【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

販売は12月18日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

販売品種の紹介

 

 

チランジア・ラブノット T. Love Knot (T. capitata X T. streptophylla)

 

チランジア・ラブノットはチランジア・カピタータとチランジア・ストレプトフィラの交配種。

開花期以外でも葉が赤く色づき非常に美しい人気のある交配種です。

また30cmを超えるほどに大きく成長することもある大型の交配種で、管理は難しくなく育てやすいですね。

開花期にはさらに色鮮やかに紅葉してくれる魅惑の交配種!

お値段は25000円

 

チランジア・マレモンティー T. mallemontii

 

チランジア・マレモンティーは細く繊細な葉を持つ一つ一つが小さい小型のチランジア。多くはこのようにクランプの状態で出回ることが多い。葉は柔らかくトリコームを持つ。

香りの良い美しい薄紫色の花を次々と咲かせるのが特徴で、環境が合えば子株をどんどん出し次から次へと開花し非常に栽培していて楽しいチランジアである。

一方管理はやや難しく、水切れに弱いため乾燥する場所では水遣りの頻度を多めにするとよい。チランジア・ウスネオイデスのように雨の当たる環境などで管理するのもオススメである。

チランジア・バンデンシスと近縁種で非常に良く似ているため混ざると見分けがつき難い。本種のほうがより葉が細く繊細で、バンデンシスのほうが花が濃い紫色である。

お値段は1200円

 

 

チランジア・マルコーニ(マルコナ) T. marconae

 

チランジア・マルコナ(マルコーニ)はあまり流通していないマイナーなチランジア。銀葉種で有茎種、美しいトリコームとグレーの葉色が美しい美種。

良く子株を出しクランプになりやすいのが特徴で、同じ銀葉種の有茎種にチランジア・アルビダがあるがあのように大型にはならない葉も柔らかめ。どちらかというとチランジア・ステリフィラに近いが本種のトリコームの毛足は短い。

クランプになった姿はとても美しく育てるのも容易なため見かけたら是非育ててみると良い。

チリの砂漠地帯に生息していてチランジア・ランドベッキーなどと同じ場所に生育しているようである。

お値段は800円

 

チランジア・マイスウィートローズ T. My Sweet Rose (T. riohondoensis X T. streptophylla)

 

チランジア・マイスィートローズはシルバーローズ(リオホンドエンシス)とストレプトフィラの交配種。

ストレプトフィラの性質が強く綺麗なつぼ型で乾燥するとくるくるの葉が特徴的です。

シルバーローズの葉の密度や銀葉の美しさが遺伝しているため葉姿はとても綺麗ですね。

開花期には全体がピンク色に染まりまさに名前の通りバラのような姿を見せてくれます。

お値段は15000円

 

チランジア・ネグレクタ・アメジスト T. neglecta Amethyst

 

チランジア・ネグレクタ・アメジストはチランジア・ネグレクタの栽培品種の一つ。

基本種と比べると葉の色が紫色をしているのが特徴的。ネグレクタ・レッドジャイアントは多く流通していますが、こちらの品種は流通数が少なく希少。

葉は短く多肉質で、硬質。葉の全体に白いトリコームが見られます。開花期以外でも葉が紫色で肉厚な葉も相まってとても美しい姿をみせてくれます。

開花姿は現在調査中。

コレクター向けの品種でなかなか流通がありませんのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は12000円

 

チランジア・プラシェキー T. prascheckii

 

チランジア・プラシェキーはキューバ原産のチランジア。キューバの固有種で標本個体はピナールデルリオ州(Pinar del Rio)のロス ホヨス(Los Hoyos)から約40kmの標高200~300mの岩の上に自生しているところを採取されました。

小型のチランジアで葉は柔らかく葉の全体に白く濃いトリコームが見られます。葉は反り返るようにカールし根元は壺型種のように少し膨らみます。

最大の特徴は成長点ではなく、脇の葉の間から紫色の筒状の花を咲かせるという珍しい開花姿になります。

ほとんど流通しない珍しい品種ですので、この機会にいかがでしょうか?

お値段は30000円

 

チランジア・プライムタイム T. Prime Time (T. ehlersiana X T. brachycaulos Supreme)

 

チランジア・プライムタイムはチランジア・エーレルシアナとブラキカウロス・シュプリームの交配種。

魅力的な品種同士の交配種でエーレルシアナの性質を受け継いだ魅力的な壺型種。

葉はやや肉厚で柔らかめ。葉の全体に毛足の長い白いトリコームが厚く見られます。葉はうっすらと赤みを帯びでおりとても美しく、葉の密度も多く根元も膨らみ魅力的な姿をしています。

お値段は30000円

 

チランジア・プルピクス T. Purpix (T. purpurea X T. ixioides)

チランジア・プルピクスはチランジア・プルプレアとイキシオイデスの交配種。

トリコームが美しい2種の交配種で本種もとても美しいトリコームを持っています。

葉は肉厚で弾力があります。葉の全体に毛足の長い白いトリコームが見られ、葉の色は明るい緑色でとても綺麗です。

お値段は6000円

 

チランジア・ラウヒー T. rauhii

 

チランジア・ラウヒーはペルー原産の固有種。

ペルーはピウラの標高700mの垂直の崖の壁に自生しているところを採取されたました。

タンクタイプのチランジアで大きく成長する大型種。また流通が少なく希少です。

葉は肉厚で弾力があります。葉にはトリコームが見られ、葉の色はグレーグリーンや紫みを帯びています。

開花期には複数の花苞をつけるとても大きなシルバーグリーンの花序をだし、紫色の潰れたような不思議な花を咲かせます。花序はとても大きく見応えたっぷりです。

久しぶりの再販ですので、この機会に是非!

お値段は14000円

 

チランジア・リーガルルネ T. Regal Rene (T. streptophylla X T. chiapensis)

 

 

チランジア・リーガルルネはチランジア・ストレプトフィラとチアペンシスの交配種。

人気種同士の交配種で、本種も非常に魅力的な姿をしている壺型種ます。

葉は肉厚で、全体に白く美しいトリコームが見られます。根元はどっしりと壺型で、葉は綺麗なカールをしています。

色もうっすらとピンク色で独特な葉の色をしており、とても魅力的です。

今回入荷したものは非常に美しい個体ですので、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は65000円

 

チランジア・サマイパテンシス T. samaipatensis

 

チランジア・サマイパテンシスはボリボア原産の固有種。

ボリビアはサンタクルズ、標高700~1350mの垂直の崖の壁に自生しています。

標本個体はサンタクルズ県より20㎞サマイパタ(Samaipata )の東のサンタクルスデラシエラへの道の近くで採取されました。

タンクタイプのチランジアで大きく成長する大型種。開花姿に特徴のある流通の少ない希少種。

葉はそこまで厚みがなく弾力があり、葉の全体に白いトリコームが見られます。

開花期には長く垂れ下がり、複数に分岐し非常に多くの花苞をつける黄色の花序を出して赤紫色、ピンク色の筒状の花を咲かせます。

流通数の少ない希少種ですので、この機会に是非いかがでしょうか?

お値段は45000円

 

チランジア・ショウタイム T. Showtime (T. bulbosa X T. streptophylla)

 

チランジア・ショウタイムはチランジア・ブルボーサとストレプトフィラの交配種。

とても美しいつぼ型の交配種で、葉も良くうねり形も綺麗に成長してくれる。

両親の性質が綺麗に出ている魅力的な交配種。

交配種は丈夫で育てやすく、成長も早いのでオススメです!

お値段は2000円

 

チランジア・スプレンゲリアナ T. sprengeliana

 

チランジア・スプレンゲリアナはブラジルの極小希少種で非常に人気の高いチランジア。

現在はワシントン条約で取引の制限されているCITES種からは除外さたが流通量も少ないため高価。チランジア・カウツキーと姿が良く似ているが葉の色が明るく、トリコームが荒い、またやや葉が開いている。

しずく型の姿が愛らしく、特に自分の大きさとは不釣合いなほど大きく見事な花を咲かせる。花苞は明るい赤で濃いピンクの花を咲かせる。

成長はやや遅めだが、暑さにも寒さにもそれほど気を使わずに管理できるので、他のチランジアが問題無く育てられればスプレンゲリアナも育てられます。着生させじっくりと育てて欲しいですね!

お値段は16000円

チランジア・ストレプトカルパ・ボリビア T. streptocarpa Bolivia

 

チランジア・ストレプトカルパ・ボリビアはチランジア・ストレプトカルパの栽培品種の一つ。

ボリビアで採取されたストレプトカルパで基本種と比べると葉がとても肉厚。

葉の全体に毛足の長いシルバーグレーのトリコームが見られます。

なかなか流通しないのでコレクションにいかがでしょうか?

お値段は9000円

 

チランジア・スウィートネス T. Sweetness (T. Concap X T. xerographica)

 

チランジア・スウィートネスはチランジア・コンキャップとキセログラフィカの交配種。

キセログラフィカの交配種で、葉に赤みを持つ美しい交配種。

葉は肉厚で全体にうっすらとトリコームが見られます。開花期以外でも葉に赤みが出ています。

丈夫で育てやすく美しいのでおすすめの交配種。

お値段は12000円

 

チランジア・タウニーイエロー T. Tawny Yellow (T. crocata X T. mallemontii)

 

チランジア・ラウにーイエローはチランジア・クロカータとマレモンティーの交配種。

香りの良い花を咲かせるチランジア同士の交配種で、本種の花の香りも楽しみです。

葉は細く、白いトリコームが全体に見られます。茎を伸ばしながら成長していきます。

開花サイズは小さめで、開花期には山吹色の三枚花弁の花を咲かせます。

お値段は1500円

 

チランジア・テクトラム・ファズボール T. tectorum Fuzzball

チランジア・テクトラム・ファズボールはチランジア・テクトラムの栽培品種の一つ。「Fuzz Ball」毛玉と名前の付けられたテクトラムで名前の通り毛玉のような姿がとても魅力的です。

基本種よりも小型で、葉も短いですが、トリコームの毛足が長いのが特徴的です。

あまり大きくならずころんと丸く成長していくので、とても可愛らしいですね。

乾燥に強く丈夫ですが、明るく風通しのよいところで、育ててあげてください。

お値段は2300円

 

チランジア・ザ センチネル T. The Sentinel (T. paucifolia X T. caput-medusae)

チランジア・センチネルはチランジア・パウシフォリアとチランジア・カプトメデューサの交配種。

美しいつぼ型フォルムとうねる葉っぱが魅力的で、成長点付近が濃い紫色をしているのも特徴的です。

均整の取れたフォルムがなんとも美しいなかなかいい交配種です。

お値段は2500円

 

チランジア・タイ(ティー) T. Ty(T. ehlersiana X T. bulbosa)

 

チランジア・ティーはチランジア・エーレルシアナとブルボーサの交配種。

美しい壺型種の交配種なため人気も高いです!

葉は強くうねる魅力的な姿で、つぼの部分は大きく成長し、全体にトリコームが良く出るため白く見えます。

人気の交配種なのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は8000円

 

チランジア・ワグネリアナ T. wagneriana

 

チランジア・ワグネリアナはペルー、エクアドルにかけて自生するタンクタイプのチランジア。

標高500~1300mに自生し日付は不明ですが、標本個体はペルーのロレートで採取されました。

葉は柔らかく、トリコームがほとんどありません。湿度を好む緑葉種のため鉢に植え付けて管理するのがおすすめです。

開花期には大きなピンク色の花序を出して紫色の三枚花弁の花を咲かせます。花茎には平べったいピンク色の花苞が複数付き長い間開花を楽しめます。

あまり流通しない希少なチランジア。

お値段は12000円

 

 

以上になります!

皆さん気になるチランジアはありましたでしょうか?

 

販売は11月6日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

前編はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア12月18日約40種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

 

 

 

 

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA