チランジア・カピラリス Tillandsia capillaris 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・カピラリス Tillandsia capillaris 育て方 図鑑

チランジア・カピラリス Tillandsia capillaris

チランジア・カピラリスはディアフォランテマ亜属の小型種のチランジア。本種は南米およびアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、ペルー、エクアドルと広い地域に分布している。変種も非常に多く存在している。

葉は柔らかく細く丸いそして短い。トリコームは全体にしっかりと見られる。葉を交互に出しながら成長していくので単体でみると平べったくなっている。

花は非常に小さく目立たない。三枚花弁の黄色の花を咲かせるが気づかず見逃してしまいそうである。

管理は明るく風通しの良いところで湿度を高く保つため水をしっかりとあげると良く育つ。自家受粉しよく種をつけ、子株も良く出しクランプになる。

その他のカピラリス

  • チランジア・カピラリス・ジャイアントフォーム Tillandsia capillaris’Giant Form’
  • チランジア・カピラリス・ラージフォーム Tillandsia capillaris’Large Form’
  • チランジア・カピラリス・ピッチフォーク   Tillandsia capillaris ‘Pitchfork’
  • チランジア・カピラリス・サキュレントフォーム  Tillandsia capillaris’Succulents Form’
  • チランジア・cfカピラリス  Tillandsia cf capillaris HR5174
  • チランジア・チランジア・カピラリス変種ピッチフォーク Tillandsia capillaris v. virescens (Formerly Pitchfork) El Grande

交配種

  • チランジア・ベイビーブルー(カピラリス×マレモンティー) Tillandsia ‘Baby Blue’(T.capilaris×T.mallemontii

花色

黄色

開花サイズの目安

横2~3cm 高さ3~5cm

原産地

南米およびアルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、ペルー、エクアドル

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に3回ほど

日照

半日陰

栽培のポイント

明るく風通しの良いところで管理する。

Leave a Reply

CAPTCHA