【Frontier Plants】オンラインストア6月2日入荷予定チランジアの紹介【エアプランツ】

posted in: 入荷情報 | 0

【Frontier Plants】オンラインストア6月2日入荷予定チランジアの紹介【エアプランツ】


 

皆様こんにちは!6月2日の新入荷品のお知らせです。

素敵なチランジア達がたくさん入荷しております!

今回はあまり出回らない珍しい種が多いので是非この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょうか?

クロカータ・ジャイアントや、あまり流通していない交配種バウプルなどオススメがたくさんです!

価格などの発表はまた後日となりますので是非お楽しみにしててください。

販売は6月2日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

 

入荷予定チランジア一覧

 

チランジア・アエラントス・ブロンズ T. aeranthos ‘Bronze’

 

チランジア・アエラントス・ブロンズはチランジア・アエラントスの栽培品種の一つ。

葉が赤銅色に染まるのが最大の特徴で、基本種のアエラントスよりも葉の密度が高く、あまり茎を伸ばさないも特徴です。

非常に丈夫で育てやすく、開花せずとも良く子株をだします。

開花期には濃い目のピンク色の花序から青紫色の美しい花を咲かせます。

お値段は1300円+税

 

チランジア・アエラントス×ベルゲリ T. aeranthos×T.bergeri

 

 

チランジア・アエラントス×ベルゲリはその名の通り二つの交配種

非常に丈夫で育てやすく、初心者にもオススメの交配種

葉は硬質で、トリコームの少ない緑葉種で茎を伸ばす有茎種

開花せずとも子株をだしてクランプになります。

お値段は1000円+税

 

チランジア・アルゲンティナ T. argentina Clump

 

チランジア・アルゲンティナ(アルゼンチナ) Tillandsia argentina

チランジア・アルゲンティナはアルゼンチンからボリビアにかけて生息しているの小型のチランジア。大きく成長しない小型のチランジアで3~7cmほどで開花サイズである。大型に成長するタイプでも7cm程度までしか成長せず以前は大型のタイプはチランジア・ウンカ Tillandsia uncaとして別の種として登録されていたが、現在はアルゲンティナに統一されている。

葉は多肉質でうっすらと全体にトリコームが見られる。葉はしっかりとしており一方方向に揃って反り返るような葉の出し方をする。

花は小型種ながらも白ピンク色の美しい大きめの花を咲かせる。花姿はとても愛らしく魅力的。

栽培は容易で丈夫で育て易い。小型なので乾燥にはあまり強くないので湿度を保ち小まめに水をやると調子が良い。根も良く出すので流木などに着生させてやると良い。本種は子株を出してクランプになりやすいので見事なクランプを形成してくれる。

お値段は1300円+税

 

チランジア・バウプル T. Bauple (T.brachycaulos x T.streptophylla)

 

 

チランジア・バウプルはチランジア・ブラキカウロスとストレプトフィラの交配種。

人気のエリックノブロックの同交配ですが、エリックノブロックの方が人気があるため、なかなか流通しない珍しい交配種です。

大きく成長する大型種。幅広の肉厚で柔らかい葉で、根元はストレプトフィラのようにどっしりと成長していきます。

丈夫で育てやすく、成長も早いオススメの交配種です。

お値段は2500円+税

 

チランジア・カプトメデューサ×ブラキカウロス T. caput medusae × T.brachycaulos

 

 

チランジア・カプトメデューサ×ブラキカウロスはその名の通り二つの交配種。

ちょうど二つの性質を合わせたような草姿をしており、形はカプトメデューサのような姿をして、

葉のトリコームは少なくきめが細かいです。そして柔らかく、幅が広いです。

葉の密度も高めなのでオススメ交配種です。

お値段は4500円+税

 

チランジア・チアペンシス T. chiapensis Small clump

 

チランジア・チアペンシスは肉厚の葉と厚いトリコームが魅力的な銀葉種です。

また明るい環境下では葉がうっすらと紫色になるためとっても美しく人気の高い種です!

特別な管理もなく育てやすくはじめての方でも安心して育てられます!

こちらは小さめのクランプタイプ。

お値段は1700円+税

 

チランジア・コマラパエンシス T. comarapaensis

 

チランジア・コマラパエンシスはボリビア原産の銀葉種のチランジア。

T.didisticha(ディディスティカ)と近縁種で、とても綺麗なピンク色の分岐する花序を出して開花します。

どうやら花芽があがってから開花するまでに時間がかかる種のようですが、薄ピンク色の花序はとても綺麗で花序は細かく分岐し、その一つ一つから薄紫色の花を咲かせます。

お値段は3500円+税

 

チランジア・コンコロール×ストレプトフィラ T. concolor × T.streptophylla

 

 

チランジア・コンコロール×ストレプトフィラはその名の通り二つの交配種。

チランジア・エリーサと同交配にあたりますが、こちらは名前無しになります。

あまり大きくならず画像のサイズ程度で開花します。

肉厚な葉はやや硬質、全体にうっすらとトリコームがでています。

成長していくにつれ、根本が膨らみ、ストレプトフィラを思わせる魅力的な姿へと成長してくれます。

お値段は2000円+税

 

チランジア・クロカータ・ジャイアント T. crocata ‘Giant’

 

 

チランジア・クロカータ・ジャイアントはチランジア・クロカータの栽培品種の一つ。

非常に長く茎を伸ばし、大きく成長するクロカータ。

一見するとクロカータとはかけ離れたような姿をしています。

見た目もとてもユニークでおすすめなのですが、

開花期には薄いクリーム色の香りのある花を咲かせるのもオススメのポイントです!

お値段は2500円+税

 

チランジア・キアネア T. cyanea

 

 

チランジア・キアネアはエクアドル原産のチランジア。

ピンク色の大きな花序からこれまた大きな紫色の花を咲かせることで有名。

葉はトリコームのない緑葉種で、鉢植えで管理するのが一般的です。

用土はミズゴケなどがオススメで、用土が乾いたらたっぷりとお水を与えてあげてください。

成長も早く育てやすいのでオススメです。

お値段は700円+税

 

チランジア・ドゥラティー・サクサティリス Tillandsia duratii var.saxatilis

 

チランジア・ドゥラティーはボリビアやブラジル、パラグアイ、アルゼンチンにかけて分布するチランジア。

新しい葉は出始めはまっすぐだがしばらくすると葉の根元から折れ曲がり葉先はくるりとカールしていきます。

カールした葉先を木の枝に引っ掛けことで自身をささえながら成長していくユニークなチランジア。

また開花した姿も見事で分岐する花茎から次々と薄紫色の香りのある花を咲かせます。

丈夫で育てやすいので初心者でもオススメです!明るく風通しのよいところで管理してあげてください。

お値段は2500円+税

 

チランジア・エクセルタ×バルビシアーナ T. exserta x T.balbisiana

 

 

チランジア・エクセルタ×バルビシアーナはその名の通り二つの交配種。

チランジア・ジェスと同交配になりますが、こちらは名前無しになります。

美しいエクセルタの葉の色や草姿と根本が膨らむバルビシアーナの両方性質を持った美しい交配種で、

強光下では葉がうっすらと赤く色づきます。

お値段は7000円+税

 

チランジア・エクステンサ・レッドフォーム T. extensa ‘Red Form’

 

 

チランジア・エクステンサ・レッドフォームはペルー原産のチランジア。

開花期以外でも葉が赤い美しいチランジアで葉はやや細めです。

また大きく成長する大型種で60cm以上に成長する可能性もありますよ!

なかなか出回らない珍しい種なのでこの機会にいかがでしょうか?

お値段は4500円+税

チランジア・フレクスオーサ・ヴィヴィパラ T. flexuosa ‘Vivipara Form’

 

 

チランジア・フレクスオーサ・ヴィヴィパラフォームは名前の通りヴィヴィパラ種のチランジア。

葉はとっても肉厚で硬質。葉の外側に縞模様が現れる美しいチランジアで、人気も高いです!

花が咲いた後に花茎から子株が出てくる不思議なチランジアでその姿はとっても魅力的です。基本種と比べると花茎が非常に長くなるのが特徴です。

丈夫で育てやすいのもオススメ!

お値段は2000円+税

 

チランジア・ゲミニフローラ・ハイブリッド クランプ T. geminiflora ‘Hybrid’

 

チランジア・ゲミニフローラ・ハイブリッドはチランジア・ゲミニフローラと何かの交配種。

基本種と比べると葉が肉厚でやや硬質。そして基本種よりも大きく成長しています。

基本的にはピンク色の大きな花序から赤ピンク色の花を咲かせますが、中には紫色の花を咲かせるものも!?

やや湿度を好みますので、水やりはこまめにしてあげてるといいですね!

今回入荷したものは2~3頭のクランプになります。

お値段は2200円+税

 

 

チランジア・ヒューストン T. Houston (T.stricta × T.recurvifolia)

 

 

チランジア・ヒューストンはチランジア・ストリクタとチランジア・レクルビフォリアの交配種。多くの交配種を作出しているMark dimmitt氏による交配種で非常に個体差が多いのが特徴。Tillandsia Houstonを一つの系統名として使用しており、本種の個体差を選別し多くの栽培品種を作出している面白い種でもあります。

非常に大きなピンク色の花苞を出すのが特徴的。両親よりはるかに大きく成長する大型種で25cm以上に成長することもあります。F2交配の兄弟交配や戻し交配はさらに大きく成長するとの記述もあります。

葉は細めですが、柔らかく厚みがあります。葉にはレクルビフォリアの性質を受け継ぎ、全体にしっかりとしたトリコームが出ている銀葉種。葉の密度も非常に多く、美しいロゼット型に葉を展開して成長していきます。強光の下では葉が紫色に色づくこともあります。

開花期にはピンク色の大きな花苞を出し、青みがかった白い花を咲かせます。

お値段は1000円+税

チランジア・ヒューストン・レッドプリンセス T. Houston ‘Red Princess’ (T.stricta × T.recurvifolia)

 

チランジア・ヒューストン・レッドプリンスは交配種であるチランジア・ヒューストンの選抜品種の一つ。

ヒューストンから選抜された品種は数多く存在しますが、こちらはヒューストンに比べると大きく成長します。

また花序の色や葉の色が濃いのが特徴的です。

花序は濃いピンク色をしていて、大きくとても見応えがありますね!

お値段は2300円+税

 

チランジア・イオナンタ・ウアメルラ×カピタータ・レッド T. ionantha ‘Huamelula’ × T.capitata ‘Red’

 

 

チランジア・イオナンタ・ウアメルラ×カピタータ・レッドはその名の通り二つの交配種。

イオナンタとカピタータの交配種は他にない珍しい組み合わせ!

姿はイオナナタに似ていますが、葉が幅広で、トリコームしっかりとあります。

データが少なくどんな姿へと成長するのか分かりませんが、コレクションにいかがでしょうか?

お値段は6000円+税

 

チランジア・イキシオイデス T. ixioides

 

 

チランジア・イキシオイデスは美しい銀葉種のチランジアで綺麗なロゼット型に葉を展開します。

こちらは花には芳香がないタイプで、やや大型化します。

葉はとても硬質で、肉厚でトリコームが美しいです。

黄色の花は綺麗で珍しいですし、育てやすく丈夫なのでオススメです。

お値段は1800円+税

 

チランジア・ジャッキーロイナズ T. Jackie Loinaz (T.concolor x T.capitata Rubra)

 

 

チランジア・ジャッキーロイナズはチランジア・コンコロールとチランジア・カピタータ・ルブラの交配種。

草姿はコンコロールに良く似ており、強光下で葉が赤く染まるカピタータ・ルブラの性質も持っている美しい交配種。

葉は硬質で、肉厚。ライトグリーン葉色が美しく、葉をロゼット型に展開して成長していきます。

開花期にはカピタータの花姿で、赤紫色の筒状の花を咲かせます。

丈夫で育てやすく、交配種の入門種にもオススメです。

お値段は3000円+税

 

チランジア・ネグレクタ・レッドジャイアント T. neglecta ‘Red Giant’

 

 

チランジア・ネグレクタ・レッドジャイアントはチランジア・ネグレクタの栽培品種。

基本種とくらべると茎が太く葉の厚みがあり、全体に赤みを帯びるのが特徴的で人気が高いです。

とても美しいチランジアなのでオススメ!

育てるのは難しくありませんが、日照が不足すると色味がグリーンになっていきます。

お値段は3000円+税

 

チランジア・パレアセア・カンタ T. paleacea ‘canta’

 

 

 

チランジア・パレアセア・カンタはチランジア・パレアセアの栽培品種の一つ。

大きく成長するパレアセアで、20cmほどまで茎を伸ばしながら成長することもあります。

葉は硬質で、毛足の長いトリコームもしっかりと現れています。また葉を大きく横に広げるのも特徴的。

丈夫で育てやすいため、明るく風通しの良い環境があれば問題なく成長してくれます。

お値段は1900円+税

 

チランジア・レクルビフォリア T. recurvifolia

 

 

チランジア・レクルビフォリアはブラジル、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチン、アルゼンチンにかけて分布するチランジア。

変種のレクルビフォリア・サブセクンディフォリアが有名で良く流通しており、こちらの方があまり見かけません。

美しい白いトリコームが葉の全体に現れ、開花期に見せるピンクの花序と相まって非常に美しい開花姿を見せてくれます。

育てやすく丈夫なので、初心者でも安心して育てていただけます。

お値段は2200円+税

 

チランジア・レモータ クランプ T. remota

 

 

チランジア・レモータはグアテマラ、エルサルバドル、メキシコにかけて分布するチランジア。

樹上性のチランジアで、葉は非常に細く柔らかいです。

開花期にはグリーンの花序から白い可憐な花を咲かせます。

今回入荷したものはクランプタイプ!

お値段は700円+税

 

チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォーム T. rodrigueziana ‘Mexican Form’

 

 

チランジア・ロドリゲジアナ・メキシカンフォームはチランジア・ロドリゲジアナのメキシコ産の株になります。

メキシコ、ニカラグア、エルサルバドルにかけて分布するチランジアで、メキシカンフォームは強光下で育てることで葉に赤みが出てきます。

また花序は分岐し、黄色~赤色の色味がでるのが特徴です。

お値段は2400円+税

 

チランジア・スウィートイザベル T. Sweet Isabel (T.tectorum x T.paleacea )

 

 

チランジア・スィートイザベルはチランジア・テクトラムとパレアセアの交配種。

毛足の長いトリコームと白く美しい外見が人気の有茎種のチランジア。

開花せずとも子株をだしてクランプになります。

丈夫で育てやすく乾燥にもつよいのでオススメです!

お値段は1500円+税

 

以上になります!

 

販売は6月2日のお昼の12時よりスタートしますので是非皆さん気に入ったのがあればよろしくお願いします。

 

オンラインストアはこちらから!

フロンティアプランツオンラインストア

Leave a Reply

CAPTCHA