チランジア・アトロビリディペタラ・グランディスピカ Tillandsia atroviridipetala var. grandispica  育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・アトロビリディペタラ・グランディスピカ Tillandsia atroviridipetala var. grandispica  育て方 図鑑

チランジア・アトロビリディペタラ・グランディスピカ Tillandsia atroviridipetala var. grandispica

チランジア・アトロビリディペタラ・グランディスピカはチランジア・アトロヴィリディペタラの変種。メキシコ固有の高山性の小型のチランジアなので暑さにはやや弱い。流通量も少なく入手するのは困難。

葉は硬質で細くシャープ、トリコームもしっかりと見てとれる。葉を非常に沢山出すのも特徴的で草姿も魅力的である。基本種よりも葉がやや幅広で長くシルバーの色味も強いように見える。

花はピンク色の花苞から濃い緑色の小型の花を咲かせる。

性質はやや気難しいが、夏の暑さをどうするかと風通しを確保するのが先決である。それさえクリアできれば丈夫で育て易いとのこと、水遣りを多めにし涼しいところで管理すると良い。直射日光は葉やけの危険と温度の面からも避けたほうが無難である。

花色

緑色

開花サイズの目安

横6~10cm 高さ6~10cm

原産地

メキシコ

栽培難易度

やや難しい

水遣りの目安 

週に2~3回ほど

日照

半日陰から明るい日陰

栽培のポイント

夏はなるべく涼しく風通しの良いところで

 

Leave a Reply

CAPTCHA