【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】前編

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア 北海道 札幌市】前編

 

 

 

 

皆さんこんにちは!

 

素敵なチランジア達がたくさん入荷しております!

今回は希少なスプレンゲリアナ、カピラリス・ヴィレッセンス、ブルボーサ・ベビー、モルドールファイアー、ジャンピングフォージョイ等々流通数の少ない珍しい品種が入荷しております!

また人気につき欠品中だったエリックノブロック、カーリースリム、テクトラム・ファズボール、が入荷しました!

皆さんこの機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は8月13日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

後編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

販売品種の紹介

 

チランジア・レアジュエル T. A Rare Jewel (T. funckiana X T. ionantha v. stricta)

 

 

チランジア・レアジュエルはフンキアナとイオナンタ・ストリクタの交配種。

近年作出されたばかりであまり情報がありませんが、その名の通りまるで珍しい宝石のようにキラキラとたくさんの色を見せてくれる魅力的な品種とのことです。

葉は細くやや硬質。茎を伸ばす有茎種でフンキアナの見た目に近いですが、イオナンタのずっりしとした姿も持ち合わせた面白い姿をしています。

栽培は難しくなく丈夫で育てやすいです。

お値段は12000円


チランジア・アエラントス・ブロンズ T. aeranthos Bronze

 

 

チランジア・アエラントス・ブロンズはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

葉が赤銅色に染まるのが最大の特徴で、基本種のアエラントスよりも葉の密度が高く、あまり茎を伸ばさないも特徴です。

非常に丈夫で育てやすく、開花せずとも良く子株をだします。

開花期には濃い目のピンク色の花序から青紫色の美しい花を咲かせます。

お値段は1300円


チランジア・アエラントス・ミニアータ T. aeranthos Miniata

 

チランジア・アエラントス・ミニアータはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。名前の通り基本種のアエラントスと比べて小型ですが、葉の密度が多いのが特徴的です。葉の色もやや明るい緑葉種。小さいながらも茎を伸ばして成長する有茎種。さらに小さいアエラントスとして、アエラントス・ミニアータミニミーがあり、それより小さいアエラントス・ミニアータミニミニミーという品種も存在します。

葉はやや硬質で、トリコームのない緑葉種。茎を伸ばしながら葉を展開させていきます。葉は基本種同様やや内側に向かって反るような形をしています。

花が咲いている姿を確認できないため、もしかすると開花しない可能性があります。

性質は非常に丈夫で、成長スピードも早く、2~3年ほどで立派なクランプへと成長してくれます。基本種と比べると乾燥に弱いですが、クランプの中心部は風通しが悪く水やりの際は注意してください。1~3株くらいのクランプであれば水やりは小まめにし、大型クランプになったら水やりの頻度を落としてあげるといいかと思います。

お値段は1300円

 

チランジア・アエラントス・パープルファン T.aeranthos ‘Purple Fan’

 

 

チランジア・アエラントスパープルファンはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

名前の通り葉が紫色に色づくのが特徴です。寒暖さと日照条件で葉が色づくので合った環境を探してみるのも面白いです。

葉は硬質でとってもかっこいいオススメの品種!

また丈夫で寒さにも強いので、初めての方でもオススメ!

お値段は4500円

 

チランジア・アルバレジア(アルバレジー) T. alvareziae (T. alvarezii)

 

 

チランジア・アルバレジアはメキシコ原産の固有種のチランジア。メキシコはベラクルズで採取されました。

葉は細く柔らかい、グラス系のチランジアで、不思議な葉の色をしています。

開花期にはグリーンの花序から白い三枚花弁の花を咲かせます。

※ばらばらにならないように植物用のボンドで何株かをまとめてくっつけてあります。

お値段は2500円

 

 

チランジア・アメージンググレース T. Amazing Grace (T. roseoscapa X T. bulbosa)

 

チランジア・アメージンググレースはチランジア・ブルボーサとロゼオスカパの交配種。壺型種と有茎種の珍しい交配種です。

Dimmitt氏とPual Isley氏によって作出されました。

葉はトリコームが全体に白いトリコームが見られ根元付近はトリコームが濃く見られます。

どちらかというとブルボーサの性質が強くでており、根元がどっしりと壺型に膨らみとても魅力的な姿を見せてくれます。

開花サイズは30cmほどで、開花期にはピンク色の花序を出して開花します。

なかなか流通しない希少な品種ですのでコレクションにいかがでしょうか?

お値段は32000円

 

チランジア・アンディコラ T. andicola

 

チランジア・アンディコラはディアフォランテマ亜属のチランジア。

ディアフォランテマ亜属の中ではやや大きめに分類されます。

葉はとっても硬く針のようで、子株をよく出してクランプになります。

開花期には三枚花弁の茶色の花を咲かせ、花には芳香があります。

お値段は1500

 

チランジア・ベルゲリ・カウレッセントフォーム T. bergeri Caulescent Form

 

 

チランジア・ベルゲリ・カウレッセントフォームは基本種のベルゲリと比べてより茎が伸び、そして太いユニークなフォルムをしています。

基本種と比べると全体的に大きく特に茎が長く非常に太いです。

育てやすく丈夫で、成長も早いため安心して育てられますね。

お値段は1500円

チランジア・ビショップジョンフィッシャー T. Bishop John Fisher (T. seleriana X T. caput-medusae)

 

チランジア・ビショップジョンフィッシャーはチランジア・セレリアナとカプトメデューサの交配種。

壺型種同士の交配種でDimmitt氏とPual Isley氏によって作出されました。

葉は多肉質で弾力があります。葉の全体に白いトリコームが見られます。壺型種同士の交配種なので根本はどっしりとした壺型に成長します。

開花期には赤い短い花序を出して紫色の筒状の花を咲かせます。

流通数が少ない希少な品種ですのでコレクターの方におすすめです。

お値段は32000円

 

チランジア・ブラキカウロス・シュプリーム T. brachycaulos Supreme

チランジア・ブラキカウロスシュプリームはチランジア・ブラキカウロスの選抜品種。ブラキカウロスの中から赤みを強く帯びたものを選んで栽培されているもの。名前のシュプリームとは「最高」という意味があります。

本種は開花期以外でも葉にうっすらと赤みを帯びており、通常のブラキカウロスとは違う葉色になっている。葉は柔らかく綺麗なロゼット型に展開する。開花期はさらに葉の赤みが強くなり全体が真っ赤に色づく姿は非常に美しい。

性質は通常のブラキカウロス同様に育てやすく丈夫。乾燥すると葉が丸まってくるので気をつけたい。午前中の涼しい時間帯だけ陽が当たるような明るい環境で管理してあげると良いですね!

お値段は1500円

 

チランジア・ブラジリアンビューティー T. Brazilian Beauty (T. araujei X T. stricta)

 

チランジア・ブラジリアンビューティーはチランジア・アラウジェイとストリクタの交配種。

両種ともブラジルに自生しておりこの名がつけられたと思います。

葉は硬質で短めですが、幅広。トリコームがうっすらと見られますが、葉の緑色の強い緑葉種。

茎を伸ばしながら成長する有茎種でがっしりと太い茎が魅力的ですね。

お値段は15000円

 

チランジア・ブライトライト T. Bright Light (T. funckiana X T. kegeliana)

 

チランジア・ブライトライトはフンキアナとケゲリアナの交配種。

2016年8月に導入された新しい交配種。

有茎種のフンキアナとロゼット型のケゲリアナとなんとも魅力的な組み合わせです。

葉は細くやや柔らかめ、葉の色は明るく全体に白いトリコームがうっすらと見られます。葉先がやや赤みを帯びていてとても綺麗。

なかなか流通しない珍しい交配種でコレクターの方におすすめです。

お値段は12000円

 

チランジア・ブルボーサ・ギガンテ T. bulbosa Gigante

 

チランジア・ブルボーサ・ギガンテはチランジア・ブルボーサの巨大化するタイプ。
非常に大きくなるのが特徴で最大で葉長が60cmにもなる大型種。

葉は多肉質で根元の壺部分は握りこぶしほどの大きさに成長する。それがクランプになるのだから圧巻の一言である。

花は赤い花序に紫の筒状の花を咲かせる。

管理は基本種同様、風通しの良い日陰で水苔などに植えつけてやると調子が良い。直射日光と暑さに弱く注意すること。

お値段は1500円

 

チランジア・ブルボーサ・ベビー T. Bulbous Baby

 

チランジア・ブルボーサ・ベイビーはブルボーサの栽培品種の一つ。

10個の種子から見つけられたチランジアで、最初はまったく別のチランジアだと思って育てられていました。しかし成長した姿を見て標準的なブルボーサの姿とは違う魅力的な姿へと成長したためこのように名前を付けられたそうです。

交配種なのかどうなのか詳しい情報はありませんが、流通数の少ない珍しい品種です。

お値段は15000円

 

チランジア・カピラリス・ヴィレッセンス T. capillaris v. virescens (Formerly Pitchfork)

 

 

チランジア・カピラリス・ヴィレッセンスはカピラリスの変種の一つ。

様々な変異種のあるカピラリスのなかでも非常にユニークな姿をしています。

1cmにも満たない葉を交互に出し小型で細く伸びるように生長していく姿はとってもユニーク!。

流通量も少ない希少な種類ですが、成長速度はわりと速めで管理もさほど難しくないです。風通しの良い環境で管理しますが、小型のため風に飛ばされたり、乾燥が早い傾向があるため水遣りを多くすると良い。

開花期には黄色の花を咲かせます。

お値段は6000円

 

チランジア・セレブレーション T. Celebration (T. bulbosa X T. brachycaulos)

 

 

チランジア・セレブレーションはチランジア・ブルボーサとブラキカウロスの交配種。人気の壺型種ブルボーサの交配種。

葉は多肉質で柔らかめ。葉にはあまりトリコームがなく、葉の色はグリーンの色味が強い緑葉種。

根元はしっかりとした壺型へ膨らみ、葉の枚数が多く、とても魅力的です。

開花期には赤く紅葉し、短い花序から紫色の筒状の花を咲かせます。

お値段は20000円

 

チランジア・クリスタガリー T. crista-gallii

 

チランジア・クリスタガリはメキシコのチアパス州原産のチランジアでメキシコ固有種。

標高1800mの針葉樹や様々な樹木が混生している、広い森林地帯に自生しています。

葉は細長く、弾力があります。葉をロゼット型に展開しながら成長していきます。

開花期には赤い光沢のある花序を出し、紫色の筒状の花を咲かせます。

それほど流通量の多くないマニアックなチランジア。

お値段は6500円

 

チランジア・クロカータ・ブランディーワイン T. crocata Brandywine

 

チランジア・クロカータ・ブランディーワインはまだあまりよく分かっていないチランジア。チランジア・クロカータとチランジア・レクルバータなどの何かとの自然交配種ではないかと予測されているが現時点では不明である。

本種の葉はチランジア・ウスネオイデスのように細く長く柔らかい。羽毛のようなトリコームもあるが基本種のクロカータほど荒くなく、細かいトリコームである。茎は名前の通りワインレッドの色をしておりシルバーの葉と相まって非常に美しい。

花は小さな黄色い花もしくは茶色い花の三枚花弁の花を咲かせる。花には芳香がありとても良い香りがする。

お値段は1500円

 

チランジア・カーリースリム T. Curly Slim (T. intermedia X T. streptophylla)

 

チランジア・カーリースリムはインターメディアとストレプトフィラの交配種。

大きく成長する大型種でくるくるカールする葉がとても可愛らしい人気の交配種。

開花期には分岐するピンク色の花序だして長い間咲き続けてくれます。

今回入荷したものはサイズは小さめですが、お求め安い価格!この機会にいかがでしょうか?

交配種は丈夫で育てやすく、成長も早いのでオススメです!

お値段は2500円

 

チランジア・ディグエティー T. diguetii

 

 

チランジア・ディグエティーはメキシコ原産の小型種のチランジア。壺型種でもありその見た目はチランジア・ストレプトフィラをそのまま小さくしたような魅力的な姿をしています。

あまり流通しておらずなかなか見かけることがない珍しいチランジア。

葉は肉厚で柔らかく、弾力があります。全体にトリコームが現れており葉の色はライトグリーン。くねくねとうねるような葉がなんとも愛らしいですね!

開花期にはストレプトフィラとは異なり、大きな花序は形成せず、カピタータのように成長点から直接花を咲かせる。花は紫色の筒状の花を咲かせる。

栽培は難しくなく明るく風通しの良いところで管理すれば特に問題はない。水苔などの上に乗せながら管理してやるのもよい。やや寒さに弱いところがあるため冬季の管理には気をつける。

お値段は2000円

 

チランジア・エドドハーティー T. Ed Doherty (T. aeranthos X T. leonamiana)

 

チランジア・エドドハーティはチランジア・アエラントスとチランジア・レオナミアナの交配種。とても珍しい交配種で、しばしば紫の花と淡いピンクの花を同時に咲かせる。

葉はやや硬質でしっかりとしており、レオナミアナの性質である美しい白いトリコームを全体にまとっている。アエラントスの有茎種の性質で茎を伸ばしながら葉を出して成長していく。

開花期にはややピンク色に紅葉し、真っ赤な花苞を出す。花の色にはバラつきがあり、同じ花苞でも三枚花弁の紫色の花と淡いピンク色の花を同時に咲かせる珍しい開花姿が魅力的だ。

お値段は1800円

 

チランジア・エイステテリ T. eistetteri

 

チランジア・エイステテリはメキシコ原産のチランジア。

新しく記載されたばかりのチランジアでなかなか珍しいですよ!

細くシャープな葉をたくさん出すグラス系のチランジア。

花はピンク色の筒状の可愛らしい花を咲かせます。

お値段は4500円

 

 

チランジア・エルシド T. El Cid (T. capitata Silver Rose X T. brachycaulos)

 

 

チランジア・エルシドはチランジア・カピタータ・シルバーローズ(リオホンドエンシス)とチランジア・ブラキカウロスの交配種。

大きく成長する大型種の交配種。

葉は肉厚で柔らかめ。葉の全体に白いトリコームが見られます。葉の色は明るく緑色の色味が強いですがトリコームが表面に現れていて淡いグリーン色をしています。

なかなか流通しない珍しい品種なのでコレクターの方におすすめです。

お値段は20000円

 

チランジア・エリックノブロック T. Eric Knobloch (T. brachycaulos X T. streptophylla)

 

チランジア・エリックノブロックはチランジア・ブラキカウロスとチランジア・ストレプトフィラとの良交配種で、交配種のアイドルとも呼ばれるほど人気の高い交配種です!

開花するときは全体が真っ赤に紅葉する姿はなんとも美しく、ストレプトフィラのカールする葉の性質もしっかりと受け継いでいますのでとても綺麗ですよ!

根元は壺型の性質ででっぷりと太っているのもなんだか可愛らしいですね!

育てやすく丈夫で成長も早いのもおすすめの理由です。

葉がカールしてきた姿はとってもキュートです。

お値段は2500円

 

チランジア・エクセルタ T. exserta

 

チランジア・エクセルタは細長いカールする葉がなんとも美しく人気ある種です。

また銀葉種でトリコームも白く美しいのでとってもオススメ!

葉は肉厚で硬質。葉の全体に白いトリコームが見られます。葉は長く伸びカールしながら長く伸びていくため育てていくと、とても美しい姿へと成長していきます。

育てるのは容易で明るく風通しの良いところであれば問題なく管理できます。

お値段は2000円

 

チランジア・イオナンタ・マッチョ T. ionantha Macho

 

 

チランジア・イオナンタ・マッチョはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

流通量の少ない珍しいイオナンタで、ユニークな名前からコレクターの間でも人気が高いです。

葉は多肉質で硬質、うっすらとトリコームが見られます。垂直方向へ葉を展開させながら成長していきます。

お値段は4000円

 

チランジア・イオナンタ・プレデター T. ionantha Predator

 

 

チランジア・イオナンタ・プレデターはイオナンタの栽培品種の一つ。

やや大きめに成長するイオナンタで、葉は柔らかめで、枚数も多く魅力的な姿をしています。

開花期に見せる独特な色合いも魅力的です。

流通量が少なく珍しいイオナンタ。

お値段は13000円

 

チランジア・イオナンタ・ロン T. ionantha Ron

 

チランジア・イオナンタ・ロンはチランジア・イオナンタの栽培品種の一つ。

とてもユニークな姿へ成長してくれるイオナンタで、葉は短く密度が高いです。

葉は肉厚で、下向きにカールしていくので成長した姿はとても魅力的。

お値段は4000円

 

チランジア・イオナンタ・ルブラハードリーフ T. ionantha Rubra Hard Leaf

 

チランジア・イオナンタ・ルブラ ハードリーフはチランジア・イオナンタ・ルブラの選抜品種。

名前の通り、葉が肉厚でやや硬質なのが特徴的です。

育て方は基本種のイオナンタと同様で問題ありません。

コレクターの方にオススメのチランジア!

お値段は1200円

 

チランジア・イオナンタ・スモウサイズホワイト T. ionantha Sumo Size White

 

チランジア・イオナンタ・スモウサイズホワイトはチランジア・イオアンタの栽培品種のうちの一つ。

大型のイオナンタであり葉数の多さ、葉の密集度合い、大きさどれをとっても素晴らしいイオナンタである。

葉は柑橘系の黄色がかった緑色をしており、通常より厚めのトリコームがあり、白く見える。

開花期には黄色く紅葉し、白い花を咲かせます。

育てるは難しくなく初心者でも安心です。

お値段は2500円

 

販売は8月13日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

※価格はすべて税別になります。

 

価格一覧はこちらから!

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の販売品種と価格一覧【エアプランツ チランジア】

 

後編はこちらから!

 

【Frontier Plants】オンラインストア8月13日約60種類!の価格と画像を紹介【エアプランツ チランジア】後編

 

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA