルベテルティアナもアルゲンティナもアルゼンチンが原産のチランジアで、アルゼンチン原産の似た二つのチランジアの交配種。両親ともに性質でよく子株を出し見事なクランプを形成する。

花は濃いピンク色のしっかりとした三枚花弁の花で非常に美しい。ミスティックシリーズはどれも非常に美しい花が特徴ですので、是非その美しい花をお手元で咲かせてみてください。

※本来であればピンク色の花ですが今回入荷したものは画像のように黄色の花になります。

 

お値段は6000円

 

 

チランジア・ネグレクタ・アメジスト T. neglecta Amethyst

 

チランジア・ネグレクタ・アメジストはチランジア・ネグレクタの栽培品種の一つ。

基本種と比べると葉の色が紫色をしているのが特徴的。ネグレクタ・レッドジャイアントは多く流通していますが、こちらの品種は流通数が少なく希少。

葉は短く多肉質で、硬質。葉の全体に白いトリコームが見られます。開花期以外でも葉が紫色で肉厚な葉も相まってとても美しい姿をみせてくれます。

開花姿は現在調査中。

コレクター向けの品種でなかなか流通がありませんのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は12000円

 

チランジア・パレアセア・エナノ T. paleacea Enano

チランジア・パレアセア・エナノはチランジア・パレアセアの栽培品種の一つ。

名前の通り小型のパレアセアで、基本種同様に茎を伸ばしながら成長する有茎種。

葉は硬質で、葉の全体に毛足の長い白いトリコームが見られます。葉は短めで、枚数も多いので、とっても可愛らしいです。

丈夫で育てやすいので、初心者でもオススメです。

お値段は1500円

 

チランジア・ピージェイズフエゴプライズ T. PJ’s Fuego Prize (T. ionantha Fuego X T. concolor)

 

チランジア・ピージェーズフエゴプライズ T. PJ’s Fuego Prize (T. ionantha Fuego X T. concolor)

チランジア・ピージェーズフエゴプライズはチランジア・イオナンタ・フエゴとチランジア・コンコロールの交配種。

葉は多肉質でやや硬質。葉の全体に白いトリコームが見られます。

人気のイオナンタ・フエゴの交配種なのでコレクター方におすすめです。

お値段は12000円

 

チランジア・ポルツィー T. polzii

 

チランジア・ポルツィはブラジル原産のチランジア。

ブラジルの固有種で、リオグランデ・ド・スル州ミナ・マカク(カサパバとバジェの間)の岩の上で採取されました。

葉はやや硬質で全体にうっすらとトリコームが見られる銀葉種。グレーがかったの葉が美しく、アエラントスに良く似ており、花もピンクの花苞から青紫色の花を咲かせます。

丈夫で育てやすくクンラプにもなりやすいのでオススメです!

お値段は9000円

 

チランジア・レナーテスリザーブ T. Renate’s Reserve (T. argentina X T. aeranthos)

 

チランジア・レナーテスリザーブはチランジア・アルゲンティナとアエラントスの交配種。

アルゲンティナが交配に使われている珍しい交配種。

葉は多肉質で硬質。アルゲンティナの葉の質感に近いです。葉の姿も大きなアルゲンティナといった雰囲気です。

開花姿は現在調査中。

お値段は20000円

 

チランジア・レトルタ T. retorta

 

チランジア・レトルタはディアフォランテマ亜属の小型のチランジア。同じディアフォランテマ亜属のチランジア・アンディコラに似た外見を持つが本種のほうが葉が硬く曲線を描くように葉を伸ばす。一株で見ると平らな姿をしており短いながらも有茎種のように茎を伸ばしながら成長している。

レトルタの葉は硬質で全体にトリコームが出ているがやや緑が強い葉色をしている。葉を交互に出しながら茎を伸ばして成長していき葉は外側に曲線を描いて展開する。

花は小さく目立たないがクリーム色をした可愛らしい花を咲かせる。本種は自家受粉するので良く種をつける。

管理は難しくなく直射日光を避けて明るい日陰や半日陰の風通しの良いところで管理すると良い。子株を良く出しボール状にクランプになるためそのつもりで流木などに着生させてあげよう。特に着生させなくとも良く成長してくれるので風通し良く管理するのがポイントである。

お値段は2500円

 

チランジア・スプレンゲリアナ T. sprengeliana

 

チランジア・スプレンゲリアナはブラジルの極小希少種で非常に人気の高いチランジア。

現在はワシントン条約で取引の制限されているCITES種からは除外さたが流通量も少ないため高価。チランジア・カウツキーと姿が良く似ているが葉の色が明るく、トリコームが荒い、またやや葉が開いている。

しずく型の姿が愛らしく、特に自分の大きさとは不釣合いなほど大きく見事な花を咲かせる。花苞は明るい赤で濃いピンクの花を咲かせる。

成長はやや遅めだが、暑さにも寒さにもそれほど気を使わずに管理できるので、他のチランジアが問題無く育てられればスプレンゲリアナも育てられます。着生させじっくりと育てて欲しいですね!

お値段は20000円

 

チランジア・ストリクタ・アルビフォリア T. stricta var. albifolia

 

チランジア・ストリクタ・アルビフォリアはチランジア・ストリクタの変種の一つ。

ブラジルはエスピリト・サント州で採取された、ストリクタで青色の混じったような白い花を咲かせるのが特徴的です。

葉は肉厚で基本種と比べるとトリコームも多めです。

とても美しいストリクタなので、ぜひ育ててみてください。

お値段は2700円

チランジア・スウィートイザベル T. Sweet Isabel (T. tectorum X T.paleacea)

 

 

チランジア・スィートイザベルはチランジア・テクトラムとパレアセアの交配種。

毛足の長いトリコームと白く美しい外見が人気の有茎種のチランジア。

開花せずとも子株をだしてクランプになります。

丈夫で育てやすく乾燥にもつよいのでオススメです!

お値段は2500円

 

チランジア・テクトラム・ファズボール T. tectorum Fuzzball

 

チランジア・テクトラム・ファズボールはチランジア・テクトラムの栽培品種の一つ。「Fuzz Ball」毛玉と名前の付けられたテクトラムで名前の通り毛玉のような姿がとても魅力的です。

基本種よりも小型で、葉も短いですが、トリコームの毛足が長いのが特徴的です。

あまり大きくならずころんと丸く成長していくので、とても可愛らしいですね。

乾燥に強く丈夫ですが、明るく風通しのよいところで、育ててあげてください。

お値段は3000円

 

チランジア・テクトラム・イッティビッティ T. tectorum Itty Bitty

 

 

チランジア・テクトラム・イッティビッティはチランジア・テクトラムの栽培品種の一つ。

テクトラムの中でも毛足の長いトリコームを持つのが特徴的です。

小型のテクトラムでテクトラム・ファズボールやテクトラム・スモールに近い印象を受けます。

葉は細くやや硬質。葉の全体に白く毛足の長い美しいトリコームを持っています。

水のあげすぎではなく、暗い場所や日光が不足するとトリコームが剥げやすくなるため明るい場所で管理するのがおすすめです。

栽培は基本種と同じで問題ありません。明るく風通しのよい環境でしっかりと水をあげてください。

お値段は2000円

 

チランジア・テヌイフォリア・エベンシオ T. tenuifolia Evencio

 

チランジア・テヌイフォリア・エベンシオはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種の一つ。

やや多きめのテヌイフォリアで、葉は硬質で、一方方向へ反るような姿で成長していきます。

葉の全体に白いトリコームが見られテヌイフォリアのなかでは銀葉種に近い雰囲気をもっています。

開花期にはピンク色の花苞から白い花を咲かせます。

お値段は1800円

 

チランジア・テヌイフォリア・レインフォレストフローラ T. tenuifolia Rainforest Flora

 

 

チランジア・テヌイフォリア・レインフォレストフローラはチランジア・テヌイフォリアの栽培品種の一つ。

レインフォレストフローラ社からリリースされその名を冠するテヌイフォリア。

葉は肉厚で弾力があります。葉の全体にうっすらと白いトリコームが見られます。

流通数が少なくコレクターの方やレインフォレストフローラ社のファンの方にはおすすめの品種。

お値段は8000円

 

チランジア・タイ(ティー) T. Ty(T. ehlersiana X T. bulbosa)

 

 

チランジア・ティーはチランジア・エーレルシアナとブルボーサの交配種。

美しい壺型種の交配種なため人気も高いです!

葉は強くうねる魅力的な姿で、つぼの部分は大きく成長し、全体にトリコームが良く出るため白く見えます。

人気の交配種なのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は9000円

 

チランジア・ベスティダ T. vestida

 

チランジア・ベスティダはブラジルやメキシコに自生するチランジア。

現在はチランジア・シーディアナのシノニム(同物異名)synonymとして扱われています。

葉は細く柔らかめ。葉の全体に白いトリコームが見られます。

開花期にはピンク色の花序から黄色い筒状の花を咲かせます。

シーディアナと育て比べても面白いかと思います。

お値段は1500円

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーロホ T. Victoria Red Splendor Rojo (ionantha X T. brachycaulos)

 

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーロホは交配種であるチランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーの選抜品種。

Rojoとは赤いという意味を持っており、基本種よりも赤くなることが伺えます。

チランジア・ヴィクトリアと比べると葉のトリコームが細かく葉が白く見える。またとても葉が柔らかいです。

強光下では葉が赤く色づき非常に綺麗です。

お値段は2000円

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーワイドリーフ T. Victoria Red Splendor Wide Leaf (ionantha X T. brachycaulos)

 

チランジア・ヴィクトリアレッドスプレンダーワイドリーフは交配種であるチランジア・ヴィクトリア・レッドスプレンダーの選抜品種。

ワイドリーフの名前通り、基本種よりも葉が幅広いのが特徴的です。

チランジア・ヴィクトリアと比べると葉のトリコームが細かく葉が白く見える。またとても葉が柔らかいです。

強光下では葉が赤く色づき非常に綺麗です。

お値段は2000円

 

 

販売は8月13日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA