チランジア・ヒルダエ Tillandsia hildae 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・ヒルダエ Tillandsia hildae 育て方 図鑑

チランジア・ヒルダエ Tillandsia hildae

チランジア・ヒルダエはペルー北部原産の銀葉種のチランジア。チランジアとしては珍しい葉に縞模様が入るのが特徴的。美しい種で人気も高いが流通数も少なく希少なチランジアである。成体サイズは30cm前後と大型種である。

葉は非常に肉厚で硬質。葉には美しい縞模様が入り非常に美しい。やや幅広の葉をロゼット型に展開しながら成長する。日光が不足すると葉の模様が薄くなるため注意すると良い。

花は緑色の細長い多岐に渡り分岐する花序から紫色の筒状の花を咲かせる。花序は大きく本種よりも長く大きく伸びていく。

性質は丈夫で育てやすい。半日陰の風通しの良いところで管理し素焼きの鉢などにミズゴケで受け付けてやると調子が良い。成長は遅めでゆっくりと成長する。

チランジアの中でも非常に美しいので是非コレクションに加えていただきたいと思う。

花色

紫色の筒状の花

開花サイズの目安

横20~40cm 高さ15~30cm

原産地

ペルー北部

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰

栽培のポイント

素焼きの鉢に植え付けてやると調子がよい。

美しいゼブラ柄は見ていて飽きがこない。

Leave a Reply

CAPTCHA