チランジア・ロレンジアナ Tillandsia lorentziana 育て方 図鑑

posted in: lorentziana, 花色-白, 銀葉種 | 0

 【FrontierPlants】チランジア・ロレンジアナ Tillandsia lorentziana  育て方 図鑑

チランジア・ロレンジアナ Tillandsia lorentziana
チランジア・ロレンジアナ Tillandsia lorentziana

 

チランジア・ロレンジアナはボリビア、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンにかけて広く分布しているチランジアで地域による変種も多い。花序の色が褐色のもの明るい赤色のもの、葉の色が明るいものからシルバーグレーのものなど様々である。標高700~2300メートルの樹上、もしくは岩に着生して自生している。

本種の葉は薄く柔らかい。全体にトリコームがあり、シルバーの色合いが美しい銀葉種のチランジア。葉は古くなると折れ曲がり、新しい葉は直立しする。

開花期になると鮮やかな赤い花序を出す。花序は分岐し白い三枚花弁の花を咲かせる。褐色の花序のタイプなども確認されている。

栽培は容易で成長も早く、子株を出してクランプになる。高山地帯に住むチランジアだが夏の暑さにも強く良く耐え育てやすい。明るく風通しの良い環境で流木やコルクなどに着生させて育ててやれば元気良く成長してくれる。

花色

開花サイズの目安

横10~20cm 高さ10~20cm

原産地

ボリビア、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチン

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

直射日光は50%ほど遮光する

栽培のポイント

明るく風通しの良い環境があれば問題なく育てられる。

基本的なチランジアの育て方はコチラ

フロンティアプランツオンラインストアはこちら

 

Leave a Reply

CAPTCHA