チランジア・セントユーロジス Tillandsia Saint Eulogius (T. albida X T. streptophylla) 育て方 図鑑

 【FrontierPlants】チランジア・セントユーロジス Tillandsia Saint Eulogius (T. albida X T. streptophylla) 育て方 図鑑

 

チランジア・セントユーロジス Tillandsia Saint Eulogius (T. albida X T. streptophylla)

チランジア・セントユーロジスはチランジア・アルビダとチランジア・ストレプトフィラ交配種アルビダの美しいシルバーのトリコームとストレプトフィラのカールする葉を展開しながら伸びていく美種。壺型種有茎種の異なる2種の交配種だけに非常に興味深い種でもある。

葉は非常に肉厚で柔らかめ、乾燥してくると葉がカールする性質もしっかりと受け継いでいる。成長が早く非常に丈夫、やや水を好む傾向にある。

開花期はほんのりピンクがかり、赤い花茎を高く伸ばす。花茎は途中で分岐し開花する。

名前は9世紀のスペイン、コルドバにある司祭に由来する。

花色

開花サイズの目安

横15~20cm 高さ15~25cm

原産地

人工交配種

栽培難易度

容易

水遣りの目安 

週に2~3回

日照

明るい日陰で管理する。

栽培のポイント

やや暑さに弱い蛍光があるので、真夏は涼しいところで管理する。

 

Leave a Reply

CAPTCHA