チランジア・トリコレピス Tillandsia tricholepis 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・トリコレピス Tillandsia tricholepis 育て方 図鑑

チランジア・トリコレピス Tillandsia tricholepis

チランジア・トリコレピス 茎が長く伸びた姿。

 

 

 

チランジア・トリコレピスはボリビア、パラグアイ、アルゼンチンに広く分布するディアフォランテマ亜属の小型の有茎種。チランジア・アイゾイデスペディセラータ、チランジア・ブリオイデスなどと似たような外見を持つが本種はトリコームが薄くライトグリーンの色味、そして葉が細くやや長いという特徴を持つ。

葉はやや硬質でトリコームが少なく、細くアイゾイデスなどと比べて長く成長する。

開花すると非常に小さな黄色の花を咲かせるがあまり目立たない。また花茎を伸ばす。他のディアフォランテマ亜属同様自家受粉し非常に良く増えるので、耕地では非常に広く分布している。子株も良く出す。

管理は水遣りを多めにし湿度を高く保つと調子が良い。小型種なので乾燥と環境の変化には弱いので注意すること。流木や水苔に着生させてやると良い。

花色

黄色

開花サイズの目安

横2~4cm 高さ2~5cm

原産地

ボリビア、パラグアイ、アルゼンチン

栽培難易度

普通

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

半日陰から明るい日陰

栽培のポイント

水遣りを多めにし湿度を高く保つ、流木や水苔などに着生して管理してやるとよい。

 

Leave a Reply

CAPTCHA